進化するマルチ決済。選択肢が増えています

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。新たな決済方法を導入する際には、利用したいカードブランドで比較したり、利用する代行業者を検討したりと、さまざまな視点からのアプローチが可能です。そこで今回は磁気カードやICカード、非接触型も利用できるマルチ決済サービスの中から、POSレジと連携可能なソフトウェアに着目してご紹介します。

POSメーカー初のクラウド型マルチ決済サービス 「Payoss」

Payossはクラウド型のマルチ決済サービス

 

「Payoss(ペイオス)」はセミセルフレジ国内シェアNO.1の寺岡精工が提供するクラウド型のマルチ決済サービスです。クレジットカード決済はもちろん、交通系電子マネーに加え、iD、楽天Edy、WAON、nanacoなどの各種電子マネーが1台の端末で取扱えるようになります。

寺岡精工では独自に「寺岡決済処理センター」を設置しており、各店舗と複数のカード会社および電子マネー事業者とのやり取りを代行しています。そのためJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなどの一部カードブランド以外は、包括加盟店契約が可能です。

自動集計で振込予定金額も簡単に把握

「Payoss」はクラウド型の集計画面を持っていて、クレジットカードや電子マネーの利用金額や次回振込金額を自動集計してくれます。カードのブランドごとに小計が表示されるので、事務処理の効率化も図れます。また寺岡精工製の特定機種ならPOS連動が可能なので、現金売上も同じ集計画面上で確認する事ができます。

Payoss:https://www.teraokaseiko.com/jp/business/service-and-cloud/payment-portal/

決済システム統合パッケージ「CAPS P-QVIC」

多通貨決済の導入も可能なCAPS P-QVIC

セイコーソリューションズが提供する「CAPS P-QVIC(キャップス ピーキュービック)」は、クレジットカードをはじめ、さまざまな決済処理に対応できる決済システムのパッケージソフトです。磁気カードはもちろん、ICカードや多通貨決済の導入のほか、決済システムの集約などを可能にし、業務運用の負担を軽減します。

クレジットカード(磁気/IC)に加え、iD、QUICPay、Visa Touchといったポストペイ対応の電子マネー決済システムが迅速に構築できます。クレジットカードとポストペイ型の電子マネーは残高を気にせず使えるので、比較的高額な商品を扱うお店にオススメです。

課題別に構成を変えることが可能

端末ごとに必要としていた回線や契約を1つに集約したり、独自開発のPOSシステムに合わせた決済システムを構築したりと、ニーズに応じて柔軟な対応が可能です。ICカードにも対応しているのでセキュリティの不安も解消できます。

CAPS P-QVIC :http://www.seiko-sol.co.jp/products/caps_pqvic/

「softwareCAT」はPOSと決済をつなぐシステム

POSシステムと決済サービスをつなぐSoftWareCAT
Windows OSのPOSレジに導入できる「SoftWareCAT」は、決済サービスとPOSシステムをつなぐヴィンクス社のソフトウェア。最小限のカードリーダや非接触ICリーダ・ライタを接続するだけで、クレジット決済や電子マネー決済に対応できるようになります。もちろん同社のPOSパッケージ 「ANY-CUBE」シリーズとの連動も可能です。

「SoftWareCAT」はPOSシステムと連動させるソフトなので、決済端末への2度打ちは不要です。新しい決済手段が必要になっても、ソフトウェアをバージョンアップすることで追加できます。なお今後は海外のクレジットカードやハウス電子マネーへの対応を進めると共に、デジタルウォレット等の多様化する決済手段へも対応を進める予定とのことです。

softwareCAT:http://www.vinx.co.jp/software-cat/index.html

まとめ

クレジットカードや電子マネー、磁気カードやICカード、接触と非接触をまんべんなくフォローできるマルチ決済サービスは、今後も増えていくことでしょう。しかし、対応できるカードブランドが限られていたり、POSレジと連携できなかったり、求めるサービスを見つけ出すのは、なかなか骨の折れる作業です。その点、汎用性の高いソフトウェアを利用すれば、世の中の流れに応じて柔軟な対応も可能になり、長い目で見ればコストも抑えられるのではないでしょうか。