au WALLETポイントが「Ponta」へ統合!au PAYはさらに進化へ?!

消費税の増税を機にキャッシュレス化が進み、決済手段が多様化しています。auを展開するKDDIが提供している「au PAY」は、「au WALLETアプリ」から買い物の支払いを行えるQRコード決済サービスになります。今回「au PAY」の提供元である、KDDIは「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティングの発行株式20%を三菱商事からの譲渡により取得。さらに、ローソンの発行株式211万株も市場買付によって取得し、資本業務提携を結ぶことを発表しました。今回の提携により、ローソンでのキャッシュレス決済はどうなるのか、今後のau PAYについて紹介していきます。

「au WALLET ポイント」が「Ponta」に統合されることに

2019年12月16日にKDDIと三菱商事、「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティング、ローソンの4社は資本業務提携することを発表しました。この提携により、「au WALLETポイント」が2020年5月以降「Ponta」に統一され、「au ID」と「Ponta会員ID」は連携します。これにより「Ponta」の9,200万の会員数と「au WALLET」の2,800万以上のポイント保有会員数、2,200万の口座数をあわせ、1億を超える会員基盤が誕生します。

さらに、PontaのアプリにはQRコード決済サービス「au PAY」が組み込まれ、au WALLETのアプリには「デジタルPontaカード」が組み込まれる予定です。こうしたau PAYとPontaの相互連携によって、各ユーザーの相互利用が促されていくのではないかと考えられますね。
この相互連携の背景は、Ponta会員の口座とau PAYがつながることで、金融サービスと通信、ネットとリアルを組み合わせた新しい購買体験を将来的に発展させていきたいという狙いがあってのことと考えられるでしょう。「単なる決済手段に使うだけでなく、au PAYが持つユーザーの口座にポイントを流し込めるかが重要になる」とKDDIの高橋誠社長は述べています。

さらに、5世代移動通信システムである「5G」とローソンの約14,600店舗を繋げた、次世代型のコンビニエンスストアの展開も進めることを発表しています。これもまた、ネットでの購買情報にローソンが持つ店舗情報や消費者情報を組み合わせて新しい体験価値を生もうとする試みと言えます。個人別の趣味趣向やエリア動向情報に、店舗の在庫管理を組み合わせることでユーザーの嗜好にあったサービスを提供することができます。例えば、賞味期限が切れかかっている食品を店舗に近いユーザーのみに割引きがあることを通知し、食品ロスの低減や在庫管理の適正化が行えると紹介しています。

ローソンで使えるキャッシュレス決済はどうなる?

au WALLETポイントとPontaが統合されるとなると、ローソンで使えるキャッシュレス決済がau PAYのみとなるのかと疑問を持たれる方もいるかと思いますが、今後もローソンで利用できるキャッシュレス決済に変更はありません。また、ローソンは「今後もさまざまなスマホ決済とフラットでオープンな関係を続けていく」とも発表しています。
あくまでもKDDIと三菱商事、ロイヤリティマーケティング、ローソンの提携は、次世代型のコンビニサービスを見据えた新しい消費体験の提供を進めるためだと述べています。

しかし、ローソンの店頭でauPAYを使った際に、還元率が高くなるようなキャンペーンの実施の予定も挙げられているので、ローソンでauPAYを利用することで得られるメリットは大きくなると予想できます。

現在ローソンで利用できるキャッシュレス決済とは?

ローソンでは現在バーコード決済サービスや電子マネーなど、さまざまなキャッシュレス決済が利用できます。どのキャッシュレス決済が利用できるのか改めてご紹介します。

QRコード決済

  • Alipay(支付宝)
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • ⅾ払い
  • Origami Pay
  • PayPay
  • QUOカードPay
  • WeChat Pay(微信支付)
  • メルペイ
  • auPAY

電子マネー

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • WAON

電子マネー(交通系)

  • Kitaca
  • Suica
  • TOICA
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • PASMO
  • nimoca
  • はやかけん
  • manaca
  • PiTaPa(一部店舗利用可能)

クレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • TS CUBIC CARD
  • 楽天カード
  • Cedyna
  • OMCカード
  • SAISON CARD
  • MUFG CARD
  • DCカード
  • UFJ Card
  • NICOSカード
  • JACCS
  • 銀聯(UnionPay)
  • DISCOVER

その他

  • JCBプレモカード
  • ブランドプリペイドカード
  • QUOカード

「au PAY」は10億円キャンペーン開催で、さらに会員獲得か?

2019年12月に発表されたPontaとau WALLETポイントの統合ニュースに引き続き、au PAYから大きなニュースが届きました。2020年2月10日より「誰でも毎週10億円もらえるキャンペーン」と銘打ち、最大20%還元されるユーザー向けの大型キャンペーンを開催しています。ユーザーは期間中最大7万円相当の還元を受けられるとあり、このキャンペーンとともにau PAYを開始するユーザーも大幅に増えることが予想されます。Pontaとの統合で1億規模の会員規模となるau PAYですが、こうした大型キャンペーンの実施で、QRコード決済市場でのシェアをさらに追い上げる猛撃が始まったともいえるでしょう。

「au PAY10億円もらえるキャンペーン」については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

au PAYで最大20%還元!「誰でも毎週10億円もらえるキャンペーン」開催決定!

「au PAY」はこの連携で、強みを増す

先ほどもお伝えした通り、今回の連携で1億人を超える会員基盤と、それに伴い2,000億円以上の年間ポイント付与額を発行するプラットフォームが誕生する見込みです。
au PAYは、今回の連携によってますます強みを増し、一般ユーザーにとってもより使っていきたいQRコード決済になっていくことが予想できます。これはローソンだけでなく、au PAYを導入している店舗にも集客効果を見込むことに繋がっていきます。

ピピッとチョイスでは、au PAYの店舗導入に関するお問い合わせも承っています。この機会にau PAYについて詳しく知りたい、店舗の決済手段としても導入したいとお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。相談は完全無料です。

au PAYの店舗導入お問い合わせ

まとめ

今回の提携は、通信とリアル店舗というお互いに持っていない部分を補強し合うだけでなく、融合することで、快適で利便性が高く新しい消費体験を作っていくこと示しています。未来型店舗実現の先駆けになるのではないでしょうか。
今後、ローソンでau PAYを利用したお客様に対する販促キャンペーンに伴い、au PAYの需要が高まっていくことが期待できます。これからの動きもますます目が離せないau PAYについて、今後も追っていきたいと思います。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。