【特集】Airレジシリーズでできることをまとめてみました

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。『Airペイ』や『モバイル決済 for Airレジ』をはじめとするAirレジシリーズは、『Airレジ』を中心に幅広い機能を徐々に増やし、店舗運営を力強くサポートしています。そこで今回は、Airレジシリーズを使うとどんなことができるのかを整理してみました。

Airレジとは

リクルートライフスタイルが提供しているPOSレジアプリ『Airレジ』は、iPad専用の無料アプリです。iPadやiPhoneがあれば、現金の管理はもちろん、在庫管理や売上分析といったさまざまな機能を無料で使うことができます。専用の周辺機器と連携すれば、バーコードの読み取りやキャシュドロアを使った現金管理、レシート・領収書の発行などもスムーズです。

『Airレジ』の機能を広げるAirレジシリーズ

『Airレジ』には決済サービスや予約管理アプリなどの関連アプリもたくさんあります。会計ソフトとの連携も可能で、業種・業態によってお店に合ったシステムを簡単に導入できるのが魅力です。

現金以外の支払方法にまとめて対応できる『Airペイ』

クレジットカードや電子マネー決済を利用したい場合は『Airペイ』が便利です。VISAやMasterをはじめとする主要国際ブランド6社に全て対応しているだけでなく、交通系電子マネーやiD、QUICPayも利用でき、Apple Payでの支払いも受け付けることができます。

決済手数料は業界最安水準の3.24%~で、月額固定費や振込手数料も0円です。導入に際しては19,800円のカードリーダーを購入する必要がありますが、現在実施中のキャンペーンの条件を満たせば実質無料です。このチャンス、見逃す手はありません!

<関連記事>
モバイル決済業界初!AirペイがApple Payの取り扱いを開始

最先端の決済手段を可能にする『モバイル決済 for Airレジ』

中国人観光客に人気の支付宝(アリペイ)に代表されるQRコード決済の導入も、『モバイル決済 for Airレジ』を使えば簡単です。利用額に応じた決済手数料だけで使うことができ、決済時の「日本円」で入金されるので、為替を気にする必要がありません。あわせて若者に人気のLINE Payと話題の仮想通貨ビットコインも利用できるようになるので、さまざまなお客様のニーズを満たすことができます。

<関連記事>
コストをかけずに【支付宝】ユーザーを自店舗に呼び込む方法

『POICHI for Airレジ』で複数の共通ポイントの取り扱いも可能

Airレジシリーズには、株式会社ジェーシービーが提供する「POICHI(ポイチ)」で複数のメジャーな共通ポイントカードが簡単に導入できる『POICHI for Airレジ』もあります。TポイントやPontaに加えて、2017年9月26日からはイオングループのWAON POINTにも対応を開始しました。

一度の申込みで利用者の多いカードがまとめて使えるようになるので、幅広いお客様の囲い込みが可能です。Airペイを利用していれば申し込み手続きだけで利用できます。

無料で予約を一元管理『Airリザーブ』

直接受けた予約のほか、電話やネット経由の予約も一元管理できる『Airリザーブ』は、飲食店やスクール、クリニックや貸会議室などさまざまな業種で活用可能なアプリです。

ブログやホームページに予約ボタンを設置して、リンクをはるだけで予約の受け付けが可能になります。ネット予約なら24時間いつでも受付られるので、予約の取りこぼしを防ぎます。

待ち時間を無駄にさせない『Airウェイト』

Airウェイト』を使えば、順番待ちの受付けもタブレットで簡単に運用できます。受付けの際にお客様の要件や要望をタブレットに登録してもらうことで、お客様に適切なサービスの提供をすることが可能になります。

お客様は自分のスマホでいつでも順番待ちの状況が確認できるので、待ち時間のストレスも軽減でき、待ち時間による顧客離れを防ぐことにつながります。順番待ちの状況はデータ化され分析することもできるので、顧客動向の把握やサービス改善の足がかりが作れます。

飲食店の予約管理なら『レストランボード』

空席情報をネット予約と自動連携できる『レストランボード』なら、テーブル管理はもちろん、顧客台帳でお客様の来店履歴や料理の好みなどをスタッフ全員で共有することができます。メッセージ配信機能等も上手に活用することでワンランク上の接客が可能になり、お客様とのつながりの強化が図れます。

美容系の予約管理は『サロンボード』

美容室やネイル・まつげ、リラクゼーション、エステなどのサロン向けの予約管理は『サロンボード』が便利です。予約管理や顧客管理、レジ機能や求人ページの作成など、サロンに必要なシステムを一通り搭載しています。

国内最大級のサロン検索・予約サイト「ホットペッパービューティ―」に掲載するだけで全ての機能を無料で使うことができます。「ホットペッパービューティ―」と完全に連携しており、手間なく予約を一元管理できるのが利点です。

サービスカウンターで機器に触れながら相談

全国の主要都市のビックカメラにはAirレジ サービスカウンターが設置されており、iPadやバーコードリーダーなどのAirレジの周辺機器の体験が可能です。使い方の説明や機器の相談など、専門の販売員が丁寧に対応してくれます。

Airレジカウンターのスタッフは軽減税率対策補助金についても精通しているので、補助金に関する相談はもちろん、代理申請もお願いすることができます。

決済サービス 無料相談はこちら

ほかにもあるある!連携サービス

Airレジは拡張性が高く、円滑な店舗運営をサポートする他社の各種サービスとの連携が可能です。お店の状況に合わせてサービスの取捨選択ができるのも利点の1つと言えるでしょう。これらのサービスはAirマーケットで確認できます。

クレジットカード決済

Square

タブレットのイヤホンジャックにカードリーダーをセットするだけでクレジットカード決済が導入できるSquareは、Airレジとの連携が可能です。最短で申込み当日から利用でき、入金サイクルも最短翌日というスピーディ―さはなかなか例がありません。

<関連記事>
クレジットカード決済を手軽に導入できるSquare(スクエア)という選択

会計ソフト

freee

シェアNo.1のクラウド会計ソフト「freee」と連携すれば、売上データが自動的に「freee」に取り込まれ、経理・簿記の知識がなくても会計帳簿や決算書の作成が簡単にできるようになります。領収書や請求書をカメラで読み取り、日付や金額、勘定科目を推測・補完する機能なども備わっており、煩わしいデータ入力の手間が省けます。

<関連記事>
Freeeが発行するクレジットカードが個人事業主にもたらす価値

弥生シリーズ

会計ソフトに老舗と言えば「弥生」ではないでしょうか。連続17年、売上実績№1を誇る「弥生」もAirレジとの連携が可能です。お客様満足度92%の実績を誇るカスタマーセンターの丁寧なサポートもつけられるので、機械の操作や会計知識に自信がない人でも安心です。また、「やよいの青色申告 オンライン」は現在キャンペーンを実施中で、初年度は無料で利用することができます。

MFクラウド会計・確定申告

2014年のリリース1年目で12万人のユーザーを獲得したMFクラウドも『Airレジ』との連携が可能です。銀行口座やカードの連携もでき、取引明細を自動で取得するので手入力の必要がありません。仕訳ルールの学習機能を搭載しており、複合仕訳にも対応しているので、作業時間も短縮できます。

決済サービス 無料相談はこちら

店舗運営のサポートサービスも充実

【会計事務】メリービズ

経理データの入力をアウトソーシングするならメリービスが便利です。レシートを封筒に入れて送るだけで、会計データを格安で作成してもらえます。月額制プランとワンタイムプランからコースを選ぶことができ、ワンタイムプランなら過去の経理書類をまとめて依頼することも可能です。

【来店促進】ホットペッパー グルメ

ホットペッパーグルメに掲載している飲食店なら、Airレジシリーズの『レストランボード』と連携させることで、ホットペッパーグルメ経由のネット予約を自動で取りこむこともできるようになります。Twitterやfacebookなどとの自動連携も可能なので、店舗情報の拡散も期待できます。

【人材不足の解消】Indeed

深刻な人手不足を解消するため、求人広告にかかる費用は頭の痛い問題ではないでしょうか。クリック数に応じて費用が発生するIndeedなら、契約不要、初期費用不要、完全無料で求人広告を掲載できます。掲載の開始や休止も店舗側でコントロールできるのが利点です。

【BGM】モンスター・チャンネル

お店の雰囲気作りにはBGMも重要です。タブレットやスマホを利用してお店の雰囲気に合ったBGMをコストを抑えながら流してみませんか?14日間の無料トライアルで「モンスター・チャンネル」の機能性の高さを実感することが可能です。トライアル期間が終了したからといって自動的に契約になることがないところも非常に良心的。是非一度お試しを♪

【防犯カメラ】Safie(セーフィー)

いつでもどこでもスマホで確認できる「Safie(セーフィー)」は、電源とインターネット環境があれば簡単に設置できる防犯監視カメラです。初期費用19,800円(税別)、月額1,200円(税別)から利用できます。複数のカメラを一括で視聴・管理できるので、遠隔地からのチェックや複数店舗の管理に便利です。

決済サービス 無料相談はこちら

まとめ

Airマーケットには今回ご紹介した以外にも、勤怠管理システムや受発注管理システムといったさまざまなサービスが取りそろえられており、共通のAirIDで利用できます。無料プランも多く、徐々に有料プランに移行することも可能です。基本的にiPadが1台あるだけでいろいろなデータの管理ができるようになるので、高額な専用端末やパソコンも必要ありません。外出先からスマホでデータを確認できるのも便利だと思います。まずはAirレジのダウンロードからしてみてはいかがでしょうか。

決済サービス 無料相談はこちら