Airペイが「au PAY」「dポイント」にも対応!全29種類のキャッシュレス決済に対応

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ポイントにも対応できるマルチ決済「Airペイ」。iPadまたはiPhoneと、専用のカードリーダー1台で簡単に利用することができるので、すでに店舗に導入されている方や、導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。
さまざまな決済手段に対応している「Airペイ」ですが、今回さらに対応できる決済手段が増え、全29種類の決済手段を網羅することになりました。
今回はこのニュースの詳しい概要と、あらためて「Airペイ」で利用できるキャッシュレス決済のまとめや、お得なキャンペーン情報についてご紹介していきますので是非チェックしてみてください。

>>Airペイの公式サイトはこちら

Airペイ(エアペイ)が「au PAY」「dポイント」にも対応!

株式会社リクルートライフスタイルが運営している「Airペイ」が、KDDI株式会社が運営する
「au PAY」との取り扱いを開始し、さらに株式会社NTTドコモが提供する「ⅾポイント」にも対応するとの発表がありました。

「au PAY」に2020年1月30日より対応

「Airペイ」は、2020年1月30日から、QRコード決済サービスである「au PAY」の取り扱いを開始ししました。「au PAY」はauユーザーに限らず、すべての人が利用できるQRコード決済サービスです。
利用方法は「au PAYアプリ」から、お客様がアプリ上に表示されるQRコードやバーコードを店舗が読み取る方法、もしくは店舗が提示したQRコードをお客様が読み取ることで決済することができます。
また「au PAY」を提供するKDDIは、2018年11月に楽天と業務提携を開始したことにより、楽天ペイの加盟店でも「au PAY」が利用できるようになりました。さらに「au PAY」は、2020年2月10日(月)~3月29日(日)の期間限定で最大20%ポイントが還元されるキャンペーンも行っています。加盟店数も利用者数も増加している「au PAY」は、さらなる店舗の売上アップや来店したお客様の利便向上が期待できます。

「dポイント」に2020年4月より対応

「au PAY」の対応に引き続き、「Airペイ」では2020年4月より、2018年から対応している「ⅾ払い」の取り扱いに加え、共通ポイントサービスである「ⅾポイント」の取り扱いを開始すると発表しました。これにより「Airペイ」のオプションサービスであり、ポイントが簡単に始めることができる販売促進アプリの「Airペイ ポイント」では「Tポイント」「Ponta」「WAON POINT」「ⅾポイント」の、最大4種類の共有ポイントサービスを利用できるようになります。
「ⅾポイント」は、ドコモの回線契約がない方も利用出来るものになります。若年層からお年寄りまで約7,200万人(2019年7月末時点)の幅広い会員基盤を持っており、今回の「ⅾポイント」の取り扱い開始で、お客様の満足度の向上やさらなる店舗の売上アップが期待できます。

Airペイの公式サイトはこちら

Airペイ(エアペイ)が対応しているキャッシュレス決済一覧

「Airペイ」は、今回の「au PAY」「ⅾポイント」の取り扱い開始で、業界最多水準である29種類の決済手段に対応できるようになります。QRコード決済に対応できる「AirPAY QR」は、Airペイとの同時申し込みが可能で、ポイントを利用できる「AirPAYポイント」は、申し込み後の案内になりますので注意しましょう。

Airペイの公式サイトはこちら

キャッシュレス決済 決済手段
Airペイ クレジットカード VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners Club/Discover/UnionPay(銀聯)
交通系電子マネー Kitaca/Suica/PASMO/TOICA/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん
電子マネー apple Pay/iD/QUICPay
AirペイQR QRコード Alipay/WeChat Pay/ⅾ払い/PayPay/LINE Pay/au PAY
Airペイポイント ポイント Tポイント/ⅾポイント/Ponta/WAON POINT

 

Airペイの公式サイトはこちら

Airペイ(エアペイ)は「キャッシュレス0円キャンペーン」実施中

「Airペイ」は、導入に必要な機器である「iPad」と「専用カードリーダー」が0円になる『キャッシュレス0円キャンペーン』を実施しています。対象となるのは「Airペイ」から、キャッシュレス・消費者還元事業の登録された、中小・小規模事業者なります。これにより、店舗側は端末費用の負担なく導入することができます。
キャッシュレス・消費者還元事業の登録締め切りは、2020年3月31(火)までですが、iPadはなくなり次第終了となりますので、早めの申し込みをおススメします。

また「キャッシュレス0円キャンペーン」が対象外の場合も、カードリーダーが0円になる「0円スタートキャンペーン」をしています。お申込み月の6か月後の月末までに審査を通過していること、そして「Airペイ」に新規の申し込みをされている方が対象になります。1台18,334円(税別)のカードリーダーが0円で利用できるので、ぜひ活用したいキャンペーンですね。

どの業種の店舗も、負担が少なく導入できる機会になりますので、チェックしておきましょう。

Airペイの公式サイトはこちら

▼「キャッシュレス0円キャンペーン」はこちらの記事でも詳しくご紹介しています

iPadが0円。Airペイの実施中キャンペーン

まとめ

さまざまキャッシュレス決済サービスが利用されている中、店舗で「Airペイ」を導入しておけば、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、ポイントサービスの全29種類の決済サービスを簡単に取り扱うことができます。
さらに「Airペイ」では、今「キャッシュレス0円キャンペーン」も行っていますので、導入費用の負担なく開始できるチャンスです。
「Airペイ」の導入を検討されている方は、是非利用してみてはいかがでしょうか。

Airペイの公式サイトはこちら

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。