コンタクトレス決済とは?世界各国での普及状況まとめ

コンタクトレス決済(Contactless Payment)とは、Contact(接触)がless(無い)決済方法のことで、非接触型ICチップによる決済方法のことです。欧米では一般的に電子マネーチップが入ったプラスチックカードをContactless Cards、電子マネー決済のことをContactless Paymentと呼んでいます。コンタクトレス決済についての概略は以上となりますので、今回コンタクトレス決済という英語にちなんで、海外における電子マネー決済、コンタクトレス決済についての利用状況やサービスについて簡単にお伝えしたいと思います。

世界のコンタクトレス決済事情

ロンドンオリンピックをきっかけにコンタクトレス決済が普及したイギリス

Visa PayWave

イギリスでは実店舗での決済件数ベースで7~8割がクレジットカードやデビットカードなどのキャッシュレス決済になっており、そのうちの2割以上が電子マネー決済になっています(英国のThe UK Card Association 2016年9月度調査より)。主にVisa payWaveが最も普及しており、2012年のロンドンオリンピックがその普及を助けたようです。Visa payWaveはポストペイ(後払い)型の電子マネーですので、基本的にクレジットカードと紐付けて利用するため、英国では30ポンド以上の決済ではPINコードの入力もしくはスマートデバイスでの指紋認証が必要になっているようです。イギリスを始めとして西ヨーロッパ諸国でもVisa payWave及び同様のサービスであり、MasterCardが提供するMasterCard PayPassが普及しつつあります。

参考:
The UK Card Association
VisaNews「選べるVisaのラインナップ Visa payWave」

FeliCa規格を世界で始めて導入した香港

Octpus(オクトパス[八達通]電子マネーカード

香港では、公共交通機関用のプリペイド式電子マネーであるOctpus(オクトパス[八達通])が発行されており、ソニーが開発した非接触電子マネー規格であるFeliCa(フェリカ)を世界で初めて(1997年のサービス開始)採用したプリペイドカードです。プリペイド式ではあるものの、銀行口座からのオートチャージシステムに対応しており、地下鉄やバスなどの交通機関のほか、コンビニやスーパーでも決済手段として利用が出来ます。オフィスや学校などの入退室管理システムなどにも利用されていることもあり、発行枚数は2000万枚を超え、流通域内の人口の3倍以上の発行枚数になっています。

コンタクトレス決済よりスマートペイが活況の北京

北京市政交通カード(Beijing Municipal Administration and Communications Card)

北京では、「北京市政交通カード(Beijing Municipal Administration and Communications Card)」が主な電子マネー決済方法として利用されています。中国ではNFCチップに依存した決済より寧ろ個人の銀行口座に紐付いたAliPayなどのスマートデバイスによる決済システムや、国策によって発行枚数が世界最多の銀聯カードもかなり普及していますのでシェアとしては非常に低いです。枚数で言えば1500万枚以上発行されており、スーパーやレストランでも一般的に利用出来ます。NFCの規格はTypeA規格となっています。広義ではAliPayやWeChat Paymentなどのスマートペイも非接触決済ではあるものの、通常コンタクトレス決済と言えばNFCチップを利用した決済のことをいう場合が多いようです。

参考:
北京市政交通一卡通有限公司

交通系電子マネーの普及率が高い韓国

contactless-payment-fig9

韓国は国策で一定規模以上の商店に対してクレジットカードの取扱いを義務化しているため、クレジットカードの利用率がアメリカ同様に非常に高いのが特徴です。そんな韓国では以外にも1995年に公共交通機関でのIC乗車券の利用推進法案が成立しており、1996年にUpass(ユーパス)と呼ばれるIC乗車カードが普及し始めました。その後、日本と同じように複数のカード運営会社が地域の交通機関と提携して交通系ICカードを発行していましたが、相互利用が出来なかったため、政府が2006年に標準交通カードの規格が定められ現在では2006年にソウル市を中心に利用されているT-money(ティーマネー)カードに統合されつつあります。T-moneyカードの発行枚数は1000万枚を超えていて、規格はTypeA/Bを採用しています。ただ、小売店等の加盟店はそこまで多いとは言えず、前述のクレジットカードの普及も相まってそこまでの決済金額の規模には至っていません。

参考:
T-moneyホームページ(韓国語)

コンタクトレス決済が最も普及?しているオーストラリア

contactless-payment-fig4

オーストラリアでは、NFCによるコンタクトレス決済の普及率は非常に高く、国民の63パーセントがコンタクトレス決済を利用しているという調査結果も発表されています。特に、コモンウェルス銀行などの国内主要銀行が主導して自社で発行したMasterCard・VisaブランドのカードをMasterCard PayPassおよびVisa payWaveで利用することを推進しています。前述の2つのサービスを活用すれば、100オーストラリアドル以下の決済であればPINコードの入力が不要でセキュアな取引が可能で、さらに盗難や紛失時に補償される仕組みもあるのでスマートフォンの指紋認証等によって不正利用防止に役立つと訴えています。そもそもオーストラリアではEFTPOS(エフトポス)と呼ばれるキャッシュカードで決済が出来るデビッドカードに似た決済方法が普及しており、このEFTPOSはもちろん各種クレジットカード、そしてコンタクトレス決済と全てに対応した端末を大手の銀行やカード発行会社が普及させつつあり、決済手数料も実質2%~という比較的コストを抑えた導入が可能になっていることが普及の背景にはあるようです。

参考:
オーストラリア決済協議会
コモンウェルス銀行[Contactless Payments]

まとめ

世界的に見ても現金が中心だったアジアを中心に、決済方法は現金から電子マネーに変わりつつあります。さらに、クレジットカードの利用率が高いアメリカや韓国でも高額な商品でない限りはクレジットカードと比較してもレジでの手間も減るので、僅かずつですが浸透しつつあります。ただ、筆者の意見としては電子マネーチップという物理的なデバイスに縛られているうちはAliPayやWeChat Pay、アメリカを中心に普及しつつあるMCXなどのQRコードで決済が可能になるスマート決済サービスとの差別化は難しいように思えます。そもそも決済方法(及びそのプラットフォーム)普及の鍵になるポイントとしては下記の4点があります。

  • チャージや決済手順の簡素化
  • 決済端末などのデバイスと利用者の普及
  • 決済履歴などの参照性やポイントカード機能
  • セキュリティ(不正利用防止策)

特に、デバイスの普及は店舗がいかに低コストで導入できるかにという点にかかっているので、汎用的で安価な決済端末で導入が出来るスマート決済に利があります。オーストラリアなどはこれに対抗するという企図もあり、実質無料で決済端末が利用できる仕組みを作ったりしています。

参考:
MCX(Merchant Customer Exchange)