Apple PayとGoogle Pay!人気のスマホ決済、両者の違いとは?

支払いにスマートフォンが使われるようになってきた昨今ですが、今回ピピッとチョイスでは、スマートフォンの二大ブランド、iPhoneとAndroidで利用できる「Apple Pay」と「Google Pay」についてご紹介いたします。
「●●ペイ」という言葉も増えてきて、Apple PayやGoogle Payは、今流行のLINE PayやPayPayと何が違うの?と思っている方も多いかもしれませんね。今回は、そういった違いにも触れつつ、改めてApple PayとGoogle Payについて詳しく見ていきたいと思います。

Apple Payってどういうもの?

Apple Payは、iPhone6以降に搭載されている決済サービス機能です。iPhoneにプリインストールされている「Wallet」アプリにクレジットカードや電子マネーカードを登録すると、Webやアプリでの決済に利用できます。
iPhone 7以降のiPhoneとApple Watch Series 2以降のApple Watchでは、Suicaによる交通機関の利用や買い物ができます。Suicaに対応しているため、店頭での電子マネー決済や電車の乗車券、飛行機の搭乗券などとしても使えるようになっています。登録できるカード数は、最大8枚です。

少し噛み砕いて説明すると、自分が持っているクレジットカードや電子マネーを「Apple Pay」に登録することで、実際のカードを店頭などで出す必要なく、スマホだけで買い物に利用できるというイメージです。注意したいのは、店頭で買い物をするときに「Apple Payで」と言っても、お店の人は、支払いに使いたいのがクレジットカードなのか、電子マネーなのかそれだけでは判別できません。決済をするときは「Suicaで」と言ったように、Apple Payに登録しているカードの名称を伝えるようにしてくださいね。

今流行しているLINE PayやPayPayは、「QRコード決済」サービスとなります。こちらは店頭のQRコードを読み込む、もしくは自身のQRコードを表示して読み取ってもらって決済を行うものですので、「Apple Pay」とは違う種類の決済サービスです。「●●ペイ」という名前が世の中に増えてきているので、少しややこしく感じるかもしれませんが、違うものだと覚えていただければと思います。

Apple Payはどんなところで使える?

Apple Payは、iD、QUICPay、Suicaに対応している店舗であれば利用できます。iDだけでいえば、日本全国93.9万台(2019年3月現在)使われているということなので、比較的利用には困らないかもしれません。また、Suicaに対応しているので駅の改札でも利用できます。

Apple Payのメリット・デメリット

それでは、Apple Payを利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

Apple Payのメリット

カードをまとめられるのでサイフいらず

Apple Payでは最大8枚のカードを登録できるので、カードそのものを持ち歩く必要がありません。決済の処理も簡単に行えるので、まさしくおサイフいらずになるということですね。現金だと小銭を出すのに手間取ったり、現金をおろしにいったりと手間がかかりますが、Apple Payにすればスマホを持ち歩くだけで済みます。

Apple PayでSuicaが使えるので交通機関の利用やチャージがスムーズに

JR東日本が発行する電子マネー「Suica」をApple Payに登録することができます。それまで改札にプラスチックのSuicaカードをかざしていた人も、スマホをかざすだけで簡単に利用できます。残高確認もスマホで簡単に行えるうえ、walletアプリ、Suicaアプリのいずれかでチャージも行えます。ただし、Apple Payに登録できるのは「Suica」のみで、JR西日本が発行している「ICOCA」などは登録できませんのでご注意ください。

Apple PayはSafariでのオンラインショッピングに使える

iPhone、iPad、Macなら、Safariでオンラインショッピングをする時にもApple Payが使えます。Touch IDを搭載したMacBook AirとMacBook Proではワンタッチで支払いが完了します。移動中にも簡単に購入ができるので魅力的ですよね。お届け先の住所も、一度入力すれば再入力する必要はないので、スムーズにネットショッピングが行えます。

セキュリティ面も安心

Apple Payでは、デバイス固有の番号と独自の取引コードを使用して決済を行います。登録しているカードの番号は、デバイス上にもAppleのサーバにも一切保存されることはなく、Appleがカード番号を加盟店と共有されることはありません。もしiPhoneやApple Watchを紛失してしまっても、「iPhoneを探す」を使って紛失モードにすれば、Apple Payの使用を一時的に止めることができます。こういったセキュリティ対策がなされていると、ユーザーとしては安心して利用できそうです。

JCB、Apple Pay/Google Pay利用で20%還元キャンペーン(12月15日まで)

現在、JCBカードのApple Pay/Google Payの利用で20%キャッシュバックのキャンペーンが実施されています。詳細は記事内でのちほどご説明しますが、20%還元は大きいのでユーザーとしては嬉しいですね。

Apple Payのデメリット

それではApple Payのデメリットについて見ていきましょう。

楽天Edy、nanaco、WAONといった電子マネーに対応していない

Apple Payでは「楽天Edy」や「nanaco」、「WAON」といった電子マネーには対応していません。いずれの電子マネーもユーザー数は多いため、これらに対応できていない点はユーザーからすればデメリットと言えそうです。

iD、QUICPay、Suicaなどに対応している店舗のみしか使えない

実店舗でApple Payを使う場合は、iD、QUICPay、Suica対応店舗のみでしか使えません。これからに対応している店舗ももちろん多くありますが、全国どこでもApple Payに対応しているわけではないので気を付けなくてはなりません。また、登録できるのが「Suica」だけなので、定期券でICOCAなどを利用しているユーザーにとっては使いたくても使えないといった悩ましい点もあります。
※ICOCAなどの地域でもSuicaは使えますが、Suicaを使ってJR東日本エリア外の定期券発行ができない仕組みになってるようです

スマホの充電が切れると使えない

Apple Payはその機能そのものがデバイス上のアプリに依存するため、iPhoneなどのデバイスの充電が切れてしまうと利用できません。たとえば災害時などには使えなくなるというリスク自体はありますので、その点を忘れないようにしたほうがよさそうです。

Google Payとは

Apple Payについて詳しく見ていきましたが、次はGoogle Payについて見ていきましょう。

Google Payってどういうもの?

GooglePayは、Android 端末(5.0 Lollipop 以降)以降で利用できる決済サービス機能です。Android端末で「Google Pay」アプリをインストールし、カード情報を登録することで電子マネーなどがスマホで利用することができます。Google Payというアプリにカード情報を登録することで、カードをまとめることができ、スマホで決済までできるという点では、Apple Payと仕組みはほぼ同じだと言えます。

Google Payはどんなところで使える?

Google Payは、Suica、nanaco、WAON、楽天Edy、QUICKPay、iDが使える店舗で利用できます。Apple Payは対応していないnanaco、WAON、楽天Edyに対応している分、利用できる店舗はApple Payよりも多そうですね。

Google Payのメリット・デメリット

それでは、Google Payのメリット・デメリットについてご説明します。Apple Payと同じじゃない?と思われるかもしれませんが、実は細かな点で違いがあります。

Google Payのメリット

Google PayはApple Payよりも対応できるカード種類が多く、そういった点がメリットとなります。詳しく見ていきましょう。

カードをまとめられるのでサイフいらず

Apple Payと同様ですが、Google Payもカードを登録できるので、スマホを持ち歩くだけでおサイフかわりになりますね。

Suica、nanaco、WAON、楽天Edy、QUICPay、iD が使える

Google Payは、Suicaだけでなくnanaco、WAON、楽天Edyに対応している点がメリットだと言えます。上述の通り、Apple Payに対応していない電子マネーに対応できている点では、Google Payのほうが利便性は良いと言えるのではないでしょうか。特にnanacoやWAONは利用することでポイントをためることができるので、そういった意味でもユーザーにとっては強いメリットになりそうです。もちろん「Suica」に対応していることにより、スムーズに交通機関を利用できる点も魅力のひとつです。

ポイントカードも登録できる

Google PayもApple Payと同様、クレジットカードや電子マネーを登録可能ですが、それに加えて「T-POINT」「dPOINT」のポイントカードも登録ができます。ポイントカードはついつい出すの忘れてしまいがちですが、Google Payに登録しておくことでポイントの取り忘れもなくなりそうですね。

JCB、Apple Pay/Google Pay利用で20%還元キャンペーン(12月15日まで)

Apple Pay同様、JCBカードの20%キャッシュバックのキャンペーンがGoogle Payでも実施されています。

Google Payのデメリット

Google PayのQUICPayは本人認証いらずで支払えてしまう

Goggle PayのQUICPay利用時、本人認証が不要です。サインやPINコードの入力も必要ないため、もしスマホを紛失・盗難などしてしまった場合はQUICPayを悪用される可能性があります。Google PayのQUICPayは上限が3万円までとなっていますが、少なくともこういったリスクがあるという点はデメリットと言えるでしょう。

オンラインショッピングできる店舗はまだ少ない

Goggle Payを使って支払えるオンラインショップは現時点では8店舗となっています。「JapanTaxi」や「minne」などで使えますが、対応できる店舗がさらに増えてほしいところです。

スマホの充電が切れると使えない

これはApple Payでもあげたデメリットですが、スマホを使った決済の場合、非常時の利用が難しくなる点はどうしても避けられません。Google Payに限ったことではありませんが、デメリットである点はしっかり認識しましょう。

Apple PayとGoogle Pay 、結局何がどう違う?

Apple PayとGoogle Payについて詳しく見ていきましたが、ピピッとチョイスが両者の違いをあげるとすれば、以下となります。

Apple Pay

Apple Payは対応しているカードは少なく、そのため利用できる範囲が限られますが、セキュリティ面には強く、安心して使えます。オンラインショップの利用も、safariを通じてであれば対応できます。

Google Pay

Google Payは利用できるカードは多く、ポイントもためやすい点がありますが、QUICKPay利用時にはセキュリティ面の不安があります。また、オンラインショップの利用はまだまだ対応店舗が少ないです。

Apple PayもGoogle Payも、基本的にはiPhoneを使っているか、Andoidを使っているかというところがユーザーの利用動機としては大きいものかとは思いますが、両者の違いをよく踏まえて利用してみてください。

JCBカードでApple Pay・Google Payを利用すると20%キャッシュバック【12月15日まで】

現在、JCBカードのApple Pay/Google Pay利用で20%キャッシュバックのキャンペーンが実施されています。

期間:2019年8月16日(金)~12月15日(日)

期間中に、Apple Pay、またはGoogle PayにJCBカードを「対象カード」として設定し、キャンペーンに参加登録したうえで、Apple PayまたはGoogle Payを対象店舗で利用すると、もれなく20%キャッシュバックされます。(期間中上限10,000円)すでにApple Pay、Google Payに設定済みの方もキャッシュバックの対象となります。

WEB限定・39歳までの方限定で申込できるJCB CARD W / JCB CARD W plus Lの場合、入会後3ヵ月間のご利用はポイント10倍となります。さらに、2019年9月30日(月)までにインターネットで新規入会すると、最大13,000円分プレゼントされるキャンペーンも実施されています。詳細は公式サイトから確認できますので、興味がある方はこちらよりご覧ください。

まとめ

Apple PayとGoogle Payについて詳しく見ていきました。それぞれにメリット・デメリットがありますが、カードを持ったりせずにすむ利便性はたしかなものだと言えそうです。いずれにしても、Apple PayとGoogle Payの存在によって、スマートフォンはすでに携帯電話の機能を超えて、個人の財布以上の存在になりつつあることが窺えましたね。両者が今後のスマホ決済をさらに推し進めていくことを期待し、今後のアップデートにも注目していきたいと思います。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み