マルチ決済サービス「クラウドペイ」がリリース!何ができる?

株式会社デジタルガレージ(以下DG)を中心としたDGグループは2019年5月16日、店頭に設置したQRコードを消費者がスマートフォンで読み取って支払う、読み取り支払い型のマルチQRコード決済ソリューション「クラウドペイ」の提供を開始しました。

「クラウドペイ」最大の特徴は、d払いのほか、LINE Payやメルペイ、Alipay、WeChat Payなど、数多くあるQRコード決済サービスにおける店舗掲示QRコードを一本化できるということ。どこのQR決済サービスを導入してよいか分からない店舗や、導入による負担を懸念している店舗にうってつけのサービスともいえます。

では、このマルチ決済サービス「クラウドペイ」を導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

クラウドペイはユーザースキャン式

現在あるQRコード決済サービスには、店舗側に掲示してあるQRコードをお客側のスマホで読み取り決済をするユーザースキャン式(MPM:Merchant Presented Mode)と、お客様側のスマホに表示されたコードを店舗側が読み取るストアスキャン式(CPM:Consumer Presented Mode)の2種類があります。

コンビニやスーパーなどのチェーン店においては、POSシステムとの連携が必要なため、ストアスキャン式を採用していますが、今回提供を開始した「クラウドペイ」は、ユーザースキャン式を採用しており、基本的にはPOS端末が入れられない小中規模店舗向けのソリューションといえます。PC、スマホ、タブレットのいずれかに「クラウドペイ」の加盟店専用アプリをインストールするだけ。アプリから決済状況の確認やキャンセル、売り上げの管理も一括して行えます。

クラウドペイ導入のメリット

それでは、クラウドペイの導入のメリット・できることなどを見ていきましょう。

複数の決済が一つのQRコードにまとまる

複数のQRコード決済サービスを別々に導入すると、店舗側ではレジに複数のQRコードを設置することになります。利用者に応じて読み取るQRコードが違うとなると「従業員の手間が増える」「レジ待ち時間の短縮ができない」など、運用に支障をきたすことが予想されます。

「クラウドペイ」を導入すれば、複数のQRコード決済サービスを1つのQRコードにまとめることができるので、レジ回りもスッキリ。お客が利用したいサービスのアプリから設置された1つのQRコードを読み取るだけなので、従業員の手間も省け、レジの流れもスムーズになります。

各QRコード決済の加盟店審査がワンストップ

複数のQRコード決済サービスを別々に契約するには、もちろん別々のお申込みと審査が必要になります。クラウドペイと加盟店契約するとお申込みも審査も1つにまとめられ、複数の支払い方法を一括して導入することができます。

初期費用・月額固定費 0円

StarPayでは、導入にあたってモバイル決済端末代金やBIGLOBEモバイル初期費用、さらに専用モバイル回線費用として月額費用もかかります。しかし「クラウドペイ」なら専用の決済端末や専用回線が不要なので初期費用も月額費用も0円。導入費用にお悩みの店舗でも安心して導入に踏み切れます。

加盟店手数料は一律 3.24%

通常ではそれぞれの決済サービスごとに加盟店手数料もバラバラで、複数の決済サービスを別々に契約すると、経理業務の負担になりがち。「クラウドペイ」では決済手段に関わらず「クラウドペイ」から一括入金されるほか、加盟店手数料も一律の3.24%となります。入金タイミングの違いや手数料の違いによる経理業務の煩雑化を防ぐことができます。

加盟店手数料3.24%は最近のスマホ決済では、比較的高い水準とはなりますが、クラウドペイは10月からスタートする「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画しています。
キャッシュレス・消費者還元事業の期間中である2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)は、決済手数料の1/3を国が補助してくれます。
約9か月の期間ではありますが、手数料を抑えることができるので、このタイミングでクラウドペイを導入するのは店舗にはメリットが大きいと言えます。

ある程度手数料はかかりますが、契約とサポート、支払いとQRコードの一本化が図れ、対応決済サービスを増やせることはクラウドペイの強みともいえます。

取り扱い決済サービスのラインナップ

現在「クラウドペイ」で対応となるQR・バーコード決済サービスは以下が挙げられています。

  • d払い®
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Alipay
  • WeChat Pay

なおAlipay、WeChat Pay、メルペイ、LINE Payについては順次対応とされています。今後も対応サービスは増加すると思われ、QRコードの共通化に期待が寄せられています。

まとめ

近年、さまざまなQR・バーコード決済サービスが乱立しており、導入時に個別のQR・バーコード決済サービスとの契約や、店頭で各サービスごとのQRコードを設置する必要があるなど、加盟店の負担が懸念されています。

今回「クラウドペイ」のリリースにより、加盟店は個別の契約や経理業務の負担などの問題が解決されるほか、どのQRコードを読み込むのか消費者を悩ませることもなくなります。DGグループもより利便性の高いサービスを提供すべく、今後も「クラウドペイ」へさまざまなQR・バーコード決済サービスを搭載していく予定としています。

マルチ決済サービス「クラウドペイ」。今後の動向についても目が離せません。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み