中国人がQRコード決済を使う理由。日本での普及はどうなる?

中国では今、QRコード決済が広く浸透しています。出かけるときにはお財布を持たず、スマートフォン(スマホ)ひとつで買い物できる環境が整っているのです。急速にキャッシュレス大国になった中国の現状とその背景、そして日本のQRコード決済の今後について考察していきたいと思います。

QRコード決済についての基礎知識や疑問

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

業種から見るおすすめQR決済サービス

中国ではQRコード決済が主流!

中国ではQRコード決済が広まり、お財布を持たずに出かける人が増えています。スマホによるQRコード決済の方法には、「消費者提示型」と「店舗提示型」の2つがあります。消費者提示型は顧客がスマホに支払用のQRコードを表示させ、店舗がタブレット端末などでQRコードを読み取ります。店舗提示型は店用のQRコードを印刷したりタブレットに表示させ、顧客にスマホで読み取ってもらうやり方です。

中国では「アリペイ」と「WeChat Pay」が2大巨頭

中国ではアリババグループの「Alipay(アリペイ/支付宝)」とテンセントの「WeChat Pay(ウィーチャットペイ/微信支付)」が2大勢力として台頭しています。サービスを開始したのはアリペイの方が先ですが、メッセージアプリとして絶大な人気を誇るWeChatの決済機能「WeChat Pay」は、既存ユーザーへのアプローチが功を奏し、今やアリペイに追いつかんばかりの勢いでシェアを伸ばしています。

どうしてこんなに使われるの? その背景とは?

中国では何故こんなにもQRコード決済がメジャーになったのでしょうか? まず背景の1つに現金への不信感が挙げられます。中国では今も偽札が横行しており、現金に対する信用が失墜しています。QRコード決済は偽札をつかまされる心配がないため、現金よりも信頼が厚いのです。

またアリペイやWeChat Payは、アプリを通じて収集した個人情報や決済情報をもとに、AIが個人の信用を格付けをするシステムを導入しており、このスコアが高いほど優遇される仕組みがあります。例えばスコアが高い方がより多くの借入れができたり、家を借りるときに敷金が不要になったりします。アプリを積極的に使うと、スコアが上がってさまざまな特典が受けられることから、利用頻度が増えるという構造が生まれています。

日本にもじわじわとQRコード決済の波が

世界的にもキャッシュレス化は進んでいます。欧米ではクレジットカードやデビットカード払いが主流ですし、お隣韓国のキャッシュレス比率は90%を超えています。観光庁の調査によると、訪日外国人の多くが日本で現金しか使えないことに不満を感じており、観光立国を実現するためにもキャッシュレス化を急務としています。

日本には高い偽造防止技術があり、現金に対する信用が厚いため、おサイフケータイなどの先端技術がありながら、なかなか浸透させることができていません。またクレジットカードや電子マネーは高額な専用端末を用意しなければならないため、小規模店舗での導入が難しい現状もあります。

経済産業省が2018年4月に発表した「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年の大阪・関西万博に向けてキャッシュレス決済比率40%を目標に掲げています。スマホを利用して比較的安価に導入ができるQRコード決済は、キャッシュレス決済普及の足掛かりとして注目を集めています。LINEやソフトバンクなどもQRコード決済の普及促進のため、決済手数料を無料にするなどの施策を打ち出しており、今後の動向が気になるところです。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

日本は今すぐにQRコード決済が浸透する土壌とは言えません。しかし、キャッシュレス化することでビッグデータの活用がしやすくなったり、スキミング被害のリスクを軽減できるなど、さまざまなメリットが考えられます。世界の波に乗ってキャッシュレスに転じるのか、はたまた携帯電話ようにガラパコス化してしまうのか、世間の動きから目が離せません。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら