ApplePayでSuica(スイカ)利用徹底解剖~基礎・登録編~

昨日(2016年10月24日)の夜からiOSのアップデートが始まり、ついにSuicaがApplePayで解禁となりました。解禁から一夜明けて、Suicaのホームページには、アクセス集中の為・・・・といった赤文字の注意書きが出る始末。それほどまでにApplePayでのSuica利用は待ち望まれていたサービスのようです。

今までピピッとチョイスでも紹介してきたApple PayによるSuicaの利用方法ですが、今一度徹底的に分析し、この記事でApple Pay・Suicaの情報を網羅します。これからSuicaをiPhone7にダウンロードされる方は必見!すでにお使いの方もブックマークの上、活用してください。

事前に準備しておくこと

Suicaが使える機種の確認

suica_applepay

製品 交通機関 店舗 各種
アプリ内
ウェブ上
iPhone X、iPhone 8iPhone 8 Plus、
 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE
 × ×
 Apple Watch Series 3、日本国内で販売されApple Watch Series 2*
 ×
Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)
 ×  × ×
 ×  ×
 ×  ×  ×

**交通機関と店舗での支払いにApple Payを使用するには、iPhone 8iPhone 8 PlusiPhone X、日本国内で販売されたiPhone 7またはiPhone 7 Plus、もしくはApple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2が必要です。

seven

watch2

Apple Payに登録するSuicaカードの種類の確認

Suica定期券を既に持っている場合

既にSuica定期券をお持ちで、通勤・通学に利用している方は登録が可能です。ただし現時点では小中高の定期券には対応していません。また社員証や学生証と一体となったSuicaも利用できませんのでご注意ください。

「定期券スイカ」の画像検索結果

 

無記名Suicaを持っている場合

無記名Suicaで定期券を搭載していない場合は、簡単に登録できるWalletアプリケーションの利用をおススメします。

「suica」の画像検索結果

モバイルSuicaをご利用の方

既にモバイルSuicaをフィーチャーフォン(ガラケー)やAndroid端末で利用している場合には、まず現在利用している端末上で「モバイルSuicaアプリ」を開き、会員メニューからログインして「携帯情報端末の機種変更」→「機種変更する」を選択してください。そうすることで一旦登録してあるSuicaの情報をSuicaのサーバーに保管できます。

「suica」の画像検索結果

その後、必ずiPhoneにダウンロードしたSuicaアプリから登録を行ってください。登録の際に、初期設定画面で「機種変更」を選びます。その後、画面の案内にしたがって旧端末に登録していたメールアドレス・パスワードを入力し、会員情報の修正とパスワード変更を行うことで登録が完了します。

Suicaをお持ちでない方

現在iPhone7は持っているけれどもSuicaカードは持っていないという方も、ご安心ください。Suicaアプリをダウンロードして会員登録を行うことでSuicaを発行してもらえます。そのまま下記の3.登録方法①にしたがって登録を進めてください。

nothing

登録方法① Suicaアプリケーションから会員登録を行う

Step1:「Suica」アプリケーションをダウンロードしSuica発行を選択

まずはApp Storeから「Suica」アプリケーションをダウンロードしてください。そしてトップ画面のSuica一覧から「Suica発行」を選択して次に進みましょう。(※機種変更からモバイルSuicaの情報を移し変える場合には、「機種変更」を選んでください。)

「app store」の画像検索結果

first

Step2:登録するSuicaの種類を選択を行います。

次に、登録するSuicaの種類を選択してください。選べる種類は「Suica(無記名)」・「My Suica」・「Suica定期」のいずれかです。「Suica(無記名)」を選択した場合には、そのまま会員登録せずに注意事項の確認と利用規約の同意画面に移ります。その後、チャージを済ませて発行完了になります。

select

Step3:スイカの会員登録情報の入力を行います。

Step2で「My Suica」・「Suica定期」を選んだ場合、モバイルSuica会員になる手続きに進みます。画面の案内に従って必要事項を記入します。登録の最後の方にクレジットカード情報を入力するためカードを用意しておきましょう。

finish

Step4:クレジットカード情報の入力

引き落としやチャージのため、クレジットカード情報を入力します。クレジットカードを登録しても、オートチャージの設定を行わない限りは自動的にSuicaにチャージされることはありません。

オートチャージ等の設定を行う場合には、クレジットカード決済情報にSuica一体型のクレジットカードであるビューカードの情報を入力する必要があります。

gamen

チャージをする際の初回最低金額は1,000円からのようです。(その後は500円、1,000円、3,000円、5,000円、その他で選択してチャージできるようです。)

Step5:会員登録後のカード発行

会員登録を済ませて、カード発行処理を行ってください。この時Suicaに名前を記入します。1端末にはSuicaを最大8枚分登録できるため、会社用やプライベート用というように使い分けが可能です。

pipit

また登録したものが不要になった場合や、データを別の端末に移す場合にはApple Payで1枚のSuicaを指定し、iボタンでカードを削除することができます。この際に、データ自体はサーバに退避した状態になります。

登録方法② Walletアプリケーションからの登録

Suicaアプリケーション以外からのSuicaを登録する方法があります。既にiPhone7でiOSをアップデートした方はお気づきかもしれませんね。今回、iPhone7に常設となったWalletアプリケーションからSuicaを登録することもできるのです。このアプリからSuicaを登録する場合には、登録するSuicaカードが必要になりますのでご用意ください。この登録方法は、Suicaアプリケーションよりも簡単です。

Step1:Walletアプリケーションを開く

まずはWalletアプリケーションを選択し、画面右上に表示される+ボタンを選択してください。そうするとApple Payへの登録手順が画面に表示されますので、画面の指示に従って進んでください。

Step2:登録カードを選択

ボタンを押すと「カードの種類」を選択する画面が表示されます。ここで「Suica」を選択してください。このときに登録するSuicaの下四桁の番号を要求されます。カード裏面の右下にある番号になるので、これを入力してください。

「スイカの番号」の画像検索結果

 

Step3:カード転送処理を行う

番号登録と生年月日の入力が終了すると、「カードの転送」を行ってくださいという表示が出ます。iPhone7の上部裏面をSuicaカードにタッチさせてください。数秒すると、「転送が完了しました」と表示されます。これで転送完了になり、利用ができるようになります。

transition

注意点

Walletアプリケーションからの登録時点で注意すべき点が5つあります。

  • 取り込めるSuicaは「Sucia(無記名)・My Suica(大人用記名)・Suica定期券(通勤・大学)」の3種類。
  • クレジット一体型(ビューSuica)は、この方法では取り込めません
  • オートチャージ設定は引き継がれません。
  • Suicaの固有番号が変わるので、Suicaポイントクラブなどへの再登録が必要になります。
  • 取り込める電子マネーの残高は19,500円以下です。

Walletアプリケーションのほうが登録手順は簡単ですが、色々と制限や注意点があるようです。ピピッとチョイスとしてはSuicaアプリからの登録をおススメします。

オートチャージの設定方法

自動でチャージをしてくれるオートチャージもアプリで設定できます。Suicaアプリに決済用のビューカードを登録するだけなので簡単です。

Suica一覧で「チケット購入・Suica管理」を選択し、画面下にある「オートチャージ設定」からオートチャージの金額を設定してください。

auto

発行後のSuicaへの入金(チャージ)方法

入金(チャージ)方法

Suciaアプリから入金(チャージ)する

Suicaアプリを立ち上げて、入金(チャージ)したいSuicaを選択・表示します。画面下にチャージする金額が表示されるので、入金する金額と「クレジットカード」を選択して「入金(チャージ)」を押せば入金が完了します。

suica_charge2

Apple Payに設定したクレジットカードから入金(チャージする)

Walletアプリケーションを立ち上げ、入金(チャージ)するSuicaを選択してください。表示された画面右下に表示される「i ボタン」をタップしてください。

gamen

そうすると画面が切り替わり、画面下部に青文字で「チャージ」と表示されます。そちらを選択すると、チャージする金額の入力画面になります。入金(チャージ)したい金額を入力後、「チャージ」を選択。Touch IDの指紋認証で入金(チャージ)が完了します。

w-charge

※このときにWalletアプリケーションで登録しているクレジットカードがない場合には新規で「追加してください」というポップアップが表示されます。

コンビニでチャージする

Suicaチャージに対応しているコンビニのレジカウンターに行き「iPhoneのSuicaにチャージしたい」と伝えます。あわせてチャージ金額も伝えてください。このときあらかじめ、WalletアプリでSuicaを起動しておくとスムーズです。

定員さんに「タッチしてください。」と言われたら、iPhone7の上部を電子マネーのタッチ部分に近づけます。「ピピッ」とレジ音が鳴ればチャージが完了し、iPhone画面にも追加金額が表示されます。

まとめ

以上、Suica(スイカ)のApple Payへの登録方法とチャージ方法の基本でした。一見簡単に思うSuica(スイカ)の登録方法でしたが、以外とスマホ初心者には難しいかもしれません。iPhone7以降は標準になると思われるSuicaアプリですが、今のうちに登録しておき、周囲よりも一歩進んだキャッシュレス生活を満喫しましょう。