「Amazon Pay」が実店舗のQRコード決済に対応!現状から見えてくる導入メリット

2018年8月29日、アマゾンジャパンは現在サービスを展開している「Amazon Pay(アマゾンペイ)」をQRコード決済に対応させると発表しました。楽天ペイやLINE Pay、さらに秋リリース予定のPayPayなど、QR決済対応のサービスが次々と誕生していく中、突如話題に上がったAmazon Pay。どういった点に特徴や強みを持たせていき、QRコード決済業界に参入していくのでしょうか?

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

Amazon Payが実店舗に対応する!

もともと「Amazon Pay(アマゾンペイ)」は、Amazonアカウントを持っていると使えるオンライン決済サービスとしてスタートしています。自社ECサイトなどで導入をすると、お客様のオンライン購入が簡易化され、Amazon以外のWebサイトでもAmazonのように買い物ができる、という点が特徴でした。

Amazon Payがオンラインだけでなく、店舗で使えるようになった

今回、Amazon PayがQRコード決済に対応することで、オンラインだけでなく、店舗でのオフライン決済が可能になりました。まずは福岡市、東京都を中心に数十店舗からサービスを開始します。キャッシュレス・ソリューションを提供するベンチャー企業「NIPPON PAY」の加盟店から拡大していくとのことです。

店舗がAmazon Payを導入するメリット

QRコード決済の導入を考える店舗のために、製品比較情報を提供しているピピッとチョイスとしては、店舗の導入メリットが気になるところです。発表されている情報をまとめてみました。

店舗用のタブレット端末が無料レンタルできる

現状、実店舗でAmazon Payのスマートフォン決済を対応させるには、店舗(加盟店)がニッポンタブレットのタブレット端末を利用していることが条件となります。ニッポンタブレットでは2018年8月29日よりタブレット端末を無料レンタルできると発表しています。これにより店舗の導入のハードルは大きく下がったことになります。

なお、ニッポンタブレットとは株式会社NIPPON PAYの100%子会社の「NIPPON Tablet株式会社」が提供する、タブレット端末です。ニッポンペイについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

<関連記事>次々と新機軸を開拓するNIPPON PAYの多様な取り組みとその将来性

Amazon Payの手数料が無料になるキャンペーン中

NIPPON PAYのプレスリリースによると、Amazon Payとニッポンタブレットの無料レンタルを同時に申し込んだ店舗を対象に、2020年までの決済手数料が0%になるキャンペーンを行うそうです。既に期間限定でQRコード決済の手数料無料を実施しているLINE Payや、2018年秋にサービス開始予定のPayPayでも期間限定の手数料0%施策を発表しており、ここに肩を並べる形となります。なおAmazon Payの通常の決済手数料率は3.5%です。

ちなみにキャンペーン期間中の手数料割引に関する費用負担はニッポンタブレットが行うということです。ニッポンタブレットとしてはAmazon Payの手数料0%をアピールポイントとして、加盟店の拡大を目指していく狙いと予想できます。

中小企業や個人商店にも導入を促していくとするAmazon Pay。Amazonブランドが持つ強みを活かして普及させていくことは間違いないでしょう。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。