auもQRコード決済のリリース予定を発表。その狙いは?

2018年11月1日、KDDIと楽天は「決済や物流、通信ネットワークの分野で両社の資産を相互利用し、お客様の利便性向上を推進していくことに合意した」ことをことを発表しました。楽天は新規参入を予定する携帯電話事業において、一部エリアを除くKDDIの通信網に相乗りすることで全国をカバーする体制を整えます。一方KDDIは、楽天が展開する決済プラットフォーム「楽天ペイ」とその加盟店網の提供を受け、2019年4月からスマホ決済サービス「au PAY」を順次開始します。

こちらもチェック

人気が出ているQRコード決済。知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事で紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

KDDIが展開する「au経済圏」

携帯キャリアauを運営するKDDIは、自社の携帯・スマホユーザーに対して電子マネーとして使える「au Walletプリペイドカード」を発行しています。希望すればau Walletクレジットカードも発行できます。au Walletとじぶん銀行と連携させれば、「au Walletプリペイドカード」の残高不足を即座に解消するリアルタイムチャージが可能です。またApple Payに登録して使うこともできます。

auは自社で運営するショッピングモール「Wowma!」やデジタルコンテンツが楽しめる「うたパス」「ブックパス」といったサービスでau Walletによる支払いを可能にし、WALLETポイントなどのインセンティブプログラムも積極的に行っています。KDDIグループはかねてから「通信とライフデザインの融合による新たなお客さま体験価値の創出」を目指しており、auユーザーがKDDIの通信以外のサービスを使うことによって創出される「au経済圏」の拡大を目指しています。

<参考>
KDDI プレスリリース:KDDIと楽天、決済、物流、通信分野における事業協争を推進

QRコード決済にも参入

2018年4月に代表取締役社長に就任した髙橋 誠氏は、以前から各種メディアのインタビューに対し、同年度中にQRコード決済サービスの提供を開始したいと話していました。この構想が具現化したのが「au PAY」です。

2018年11月1日の決算説明会ではサービスの詳細は未定としています。しかし「au WALLET」のプリペイド残高を共用する形での提供を検討している模様です。なお楽天と決済プラットフォームを共用することによって、「楽天ペイ」の加盟店であれば「au PAY」も利用できるようになる見込みです。

<参考>
Engadget:KDDIもQR決済、来年4月から「au PAY」
日本経済新聞:「総務省は通信の未来を見てほしい」KDDI社長の苦言

大手携帯キャリア3社のQRコード決済

2018年11月現在、ソフトバンクはヤフーとの合同会社による「PayPay」、ドコモは「d払い」という独自のQRコード決済サービスをスタートさせています。au PAYが登場すると、携帯電話大手3社がそれぞれに独自のQRコード決済を展開することになります。「PayPay」と「d払い」はIDの発行に特別な条件を設定しておらず、スマホアプリをダウンロードするだけで利用できます。

一方auは、自社の携帯・スマホおよび光回線サービスauひかりの契約者に限定発行するau IDの保有者を対象に「au Walletプリペイドカード」を発行しています。「au PAY」が「au WALLET」を中核に据えたサービスになる場合、auユーザーのみを対象としたアプリになると思われます。

まとめ

ドコモは自社の契約者向けに発行していた「docomo ID」を2015年12月から「dアカウント」に変更し、誰でも取得できるIDにしました。KDDIも誰にでも発行できるIDに変更して他社と横並びになるのか、あくまでも自社ユーザー向けのサービスとして独自の道を歩むのか、今後の対応が気になるところです。また携帯事業に新規参入する楽天との関係性がこの先どのように変化していくのかも注目して行きたいと思います。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

関連タグ