【キャッシュレス・消費者還元事業】補助金活用で決済端末が導入できるようになります!!

みなさんは「キャッシュレス・消費者還元事業」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、2019年10月の消費税率引き上げに伴い、ユーザーがキャッシュレス決済を行うと、9か月という期間限定ではありますが、5%ないしは2%のポイント還元が消費者にもたらされるというものです。

またこの「キャッシュレス・消費者還元事業」は消費者だけではなく、中小・小規模の小売店やサービス業者、飲食店といったお店にもメリットのある内容となっています。お客様にポイント付与ができることによって、集客率の向上や、レジ締め・現金の取り扱いといったコストを省いて業務を効率化するだけではなく、様々なものを国や決済事業者が負担してくれるのです。今回は「キャッシュレス・消費者還元事業」について詳しく掘り下げていこうと思います。

ピピッとチョイスではキャッシュレス決済導入に関する無料相談も承っています。ぜひご利用ください。

「キャッシュレス・消費者還元事業」設立の目的

2019年10月1日から引き上げられる消費税率。このタイミングに合わせて、キャッシュレスの需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性の向上や、消費者が便利に使えるよう促すという観点のもと「キャッシュレス・消費者還元事業」は設立されました。消費税増税後の一定期間(2019年10月1日から2019年6月までの9ヶ月間)に限り、中小・小規模事業者にてキャッシュレス決済が行われた際に「ポイント還元」や「割り引き」などを支援するとしています。

キャッシュレス化を支援していくことで、中小・小規模事業者の消費活発化を後押ししていくとともに、事業者と消費者の双方にキャッシュレス化を広めていき、全体的なキャッシュレス決済の普及を推し進めるのが目的です。

事業の内容

それでは「キャッシュレス・消費者還元事業」の内容は、具体的にどのようなものになるのでしょうか。ここではその取り組みや、店舗や消費者にはどのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

どのような取り組みか

「キャッシュレス・消費者還元事業」は、平成31年度の予算額2,798億円を投じて、事業者・消費者の双方にキャッシュレスの普及を促すものです。

2019年10月1日の消費税率引き上げ後、9ヶ月間の間に消費者がキャッシュレス決済手段を利用して、中小・小規模の小売店やサービス業者、飲食店などで決済を行った場合、決済金額の一部を消費者に還元します。

それにともない中小・小規模事業者には、決済端末導入時の補助や、決済手数料の補助などが受けられます。

 補助金活用で、店舗の負担がどう減るのか

「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象となるキャッシュレス決済は、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済など「電子的に繰り返し利用できる決済手段」となります。これらを消費者がお支払い手段として利用する場合、店舗は様々な形で補助金を受けることができます。

例えば、この施策に伴って決済端末を導入する場合、決済事業者が導入費用の1/3を負担してくれ、さらに2/3を国が負担してくれます。これにより実質的な端末導入時の費用は発生せず、事業者への負担はありません。

さらに決済事業者に払う加盟店手数料が3.25%以下の場合は、国がその1/3を負担してくれるため、期間限定とはなりますが決済手数料の負担が軽減されます。

なお、詳細は後述しますが、キャッシュレス決済を行った消費者に対しては最大5%のポイント還元が実施されます。消費者はポイント還元されるお店を積極的に利用していきたいと自然に考えますので、そういった面では、集客効果にも期待ができます。

これにより、店舗側がキャッシュレス決済を導入するハードルがとても低くなるというわけです。

>>キャッシュレス決済の導入無料相談はこちら<<

 キャッシュレス決済を使う消費者のメリット

それでは消費者がキャッシュレス決済を行うことで、どういったメリットがあるのでしょうか。

まずはキャッシュレス決済で支払った際の金額が、一部返還されるというのが大きいでしょう。中小・小規模の小売店やサービス事業者、飲食店などでキャッシュレス決済を行った場合、5%のポイント還元がなされます。また大企業フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者の場合は、2%のポイント還元率となりますが、それでもポイントが還元されるのは消費者としては嬉しいところですね。

またキャッシュレス決済にすることで、わざわざ銀行やATMで現金を下ろさなくても済むという手軽さもメリットといえます。特にQRコード決済などに代表されるスマホ決済では、スマホひとつでお買い物ができるので、お財布を忘れたりお金をおろし忘れても、安心して支払いができます。

キャッシュレス・消費者還元事業を店舗が活用するには?

店舗にとっても消費者にとってもメリットの大きい「キャッシュレス・消費者還元事業」。ぜひ活用したい!と思った店舗も多いかと思います。しかし、実際どうすれば補助金の申請が行えるのか?という点も気になりますよね。店舗側の申請方法について、詳しくご説明いたします。

「キャッシュレス・消費者還元事業」店舗側の申請方法

「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加するための、店舗側の申請方法について見ていきましょう。まずですが、キャッシュレス・消費者還元事業の登録は『決済事業者』が代行申請します。店舗には登録業務は発生しないとだけ覚えておきましょう。ただし、決済事業者側への手続き自体は必要です。

決済事業者側への手続きの流れを簡単に説明すると、以下となります。

1. まずは店舗がキャッシュレス・消費者還元事業の対象条件に当てはまっているか確認します。※

2. 対象店舗に当てはまるならば、店舗の現在のキャッシュレス決済対応状況を確認します。

3. もし、今使っている決済手段で継続利用して参加したいという場合は、現在契約している決済事業者が登録しているかを確認します。

4. 新たに導入したい、プランを見直したいという場合は、公表されているプランから、店舗に合った決済事業者を選び連絡します

※キャッシュレス・消費者還元事業に参加できる条件については、こちらの記事で詳しくご説明しています。
【キャッシュレス・消費者還元事業】店舗が補助を受ける資格と申請の流れを解説

キャッシュレス・消費者還元事業加盟店の申請はできるだけ早めに!

キャッシュレス・消費者還元事業の開始は2019年10月1日からですが、加盟店の申請は2020年4月末まで可能です。早めに手続きをすることで、お客様へのポイント還元ができる期間も長くなります。キャッシュレス決済を導入するにはまたとないチャンスですので、この機会を見逃さないようにしてください。

ピピッとチョイスでは、キャッシュレス・消費者還元事業に関するご相談や、対象の決済サービスご紹介も可能です!
QRコードや電子マネー、クレジットカードなどのキャッシュレス決済の導入についてお悩みの店舗は、ぜひコンシェルジュへの無料相談をご利用ください。

>>キャッシュレス決済の導入無料相談はこちら<<

まとめ

現在、国際社会の決済方法はキャッシュレスが主流になってきています。経済産業省の「キャッシュレス・ビジョン」で公表された「各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015年)」では、韓国が9割近くをキャッシュレス決済が占めているのに対し、我が国では2割近くと大きく後れを取っています。
そしていよいよ来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック、そして2025年に開催予定の大阪・関西万博に備え、キャッシュレス決済の普及は急務ともいえます。

今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」は、消費税率引き上げのクッション的な役割というだけではなく、日本の経済の在り方を現金からキャッシュレスへとシフトする試みが含まれているように思えます。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み