キャッシュレス・消費者還元事業 加盟店登録の申し込み手続きは早めに!

「キャッシュレス・消費者還元事業」について、ピピッとチョイスでは何度かご紹介させていただきました。キャッシュレス・消費者還元事業とは、簡単にいうと、2019年10月1日から2020年6月末日までの9か月間、対象の店舗でキャッシュレス支払いをした方にはポイント還元等を実施し、対象店舗へのキャッシュレス決済の導入(端末導入や決済手数料)を支援する制度になります。

キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店手続きは2020年4月末まで受け付けています。10月1日の施行に間に合わなかった、と思っている方も、まだまだ申し込みは可能ですので、キャッシュレス・消費者還元事業に参加したいと考えている店舗は、まずはキャッシュレス決済の導入を進めるようにしましょう。

※2019年12月3日、最新情報に更新しました。

キャッシュレス決済って具体的に何?

キャッシュレス決済とは、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段、となっています。いま話題のQRコード決済もキャッシュレス決済に含まれていますので、決済方法のひとつとして導入したいと考えていた店舗にとっては、このキャッシュレス・消費者還元事業はまたとない機会だと言えます。

キャッシュレス消費者還元事業に加盟するメリット

決済端末導入負担がない

キャッシュレス決済サービスの導入をするにあたって、ipadやAndroid端末などを決済端末として購入する場合があります。これらの購入費用も、キャッシュレス・消費者還元事業においては、決済サービス事業者に決済端末の2/3を補助費用として国から交付され、残りの1/3を決済サービス事業者が負担してくれるため、実質決済端末は無償で加盟店に提供されます。
ただし、決済端末導入負担を無償にするためには、今回のキャッシュレス・消費者還元事業に登録している決済サービス事業者でなければ、決済端末無料の対象とはなりません。補助金はあくまで決済サービス事業者に補助金が交付され、それをもとにして決済端末が加盟店に提供されるという形になります。

2020年6月末まで決済手数料が3.25%以下になる

消費者が買い物や飲食した代金を、クレジットカードや電子マネーなどで支払いをした場合、店舗側は利用された売り上げの中から「加盟店手数料(決済手数料)」を、クレジットカードなどの決済事業者に支払うことになります。ですが、キャッシュレス・消費者還元事業では、2019年10月1日~2020年6月末日までの9か月間は、加盟店が決済事業者に支払う手数料は3.25%以下と定められており、さらにその手数料のうち1/3は国が負担してくれます。
ただしこの手数料の緩和は期間限定となりますので、期間終了後(2020年7月~)の加盟店手数料(決済手数料)はすべて負担することになります。また、期間終了後の手数料設定は、各決済事業者によって異なるため注意は必要です。

消費者への最大5%のポイント還元

キャッシュレス・消費者還元事業では、キャッシュレス決済を行った消費者に対して、2%あるいは5%のポイントが還元されます。最大5%の還元は消費者にとっては大きなメリットになりますので、キャッシュレス決済をしたいと思う人はぐんと増えていきそうですね。このポイント還元も決済サービス事業者が消費者へ還元しますので、店舗側はポイント還元の負担もなく、安心してキャッシュレス・消費者還元事業に取り組めます。

キャッシュレス・消費者還元事業への加盟登録は可能な限り早めに

店舗側にとってもメリットが多いキャッシュレス・消費者還元事業ですが、冒頭でもお伝えしたとおり、2020年4月末まで加盟店申込をすることが可能です。まだキャッシュレス決済に対応できていない、まだ登録が済んでいないという方は、早めに申請を進めておきましょう!

【12月更新】今後のキャッシュレス・消費者還元事業のスケジュール

まず基本的なことですが、キャッシュレス・消費者還元事業への登録申請は、店舗から決済事業者を通じて行われます。すでにキャッシュレス決済を導入している店舗は、自店舗で取り扱っているキャッシュレス決済が、還元事業に登録されている決済事業者となっているか確認を行いましょう。

まだキャッシュレス決済を導入していない、もしくは決済事業者がキャッシュレス・消費者還元事業に登録されていない決済事業者だった場合は、登録されている決済事業者から自店舗に合っている決済サービスを選び、導入を進めるようにしましょう。

加盟店申請の基本的な手続きの流れ

詳細 日数
店舗から決済事業者へ申請し、決済事業者が事務局へ加盟店登録を申請 数日~2週間
加盟店IDを発行 数日
決済事業者が事務局へ、申請手続きを実施 数日~1カ月
システム連携・有効日設定~還元開始 2週間~1カ月程度

これだけ見ると、申請してから何カ月もかかるの?という風に思われるかもしれません。上記はあくまで手続きの目安として設定されています。12月~2月のスケジュールが発表されているので、こちらも見てみましょう。

12月~2月にかけた消費者還元開始日スケジュール

  • 12/6(17時)までに申請手続きが完了→12/21より還元開始
  • 12/13(17時)までに申請手続きが完了→1/11より還元開始
  • 12/20(17時)までに申請手続きが完了→1/21より還元開始
  • 1/6(17時)までに申請手続きが完了→2/1より還元開始
  • 1/17(17時)までに申請手続きが完了→2/11より還元開始

ここでいう申請手続き完了とは、決済事業者が事務局へ行った申請手続きが完了した、という時点になる。上の表の「3」の項目にあたります。店舗から決済事業者へ申し込みをした時点ではありませんので、ご注意ください。
たとえば、2/11までに還元を開始したいと考えるなら、最低でも2~3週間前には決済事業者へ申請する必要があるということですね。もちろん目安となりますので、確実な日数が知りたい場合は必ず決済事業者へ確認するようにしましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業の加盟登録ってどうすればいい?

ピピッとチョイスではキャッシュレス・消費者還元事業に関する店舗資格や、申請の流れについても過去ご紹介しています。より具体的な手続きや資格を知りたい方は、ぜひご覧ください。

>>【キャッシュレス・消費者還元事業】店舗が補助を受ける資格と申請の流れを解説<<

さらに注意ですが、キャッシュレス・消費者還元事業事務局より、複数のクレジットカード会社と契約している場合は原則、全てのクレジットカード会社に連絡し加盟店登録を行うよう注意喚起がされています。2社以上とクレジットカード加盟店契約を行っている場合は、各社へ連絡をしそれぞれで加盟店登録を行うようにしましょう!

【無料相談受付中】ピピッとチョイスでは、店舗のキャッシュレス決済導入(QRコード、電子マネー、クレジットカード)に関する無料相談を承っています。キャッシュレス・消費者還元事業に関するご相談や、対象の決済サービスご紹介も可能です!無理な営業など一切なく、お店の相談に乗りながら適切な決済サービスをご選定・ご紹介しています。お悩みの方はぜひご利用ください!

まとめ

消費者側にも店舗側にもメリットがある「キャッシュレス・消費者還元事業」は、2019年10月1日~2020年6月末日という9か月間の支援制度です。9か月間の期間中しっかり制度を活用して、売上アップに繋げたいと考えている店舗も多いのではないでしょうか?店舗として最大限この制度を活用するためにも、未導入の店舗はぜひ早めに申し込み申請手続きを行ってくださいね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み