Appleが折れてまでApplePayにSuicaを例外対応させた理由

みなさん、こんにちは。みなさんもApplePayに対応した唯一のプリペイド式電子マネーがSuicaであることはご存知かも知れませんが、今回はそのSuicaを支える技術規格である【FeliCa(フェリカ)】ついて技術的な内容にも少し触れつつご紹介するとともに、ApplePayが業界に与えた影響についてもお伝えしたいと思います。

ApplePayについて

「Apple Pay(アップルペイ)」とは、AppleがiPhone(iPad)向けにサービス提供している電子マネー機能です。非接触のNFCチップを利用することで店舗の決済端末にかざすことで商品やサービスの代金を支払う決済手段利用出来ます。
Apple Payの使い方に関しては以前の記事「ApplePayでSuica(スイカ)利用徹底解剖~基礎・登録編~」を参考にしてください。

なぜSuicaが例外的に搭載されたのか

FeliCa規格のFeliCa SE(セキュアエレメント)というNFCチップモジュールが搭載されているますが、その機能がアクティベートされているのは日本国内で販売されているiPhone7だけです。つまり、iPhone7の内部にはTypeA/B規格とFeliCa規格の2つのNFCチップが全世界共通で入っているものの、FeliCaチップは日本のSuica向けにのみ利用されているということになります。2014年にApplePayのサービスが開始された時点では端末に搭載されていたチップはTypeA/B規格のものでした。では、このような例外的な対応を天下のAppleが取ったのはどういう理由からなのでしょうか。これは筆者の個人的な判断に拠るところも過分にあるのですが、

  1. Apple製品の日本におけるシェアの高さ
  2. FeliCa規格の技術的優位性

の2つが大きいのではないかと考えています。1、に関してですが、日本におけるスマートフォンのシェアはAppleが約5割近くを占めており、主要先進国が約2割程度のシェアであることを考えるとAppleが日本に注力するのも頷けます。加えて、今回の記事で少し触れるFeliCa規格の優位性に関して言うと、ガラパゴス化が生んだFeliCaの独自技術の技術力がAppleに認められたという点が理由として大きいと考えています。

ソニーのFeliCa技術の優位性

ご存知の人も多いかと思いますが、日本のお隣の香港の交通システムでもFeliCaの技術は八達通(Octopus)として1997年から運用が開始されていますし、実績のある規格として全体のシェアとしては小さいながらも世界的にも一目置かれています。今回Appleのお眼鏡に適ったSuicaもソニーが開発した非接触ICチップ技術のFeliCaを利用しています。FeliCaの特徴として挙げられるのが処理速度の速さと信頼性のバランスです。
FeliCa規格の通信・処理速度レベルが非常に高い理由については、ここでは技術的な内容は割愛しますが、簡単に言うと、Type A/B規格でのType A/B SEのチップ内に存在する処理ソフトウェアを介した処理とFeliCa SEモジュールでの最適化された処理とを比較すると処理速度の面ではFeliCaチップに軍配が上がります。このソニーの技術によってSuicaは世界最速の100ms(0.1秒)という圧倒的な処理速度を実現してるのがその証左といえるでしょう。

NFCの規格の比較

ごくごく簡単にまとめると以上のようにな比較になる

【用語解説】SE(Secure Elements/セキュアエレメンツ)とは

電子マネーの決済時に必要な暗号化情報や決済アカウントのIDなどを記録したメモリ部、処理を行うプロセッサ部、リーダ/ライタからの電波を受け取るアンテナ部などからなるチップのことです。電子マネーカードのように丸や四角のチップだったり、スマホのSIMカードの内部に搭載されていたりします。例えばApplePay対応のiPhone7の場合には8枚分の電子マネーやクレジットカードのセキュリティ情報をこのSEのメモリ部に保存することが可能になっています。

VISAとAppleの思惑

ここまでで、簡単にソニーのFeliCaについて述べてみましたが、お次はクレジットカードの国際ブランドの対応について簡単に。

ApplePayは主要な暮れジッドカード会社に対応しています。

JCBは国際カードブランの中で唯一ApplePayのHPにロゴが載っている。その他はカードブランドではなく発行会社だ

本稿の最初にプリペイド式の電子マネーはSuicaのみ、と書きましたがクレジットカードに紐付いたポストペイ型の電子マネーにも対応しており、NTTドコモのiD(アイディー)とクイックペイに対応しています。ここでクレジットカード業界に詳しい方であれば
iDを運営するNTTドコモと三井住友カード、クイックペイを運営するJCB、トヨタファイナンスの4社が明らかに有利になるのではないか?」
と気づくかもしれません。今後ApplePayが更なる普及を見せた場合に、三菱UFJニコスやクレディセゾンなどの国際クレジットカードブランドあってこそのカード会社はApplePayでの決済にクレジットカードを介してもらうためには、iDもしくはクイックペイのどちらかに紐付けてもらう必要があるからです。実際にAppleのホームページなどでは国際カードブランドの中で唯一JCBがApplePay完全対応としてロゴをどーんと載せています。

VISA Pay-WAVE(ビザ・ペイウェーブ)とは

Visa Pay-Waveは電子マネー機能とクレジット機能が一体になったサービス

国際カードブランドのVISAカードについても述べておくことがあります。それはVISAが進めていた「ポストペイ(後払い型)電子マネー機能付きクレジットカードPay-WAVE(ペイウェーブ)」についてです。「VISA Pay-WAVE(ビザ・ペイウェーブ)」とは国際カードブランドであるVISAが推進している電子マネーとクレジットカードが一体になったカード(カードが発行されないスマホアプリ版もあり)で、2007年9月(奇しくも「おサイフケータイ」のサービス開始と同時)にサービスを開始しています。対応するNFC規格は日本で主流のFeliCaではなくType A/B型で、日本でのサービス開始は2012年11月から、国内で対応しているカード発行会社はオリコ(株式会社オリエントコーポレーション)です。
VISA Pay-Waveはもちろんカード型もある

日本においては外国人観光客向けの需要を取り込みたい店舗をターゲットに加盟店を増やしているところだったのですが、如何せん対応しているリーダ/ライタがFeliCaと異なるため、大手チェーン店など以外ではほとんど導入が進んでいません。これに追い討ちをかけるのが今回のiPhone7のFeliCa SE搭載です。海外版のiPhone7やその他のスマホで(もちろんクレジットカード一体型でも同様に)VISA Pay-WAVEを利用している人は当然TYPE-A/B型の規格で決済を行っているので、同規格のリーダ・ライタの普及なしに日本での利用は望めません。つまりApplePayとVISAが電子マネー決済プラットフォームにおいては競合関係になっているわけです。

まとめ~今後のNFC規格はどうなっていくのか~

終わりに、今後の規格はどうなっていくのかについてついても少し補足したいとおもいます。筆者の考えでは、現在はTYPE A/BとFeliCaのどちらに対応しているかが取り沙汰されることが多いように思いますが、10年後を考えたときにはもうそういった区別はなくなっているのではないかと感じています。そもそもこのTYPE A/BとFeliCaの規格争いは、ひとまず国内においてはFeliCaタイプがデファクトスタンダードとなっています。また、やはりというべきか、電子マネーブランドのシェアにおいても楽天Edy株式会社などの流通系、三井住友カードなどの銀行系、その他信販系などの会社がクレジットカード業界と同様に幅を利かせていますが、今後はTYPE A/BとFeliCaに両対応したリーダ/ライタやチップの登場によってユーザーが意識する事無く使えるようになるのではないでしょうか。というより、真にユーザーの事を考えるとそうあるべきです。具体的には、海外版のiPhoneでもFeliCa SEがアクティベートされ、スマホの制御で利用する通信方式を自動で選んでくれた場合、旧来の店舗の端末で対応できますよね。技術的にはそこまで難しくは無いはずですが、やはり旧来の国際カードブランドとApple、国内カード発行会社、通信キャリア間の既得権益もあり、なかなか難しいとは思いますが、今回のApplePayのSuica対応は一つの機転となるのではないでしょうか。