「キャッシュレス決済」の種類と違いを、出来るだけかみ砕いて解説します!

キャッシュレス決済化の動きが進むなかで、現在までに様々なキャッシュレス決済の種類が登場しています。クレジットカード決済や電子マネー、スマホ決済など、その種類は多岐に渡ります。
今回は各キャッシュレス決済の特徴やお金の流れ、店側にとってのポイントなどを、わかりやすくご紹介していきます!

そもそもキャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、会計の際に「現金でのやり取りを行わない決済手段」ということを意味します。クレジットカード決済やスマホ決済、電子マネー決済などの場合、目に見える現金でのやり取りは行われませんよね。こういった現金でのやり取りを行わないキャッシュレス決済の種類が、日本でも確実に増えてきているのです。

海外では、キャッシュレス決済が浸透しているということをよく耳にしますが、経済産業省によると、キャッシュレス決済化が進んでいる各国では40-60%の高い比率である一方で、日本では約20%にとどまっている状態ということがわかっています。
(参考資料:「キャッシュレス・ビジョン」経済産業省)
世界各国でキャッシュレス決済化が進んでいる状況を踏まえて、日本も2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%とする目標を設定しています。

キャッシュレス決済の種類

日本におけるキャッシュレス決済の種類には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。また、それぞれのキャッシュレス決済を行った際に、どのタイミングでお金が動いているか、店舗側の対応や導入コストにも触れながら、ご紹介していきます。

クレジットカード

日本のキャッシュレス決済のなかで、圧倒的に多い手段がクレジットカードです。クレジットカードがあれば、世界共通で使えることも利用率の高さに影響しています。ほかにも、ポイントやマイルを貯めることができることも魅力の一つではないでしょうか。

クレジットカードを使った場合、各クレジットカード会社が定める日にちに口座からお金を引き落とされるようになっているため、お金の動くタイミングとしては「後払い」となります。また、クレジットカードでは支払い回数を選べたり、ボーナス払いなども選べるようになっています。後払いなので、その時点で自分が持っている以上の金額の決済が可能でという面も特徴としてありますね。

また店舗側は、クレジットカード決済の場合、クレジットカード会社に対して手数料を支払います。しかしクレジットカード決済を行うことで、より大きな売上や集客に繋がるため、これらの手数料をデメリットとしては考えにくいでしょう。

>>キャッシュレス決済の導入無料相談はこちら<<

デビットカード

デビットカードは、銀行が発行したカードを活用したキャッシュレス決済サービスです。クレジットカードにも似ているようですが、支払いのタイミングが異なります。

デビットカードで決済をすると、そのデビットカードに紐付けした銀行口座から、利用した分の金額が「即時」引き落としされるようになっているのです。クレジットカードとは違い、使った分がそのまますぐに口座から差し引かれるので、お金の管理がしやすいという面がありますね!

デビットカードでは、お店側(デビットカード加盟店)がカード発行会社側に手数料を支払います。この手数料を払うことで、顧客であるデビットカード利用者の手数料等が賄われているのです。

電子マネー

交通系電子マネーやnanacoに代表される電子マネーは、決済する際に専用端末にカードをかざして決済を行います。すぐに決済が完了するので、非常に簡単でスムーズな決済方法ですよね!SuicaやPASMOなどは交通機関やコンビニでも利用できるので、子どもからお年寄りまで、様々な世代で利用されています。
電子マネーでは「事前」にお金を入金(チャージ)することで利用できるようになっていて、入金した分しか使えないため、使い過ぎるといったことも防ぎやすいのではないでしょうか。

加盟店側としては電子マネー決済を行う場合、専用端末の用意と決済手数料が発生する仕組みになっています。それでも電子マネーが幅広い世代で使われていることを考えると、導入メリットは大いにあるでしょう。また複数の電子マネー決済やクレジットカード決済に対応したPOSレジなども登場しているので、こういったものを導入することで、さらなる集客のきっかけにもなりますね。

スマホ決済

スマホ決済については複数の種類があります。代表的なものとしてQRコード決済とスマホ認証決済をご紹介します。

PayPayなど、アプリを入れてQRコードなどで使える「QRコード決済」

現在では「PayPay」や「d払い」や「LINE Pay」、「楽天Pay」などが人気QRコード決済として注目されており、一度は耳にしたことがあるサービス名もあるのではないでしょうか。

QRコード決済では、①利用者がQRコードを専用端末にかざして決済を行う場合と、②店側が用意(提示)したQRコードを、利用者が自分のスマホで読み取って決済を行う場合という、2種類のパターンがあります。

お金が動くタイミングについては、各QRコード決済アプリに銀行口座やクレジットカードを登録しておくものの他に、サービスによっては事前入金(チャージ)をしておくこともできます。それぞれのタイミングに応じてお金が動く仕組みとなっています。
各QRコード決済サービスでは、定期的にキャンペーンやポイント還元なども行っている場合もあるので、お得に使えるキャッシュレス決済でもあります。
QRコード決済を店舗側に導入する場合は、インターネット環境と専用端末を用意します。そして導入後は、基本的には決済手数料と売上金の振込手数料を支払わなければなりません。それでも、多くの顧客を集客し、売上に繋がることが予想されているため、導入する店舗が増えてきています。

QRコード決済の主要4サービスである「LINE Pay」「楽天ペイ」「Origami Pay」「PayPay」の比較記事もあわせてごらんください

QRコード決済の主要4サービスを徹底的に比較してみた!手数料から導入メリットまで

Apple PayやFeliCaなど、「スマホで認証が行える決済」

スマホで認証を行う決済方法は、スマホをかざすだけで決済が可能となる画期的な決済手段です。スマホにSuicaや各クレジットカードを登録すれば、そこから支払いが行われるようになっているため、いちいちカードを取り出さなくても決済ができるという仕組みになっています。

これらの代表的なサービスが、おサイフケータイ(Felica)です。Felicaは、Androidのみの対応としてきましたが、ついにiPhone7以降にもその機能が搭載されました。それが「 Apple Pay」として、おサイフケータイと同様のサービスが利用可能となっているため、ますます注目が高まっています。
これらの最終的な支払いは、基本的に登録してあるクレジットカードとなりますので、「後払い」となりますが、Suicaなどに関しては、一部のICカードリーダーなどで現金を使ってチャージすることも可能です。

店舗側は各決済に対応した端末を用意します。すでに端末がある場合には、該当のサービスに対応しているものかを確認してみましょう。仮にコストがかかるとしても、電子マネーやクレジットカードによる集客や売上を考えると、導入するメリットはあるのではないでしょうか。

POSAカード

コンビニや家電量販店などの入り口付近や、目立つ場所で陳列しているカードをPOSAカードと言いますが、こちらもキャッシュレス決済のひとつです。
POSAカードには、iPhone内でのApp Storeやi tunesで使えるもの、Android内でのGoogle Playで使えるもの、amazonや楽天市場、百貨店で使えるものなど、多くの種類があります。

あらかじめ1,000円、3,000円といった、金額が設定された(もしくは金額を設定して)POSAカードを購入することになるため、「事前」の支払いとなりますね!

他のキャッシュレス決済と比較すると、口座番号やクレジットカードなどの個人情報を登録する必要がないため、手間がかからず安心して使えるキャッシュレス決済とされています。POSAカードを販売する店舗側は、レジで決済を完了させることができるので、専用端末の導入は必要ありません。レジを通して決済を完了させることで、初めてその金額の価値が有効化される仕組みになっているため、盗難や在庫を抱え過ぎるといったリスクも少ないことが魅力です。
また、話題のサービスやコンテンツなどに対応しているPOSAカードを取り扱うことで、集客に繋がる可能性もありますよね!

まとめ

今回は各キャッシュレス決済のサービスについて、出来るだけわかりやすくご説明してみました。

日本においては、キャッシュレス決済化の動きが進むなかで、様々なキャッシュレス決済サービスが乱立している状況でもあります。それぞれの特徴を理解した上で、店舗側にとっても顧客側にとっても、より便利で使いやすいキャッシュレス決済サービスを探してみる必要がありそうですね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み

関連タグ