飲食店のIT化、キャッシュレス決済と予約チャットボット連携

飲食店の業務効率化をすすめるために、ITを取り入れようと考えている店舗は多いでしょう。すでにPOSレジやキャッシュレス決済など、身近なところで飲食店のIT化がすすめられていますのが、これから注目が集まるのが「予約チャットボット」です。予約チャットボットは、グルメサイトやSNSと連携して利用できる予約システムで、消費者とのコミュニケーションがとれることが魅力です。
本記事では、今後主流になってくる予約チャットボットについて解説していきます。店舗の業務効率化を進めたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

飲食店のIT化の歴史

飲食店のIT化の歴史は1970年代から始まります。1970年に百貨店用POS「NCR リテイル・ターミナル」が登場し、明細の記録や売上のレポートが可能となりました。さらに日本初のペン状リーダーを使用したバーコード読取も可能となり、レジを使用した会計業務は劇的な進化を遂げます。その後もレジシステムは進化を続け、1994年にはWindowsに対応したWinPOSシステムも登場しました。

その後、飲食店のIT化を爆発的に進めたのがインターネットの普及でしょう。1996年には日本初のグルメサイト「ぐるなび」が提供を開始しました。ネットに関する知識が少ない飲食店でも、ホームページが開設できるため、集客経路のひとつとしてグルメサイトに登録する店舗が増加しました。
また2009年にiPhone3GSが登場したことをきっかけに、Google検索で「地名+居酒屋」といったフリーワード検索が増加します。これによりグルメサイト内で予約ができる「オンライン予約システム」のニーズは大きく高まり、今や飲食店の集約・予約手段としてもっともポピュラーな方法として、現在まで利用されています。

この他にも、2010年以降はレジシステムはタブレットを使用したタブレットPOSが主流となり、スマホ端末を利用したハンディ(OES)機能の登場や、POSとグルメサイトとの連携など、日々進化し続けています。さらには、クレジットカードやQRコードを利用した「キャッシュレス決済」なども登場し、飲食店のIT化は日々広がりをみせています。店舗の業務効率化をすすめるためはもちろんですが、お客様に日々変化するニーズに対応していくためにも、飲食店であってもIT技術を取り入れることは重要です。

最新トレンドはキャッシュレスからチャット予約へ

2019年には大手QRコード決済企業が、大規模なキャッシュバックキャンペーンを行ったことで、QRコード決済の認知度が高まりました。QRコード決済は加盟店の手数料負担が少なく、決済が簡単なため、新しい決済方法として飲食店でも導入が進んでいます。

キャッシュレス決済の次に、トレンドになっているのが「チャット予約」です。チャット予約は、LINEのように短文のコミュニケーションをとりながら、予約が完了する仕組みとなっています。お客様とのやり取りをプログラムが自動で行うため、離脱率が低く、店舗の負担が少ないのが魅力と言えるでしょう

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

飲食店へのチャット予約導入事例

チャット予約は今後、飲食店の予約方法として主流になっていく見通しです。そこで、すでにチャット予約を導入している店舗を紹介し、より具体的にチャット予約の魅力を解説していきます。

とある中華料理店では、チャット予約を利用し、予約管理の効率化を計っています。チャット予約では、まるで会話をしているかのような自然な言葉でコミュニケーションがとれるため、スムーズに予約を行うことが可能です。

また、消費者から問い合わせの多い「空いてる時間は?」「チャージ代はかかる?」といった質問にもチャットボットが自動で答えてくれます。
つまりチャット予約なら、営業時間中の電話予約を減らし、消費者が納得して店舗予約を行うことができるのです。

キャッシュレス決済とチャット予約連携

飲食店と消費者の双方にメリットのある「チャット予約」は、先ほど紹介した「キャッシュレス決済」と連携することができます。この2つを連携すれば、チャット上で予約・決済が完了するため、飲食店の売上管理が簡単になります。

また消費者は、事前に料金を支払っているため、予約当日のキャンセルも防げるでしょう。キャッシュレス決済とチャット予約の連携は、飲食店の業務効率を向上するために効果的です。

飲食店にチャット予約を導入するメリット

すでにグルメサイトのWEB予約を行っている飲食店では、チャット予約のメリットがどこにあるか気になる方も多いでしょう。飲食店がチャット予約を導入するメリットは、以下の通りです。

・24時間365日対応可能
・予約時のヒアリング漏れがない
・離脱率が低い
・よくある質問に対応
・従業員の手を止めない
・キャッシュレス決済との連携

チャット予約は、WEB予約と比較し検索疲れがないことが特徴です。これまで消費者は、知りたい情報をつかむために、サイト上を回遊する必要がありました。

しかし、チャット予約であれば、チャットシステムに知りたい情報を入力するだけで、回答してくれるため、予約がスムーズにすすみます。まチャットボットには、あらかじめヒアリング項目を学習させるので、従業員への電話研修も必要ありません。ヒアリング漏れをなくし、応対品質の均一化を目指せるでしょう。

チャットシステムの選び方・ポイント

いざチャット予約を導入しようと考えても、チャットシステムは種類が豊富なため、どれを選んだらいいか分からないという方は多いはずです。はじめてチャット予約を導入する店舗であれば、システム管理がしやすいチャット予約を選ぶようにしましょう。直感的に操作できるUIであれば、初心者でもすぐにチャットシステムを作ることができます。

また、キャッシュレス決済やPOSレジとの連携ができるかどうかも重要です。せっかくチャットシステムを導入しても、かえって仕事量が増えてしまってはもったないでしょう。

チャットシステムの選び方に迷ったら、システム比較ができるチャットの窓口にご相談ください。50種類以上のチャットシステムから、機能や用途に合わせ、店舗にぴったりのものをお選びいたします。

まとめ

飲食業界にとって常に頭にあるのは「業務効率化」です。チャット予約を導入すれば、従業員の電話予約の時間を削減し、顧客管理が効率化されるでしょう。

しかしチャットシステムにはAI搭載型や、音声認識対応など、メーカーによって特徴が異なり、最適なチャットボットを選ぶのが難しくなってきています。

時間をかけずにチャットボットを導入するのであれば、チャットの窓口にご相談ください。チャットの窓口では、店舗にとって最適なチャットシステムの導入をサポートいたします。もちろん相談料は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)

関連タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス