7pay(セブンペイ)とは?サービス内容、使えるお店など【9月末の廃止決定】

近年、スマホ決済サービスに参入する企業が続々と増えるなか、コンビニ最大手の株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、2019年7月1日から全国のセブンイレブンの店舗にて、スマホ決済サービス「7pay(セブンペイ)」を開始すると発表しました。
同時に「PayPay」「LINEPay」「メルペイ」「Alipay(アリペイ)」「WeChatPay(ウィチャットペイ)」などの大手5社のQRコード決済も利用できるようになるそうです。
今回はコンビニ最大手のセブンイレブンが、満を持してリリースする「セブンペイ」について、いち早くご紹介していきます。

2019年8月1日、セブンペイサービスは9月30日(月)をもって廃止することが発表となりました。
現在の7pay残高は9月30日(月)23:59まで利用可能ですが、払い戻しの手続きはできません。サービス終了後の10月1日(火)から2020年1月10日(金)までの期間中より払い戻しの申込手続きが可能となるようです。なお、払い戻しの方法については現時点では未定となっています。

セブンペイとはどんなサービス?

さっそくスマホ決済サービス「セブンペイ」とは、どのようなサービスなのでしょうか。セブンペイの簡単な概要と、同時にリリースされるQRコード決済サービスについてもお伝えします。

セブンペイの概要

「7pay(セブンペイ)」とは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの傘下である株式会社セブン・ペイが提供するスマホ決済サービスです。利用開始は、2019年7月1日から全国のセブンイレブンの店舗にて利用開始されました。

「かんたん」「便利」「おトク」の3つのコンセプトを柱としているセブンペイは、登録から支払い・チャージ・ポイントなどにおいて、ユーザーが簡単で使いやすくお得になるような仕様となっています。サービスは、セブンイレブンアプリ内から利用できるようになりますが、2019年10月からは、セブンペイ専用のアプリも開始予定と言われており、株式会社セブン&アイ・ホールディングス以外の加盟店でも使えるようになると発表しています。また支払方法も、アプリ内のQRコードもしくはバーコードから選択でき、店頭やクレジットカード、セブン銀行口座からの簡単なチャージも可能です。

セブンペイ開始と同時にセブンイレブンでは「PayPay」「LINEPay」なども利用できるようになる

セブンペイの提供開始と同時に「PayPay(ペイペイ)」「LINEPay(ラインペイ)」「メルペイ」などの国内3社と「Alipay(アリペイ)」「WeChatPay(ウィチャットペイ)」など中国系大手2社をあわせて計5社のQRコード決済サービスをセブンイレブンで利用できるようになりました。

セブンペイのサービス内容

ここでは、セブンペイを利用する際の使い方などについてお伝えします。

セブンペイの利用方法

セブンペイを利用できるスマホの対応機種はiPhoneかAndroidのみとなります。
初期登録についてはとても簡単で、セブンイレブンアプリから最短2タップで登録が完了するため、登録の時に感じるわずらわしさもありません。
セブンペイの決済方法は、数多くのスマホ決済サービス「〇〇pay」と同様に、QRコード決済、バーコード決済の方式になり、利用者の表示した画面を店舗側が端末で読み取るだけで決済完了するというものです。
またセブンペイへのチャージも気軽に行えます。店頭のレジはもちろんのこと、セブン銀行ATMや各種クレジットカードからでもすぐにチャージ可能です。

セブンペイを使えるお店

全国のセブンイレブン以外でセブンペイを使える店舗は、現時点では公表されていません。しかしセブンペイは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの傘下企業となっているため、セブンイレブンのグループ内で利用可能となるのではないでしょうか。

セブンペイのポイント、特典、キャンペーン

セブンイレブンといえば、みなさんおなじみのnanacoポイント。アプリに紐づけしたnanacoは、セブンペイで支払いすると200円ごとに1ポイント貯まるようになります。
さらに、毎日の買い物が楽しくなるバッジや特典プログラムであるマイルも継続して貯めることができるのも魅力のひとつです。
期間限定で、nanacoポイント2倍キャンペーンも実施予定となっているので、このような特典やポイントも有効活用すると、さらにお得に楽しめちゃいますね。


セブンペイは廃止へ

冒頭で説明したように、セブンペイサービスは9月30日(月)をもって廃止することが発表となりました。コンビニ大手の一つであるセブン-イレブンで、スマホ決済サービスが導入されたことは日本のキャッシュレス化に向けて喜ばしいニュースでしたが、開始からわずか2か月で廃止となった点は大変残念なことです。

なお、セブン-イレブンアプリや、セブンペイを利用する共通ID「7iD」の個人情報漏洩はなかったようですが、7月30日(火)に7iDのパスワードリセットを一斉実施したとのことです。

とはいえ、今回の不正利用で被害に遭った人の数は808人、被害総額としては38,615,473円と、きわめて深刻な事態となりました。
不正利用に遭った方への被害金額全額補償も明言されていますが、今後のセキュリティ対策強化、再発防止にも尽力してもらいたいところです。

まとめ

今回は今年7月にリリースされた「セブンペイ」についてお伝えしました。
セブン-イレブンでは、「PayPay」「LINEPay」「メルペイ」「Alipay(アリペイ)」「WeChatPay(ウィチャットペイ)」でのQRコード決済が引き続き利用可能ですので、今後はそういった外部サービスとの連携に注力すると思われます。

セブンペイの一連の騒動が社会に与えた影響は大きいものだと言えますが、これをきっかけに、より堅牢性の高いセキュリティ対策への刷新が行われることを期待したいと思います。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み

関連タグ