キャッシュレス化が遅れている地域を支援する『地域Pay』(ちいきペイ)

凸版印刷株式会社は、全国の自治体や商店街向けにスマホ決済・電子マネー・納付金・観光客向けのクーポン発行など、あらゆる決済サービスを可能にした決済プラットフォーム「地域PayTM(チイキペイ)」を、2019年5月22日より提供開始することを公表しました。地域Payを導入することで、決済を切り口とした地域の観光誘致や消費活性化につながると見込まれています。そこで今回は地域Payの気になるリリース内容についてご紹介します。

地域Payとはどんなサービス?

地域Payとは、具体的にどのようなサービスなのでしょうか。今回リリースされた地域Payの内容や価格についてお伝えします。

地域Payについて

地域Payは、自治体や地域の商店街に向けて、独自の電子マネー・商品券・ポイント・給付金・クーポン発行など複数の決済サービスを、地域の特長に合わせてまとめてデジタル化するサービスです。
決済情報をデジタル化すると、自治体や商店街などは「地域Pay」を導入するだけで簡単にキャッシュレス化が可能になります。さらにユーザー側は、1つのカードやスマートフォンのみで各種決済サービスをキャッシュレスに利用することができます。このようなサービスの実現を可能にしたのは、凸版印刷株式会社と富士通エフ・アイ・ピー株式会社が共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」のシステムが活用されているからです。

サーバ管理型プリペイドASPサービスとは、クレジットカードやハウス電子マネー、プリペイドカードなどの残高管理・履歴管理・プロモーションサポートなどをワンストップで提供するサービスです。地域Payの導入により、地域の購買促進や観光誘致など今後の地域の活性化に繋がると期待されています。

地域Payの価格

地域Payは、導入する事業者のキャッシュレス推進支援のため、運用におけるコストを抑えて提供される予定です。初期導入費用・カード発行・アプリ開発費用などにおいては、見積もりが必要となります。また、プラットフォームの保守を含めた管理運用費用は月額数万円程度だといいます。

キャッシュレス化が遅れている地域を支援

現在日本では、韓国や中国などに比べてキャッシュレス化が遅れています。そのため経済産業省が挙げる「キャッシュレスビジョン」に基づき、2025年までに40%までのキャッシュレス化に向けて、国内のあらゆるところでキャッシュレス決済の利用環境整備体制が急速にすすんでいます。すでに街中の飲食店や小売店では、キャッシュレス決済サービスを導入している店舗が増えてきている一方、地域の商店街や中小商店においてキャッシュレスサービスの導入は、手数料や決済端末のコストが負担となり、なかなか整備が整わないことが課題となっていました。

そこで凸版印刷は「地域Pay」を通して、地域のキャッシュレス化を進めることで、地域の課題解決をサポートしていくため、今回のサービス提供に至りました。今後の目標として、凸版印刷は「地域pay」をはじめとしたキャッシュレス決済関連のサービスを2020年までに50億円まで目指しているそうです。

地域Payの特長

地域Payは、決済基盤「サーバ管理型プリペイドASPサービス」のシステムを利用し、以下のようなさまざまなサービスを可能にします。

地域マネー

地域内の商店限定で利用できるプリペイド式の電子マネーです。購買促進と住民の買い物をする際の決済手数料流出を削減可能にします。

お買物ポイント

スマートフォンのアプリに表示されたQRコードで買い物をした場合、ポイント付与や利用をすることができます。

商品券や給付金の電子化

商品券といえば紙のタイプをイメージすると思いますが、デジタル化をすることで利用時の回収業務や集計、生産業務の負担を減らし、運用におけるコスト削減を可能にします。さらに、データ化されているため商品券発行の効果検証も可能です。

自治体ポイント

地域で行われるボランティアや健康関連のイベントなど行政サービスを利用することで、ポイント付与してくれるポイント制度を設けることで地域の活性化を支援します。

観光カード

地域内の観光施設の入場チケットとセットになったプリペイド機能が付いた観光カードを提供し、地域外からの観光客にも来てもらいやすい環境にします。

まとめ

今回は自治体や地域の商店街にむけた決済プラットフォーム「地域Pay」についてご紹介しました。
コストの問題でキャッシュレス化の導入にとどまっていた地域の個人商店や企業などでは、この「地域Pay」の導入により一気に明るい兆しがみえてきました。まもなく開催されるオリンピックや大阪万博に向けて、ますます増加する訪日観光客の誘致も可能になります。「地域Pay」の提供開始は、今後のキャッシュレス時代に向けて強力な後押しとなるでしょう。

※メイン画像は凸版印刷webサイトより引用

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み