「コイニー」「スクエア」「エアペイ」クレカ導入サービス3社を徹底比較!

訪日外国人観光客の増加や、2019年10月の消費税増税の影響で、現金払いが主流であった日本から、少しずつキャッシュレス決済を利用するように変化しています。
消費者だけでなく店舗の中でも、クレジットカード決済導入サービスを利用している店舗が多く、今や導入していない店舗を見つける方が難しいと言えるくらい浸透しています。
数あるキャッシュレス導入サービスの中でも、新店舗や未導入の店舗が導入を検討する際に、必ずと言っていいほど選択肢にでてくるのが「コイニー」「スクエア」「エアペイ」です。
初めて選ぶ人にとっては、どれも似たり寄ったりの機能に思え、どれを選んでいいかわからない思う方も多いのではないでしょうか。
今回はクレジットカード決済導入サービスの中でも人気の「コイニー」「スクエア」「エアペイ」の3社について比較していきますので、検討されている店舗の方は是非参考にしてみてください。

「コイニー」「スクエア」「エアペイ」とは

まずは、「コイニー」「スクエア」「エアペイ」3社のサービス概要について見ていきましょう。

「Coiney(コイニー)」とは


引用:コイニーホームページ

2013年にサービスを開始した「Coiney(コイニー)」は、コイニー株式会社が提供するマルチ決済サービスです。
2020年4月より、サービスブランド名称を「Coiney(コイニー)」から、グループ会社であるストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社が提供しているサービス「STORES.jp」とともに「STORES(ストアーズ)」に変更になることが発表されています。
「コイニー」はクレジットカード決済に対応しているだけでなく、電子マネーや中国で多くの人に利用されているQRコード決済サービスの「WeChat Pay」にも対応しているので、インバウンド対策にもなる決済サービスです。
「コイニー」で決済を行うとすぐにクラウドに同期されるので、離れた場所からでも決済の状況を確認することができます。さらにスタッフのアカウントを増やすと、複数のスタッフで決済ができるようになるほか、コンパクトな端末で持ち運びも簡単なので、テーブル決済や配達時の決済にも利用ができます。

さらにコイニーでは、2020年7月1日(水)~2020年12月31日(木)の期間、条件をクリアすれば手数料が実質2.16%になる「のっトク!キャンペーン」を実施しています。気になる条件ですが、対象期間中に、決済金額額が20万円以上となった月の売上については、決済手数料を2.16%として計算し、コイニーが差額分のキャッシュバックを行います。申し込み期限は、2020年4月30日(木)までになりますので、検討されている方は早めの申し込みをおススメします。

▼Coiney(コイニー)のwebサイトはこちら▼

入金サイクル

コイニーは、月に1回の「自動入金」もしくは、月6回の締め日に対して振込依頼をする「手動入金」の2つの入金方式から選ぶことができます。「自動入金」で20日が土日祝日の場合は、翌営業日に入金されます。「手動入力」の場合、振込依頼の手続き後1~2営業日以内に入金され、土日祝日の場合は開けの2営業日以内となります。

入金サイクル 月1回の自動入金または、月6回の手動入金
自動入金の場合 1日~末日の売上→翌月20日入金
手動入金の場合 月6回の締め日があり、
締め日から最短10日後に振込依頼が可能
締め日→毎月5日、10日、15日、20日、25日、末締め
振込手数料 10万円未満→200円
10円以上    →無料

コイニー公式サイトはこちら

「Square(スクエア)」とは


引用:Squareホームページ

スマートフォンにカードリーダーを装着するだけで、クレジットカード決済ができる「Square(スクエア)」は、気軽に導入できるクレジットカード決済導入サービスとして利用する店舗が増えつつあります。
登録はウェブやアプリから数分ででき、最短で当日からの決済が可能になるので、忙しい店舗やすぐに利用を開始したい方にピッタリの決済サービスです。「スクエア」は月額料金や振込手数料、解約料もないので、誰でも長期的に利用しやすくなっています。
対応している決済方法はクレジットカードのみとなっていますが、ICチップつきクレジットカードや磁気テープ付きクレジットカード、タッチ決済にも対応しています。
またスクエアの決済端末である「Square Reader」は、EMV準拠をクリアしたICカードリーダーなので、セキュリティ面も安心です。

入金サイクル

「スクエア」は、登録している銀行口座によって入金サイクルが違いますので、登録する銀行口座を確認しておきましょう。

三井住友銀行または、みずほ銀行の口座を登録の場合 決済日の翌営業日に振込
その他銀行口座を登録の場合 水曜日締め→同じ週の金曜日に合算で振込
振込手数料 無料

スクエア公式サイトはこちら

「Airペイ(エアペイ)」とは


引用:Airペイホームページ

株式会社リクルートライフスタイルが運営している「Airペイ」は、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、ポイントの全29種類の決済サービスに対応できるマルチ決済です。iPadまたはiPhoneと、専用のカードリーダー1台で簡単に利用することができます。

2020年3月31日(火)まで、導入に必要であるiPadと専用カードリーダーが0円で手に入れることができる「キャッシュレス0円キャンペーン」を実施しています。iPadはなくなり次第終了となりますので、早めの申し込みをおススメします。

入金サイクル

「Airペイ」の振込回数は、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の振込口座であれば月6回、その他金融機関は月3回の振込になります。ただし、ゆうちょ銀行は利用できませんので注意しましょう。なお振込手数料は、どの銀行でも無料になります。

振込設定口座 対象期間 締日 入金日
みずほ銀行

三菱UFJ銀行

三井住友銀行

前月末日~4日 5日 10日
5日~9日 10日 15日
10日~14日 15日 20日
15日~19日 20日 25日
20日~24日 25日 末日
25日~末日前日 末日 翌5日
その他の銀行 前月末日〜9日 10日 15日
10日〜19日 20日 25日

Airペイ公式サイトはこちら

対応しているクレジットカード・電子マネーブランドで比較

「コイニー」「スクエア」「エアペイ」は、いずれもクレジットカード決済に対応しているサービスですが、具体的にどのブランドに対応しているのか気になりますよね。3社の対応ブランドは、以下の通りとなっています。(2020年3月現在)

コイニー スクエア エアペイ(エアペイQR、エアペイポイントを含む)
クレジットカード VISA
Master Card
JCB
American Express
Diners Club
Discover
SAISON CARD
VISA
Master Card
JCB
American Express
Diners Club
Discover
VISA
Master Card
JCB
AMERICAN EXPRESS
Diners Club
Discover
UnionPay(銀聯)
電子マネー Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
※「Apple pay」「Google Pay」は、Suicaに紐づいている場合のみ利用可能。
対応なし Kitaca
Suica
PASMO
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
apple Pay
iD
QUICPay
QRコード WeChat Pay(微信支付) 対応なし Alipay
WeChat Pay
ⅾ払い
PayPay
LINE Pay
au PAY
ポイント 対応なし 対応なし Tポイント
ⅾポイント(2020年4月~)
Ponta
WAON POINT

3社とも、クレジットカード主要ブランドは網羅しています。対応ブランドがもっとも多いのは「エアペイ」でした。全29種類の決済・ポイントサービスに対応している点は強みだと言えますね。特に中国で利用されている「銀聯(UnionPay)」も使える点は、インバウンド対策の点でも魅力だと言えます。

注意頂きたいのが、「エアペイ」でQRコード決済を利用するには、別途「AirペイQR」へのお申込みが必要です。ポイントサービスを利用する場合も同様に、「Airペイポイント」への申し込みを行ってください。エアペイに申し込めば自動的にQRコード、ポイントまで利用できるようになるわけではない点はしっかり認識しておきましょう。

Airペイ公式サイトはこちら

導入時に必要な専用端末・機器の価格で比較

「Coiney(コイニー)」導入・利用機器の価格

決済端末代:19,800円(税込)

通常時の決済端末代は、上記となります。ですが、2020年4月30日 (木)まで実施の「タダノリキャンペーン」で決済端末代が無料で導入できます。以下の条件を満たした方がキャンペーンの対象になります。

・新規でコイニーの申し込みの方
・コイニー経由で「キャッシュレス・消費者還元事業」対象外の方
・対象期間に加盟店審査(クレジットカード取り扱い一次審査)を通過された方

スマートフォン・タブレット:店舗側が用意

店舗側で用意したスマートフォンやタブレットに、Coineyアプリをインストールして利用することができます。

プリンター:必要であれば別途購入

コイニーでは、取引情報やサインをデジタルレシートで保存することができます。取引の控えは管理画面からメールで送ることができます。
もしレシートを印刷したい場合は、対応のBluetoothプリンタを購入すると印刷が可能です。

コイニー公式サイトはこちら

「Square(スクエア)」導入・利用機器の価格

決済端末代:7,980円

スクエアは「決済端末実質無料キャンペーン」を行なっています。条件を満たした方は、無料でスクエアの決済端末である「Square Reader」の導入が可能です。決済端末がなくなり次第キャンペーンは終了になりますので、早めの導入をオススメします。条件は下記になります。

・キャッシュレス・消費者還元事業のフォームを入力した方
・対象期間内にSquare公式オンラインショップで「Square Reader」を通常販売価格(7,980円)で購入した方
・Square Readerを購入してから90日以内に、実際に「Square Reader」を使って合計決済額が10,000円を超えた方
・適正なキャッシュバック申請を完了された方

「Square Reader」はフル充電にしておけば、一日中決済を受け付けることが可能な端末なので、外に持ち出しても安心して決済が可能です。

スマートフォン・タブレット:店舗側が用意

用意したスマートフォンやタブレットを「Square Reader」に接続するだけで利用ができるシンプルなものです。

プリンター:必要であれば別途購入

レシート情報については、お客様のメールアドレスに送信することもできます。紙のレシートが必要であれば、別途プリンターが必要になります。

スクエア公式サイトはこちら

「Airペイ(エアペイ)」導入・利用機器の価格

専用カードリーダー:20,167円(税込)

Airペイでは、新規でAirペイを申し込みいただいた中小・小規模事業者を対象に、同時にキャッシュレス・消費者還元事業に登録申し込みできる「キャッシュレス0円キャンペーン」を実施しています。iPadと専用カードリーダーが0円で利用できます。キャッシュレス・消費者還元事業の登録の締め切りは、2020年3月31日(火)までですが、iPadはなくなり次第終となります。
また「キャッシュレス0円キャンペーン」が対象外の場合も、カードリーダーが0円になる「0円スタートキャンペーン」をしています。お申込み月の6か月後の月末までに審査を通過していること、「Airペイ」に新規の申し込みをされている方が対象になります。

iPadまたはiPhone:店舗側が用意

お手持ちのiPadまたはiPhoneのみが利用でき、Android端末は利用できません。
用意したiPadもしくはiPhoneにAirペイのアプリをダウンロードし、決済時の金額入力を行います。

プリンター:必要であれば別途購入

「Airペイ」で利用できるプリンターは、Bluetoothインターフェースタイプの機種のみ対応しており、必要であれば審査完了後にAirペイ管理画面から購入ができます。

Airペイ公式サイトはこちら

導入後のサポート体制で比較

「Coiney(コイニー)」のサポート体制

コイニーのサポート対応は、電話もしくはメールで平日10:00~18:00の間受けてけています。平日のみと限定的ですが、電話が繋がりにくいということもなく、トラブルの際も安心して利用ができます。

「Square(スクエア)」のサポート体制

スクエアでは、電話での問い合わせは月曜日から土曜日の10:00~18:00(日祝日、年末年始・臨時休業日は休業)、メールは24時間いつでもサポートを受け付けています。ちょっとした質問であれば、アプリ内からヘルプセンターを検索すると動画チュートリアルなどを見ることができます。

「Airペイ(エアペイ)」のサポート体制

エアペイのヘルプデスクは、年中無休で9:30〜23:00のあいだ受け付けています。電話だけでなく、問い合わせフォームやチャットからサポートもしてもらえるので安心です。問い合わせフォームからの問い合わせは24時間365日、チャットでは9:30〜20:00のあいだ対応してくれます。

各社の特長・強みで比較

ここからは、ピピッとチョイスが考える各社の特長・強みについてご説明していきます。

「Coiney(コイニー)」の特長・強み

「のっトク!キャンペーン」で決済手数料が実質2.16%に

コイニーの強みとして、現在実施している「のっトク!キャンペーン」があります。このキャンペーンでは、「キャッシュレス・消費者還元事業」が終了する2020年7月以降の決済手数料負担が軽減され非常にお得です。
「のっトク!キャンペーン」では、クレジットカード(VISA・MasterCard)や交通系電子マネーの決済手数料が、通常3.24%~3.74%のところ実質2.16%で利用できます。決済手数料を2.16%として計算し、後日コイニーがキャッシュバックを行います。
クレジットカード利用の決済は、高額決済に利用されやすいという傾向があります。店舗としてはお客様の購買金額が高くなることは歓迎したいところですが、その分かかる手数料負担については頭が痛いところかもしれません。ですが、コイニーの「のっトク!キャンペーン」を利用することで、こうした負担も軽減されますし、もちろん店舗の利益アップにも繋がります。

「のっトク!キャンペーン詳細」
・申し込み期間
2020年2月3日(月)~2020年4月30日(木)23:59の申し込み分まで

・対象期間
2020年7月1日(水)~2020年12月31日(木)までで、月の合計売上が20万円以上の月

・対象となる決済サービス
VISA・MasterCard・交通系電子マネー
※JCB、アメリカン・エキスプレス、Diners Club、Discover利用分は対象外

・キャッシュバック期間
2020年7月~9月決済分:2020年10月中旬キャッシュバック
2020年10月~12月決済分:2021年1月中旬キャッシュバック

▼Coiney(コイニー)のwebサイトはこちら▼

「ビジネスコネクト」で複数店舗管理も円滑に

通常のコイニーの端末に追加開発を加えて、決済業務にまつわるコンサルティングや機能拡張ができる「ビジネスコネクト」は、主に複数の店舗を持っているオーナー向けのサービスになっています。

・複数店舗管理機能・スタッフ管理
複数店舗の売上・入金情報などが一括で管理できるので、スタッフの打ち間違えや、見間違いを防ぐ効果があります。
また店舗の数が増えると従業員の数も増えるので、そういったスタッフ管理も「ビジネスコネクト」ならしっかり対応してくれます。

・API連携
店舗情報を登録して、各店舗の情報を一元管理できたり、決済システムと基幹システムが連携できるので、売上金の手入力やExcelでの集計作業などが不要になります。

・支払い方法の追加
ビジネスコネクトでは、2回以上の分割払いが出来るようになります。分割払いを導入できるのは、今回紹介する3つのサービスのなかでもコイニーだけです。
業種によっては客単価が高いものがあるので、分割払いを希望するお客様のニーズ答えることができます。ただし対象のカードブランドは、VISAとMaster Cardのみになります。

・決済モジュール連動
コイニーのビジネスコネクトは、独自mPOS、業務システムへのキャッシュレス決済機能の提供が可能です。
これにより自社で独自の決済サービスをお持ちの方は、コイニーに連動させることができます。この連動サービスを「CoinyKit」といい、自社で開発したPOSレジシステムをベースに「CoinyKit」読み込むことで、POSシステムに再度手入力で打ち込み直す必要がなくなります。

「請求書払い」にも対応で継続課金ビジネスにも

継続課金ビジネスに活用できる部分も、コイニーの魅力のひとつです。店舗の決済用のウェブページを作成し、請求書の作成や入金の確認作業もできる「Coineyペイジ」(2020年4月以降は「STORES請求書決済」に名称変更)では、月会費があるジムや塾にも活用することができます。
店舗側は、お客様のメールアドレス宛に「Coineyペイジ」で作成したURLを送信し、お客様はそのURLから簡単にスマートフォンで決済をすることができます。
また「Coineyペイジ」は、英語・繁体字中国語・簡体字中国語・韓国語・タイ語の多言語に対応しているので、インバウンドをはじめ幅広いお客様の決済に役立てることができます。
ただし対象となるクレジットカードブランドは「Visa」と「MasterCard」になりますので注意しておきましょう。

コイニー公式サイトはこちら

「Square(スクエア)」の特長・強み

必要なのはモバイル端末とカードリーダーというシンプルさ

「スクエア」を導入する際に必要なものは、モバイル端末とカードリーダーである「Square Reader」の2つのみです。
「Square Reader」は、片手に乗るコンパクトなサイズ感が特徴で、セキュリティ性の高いICチップ付きカードの読み込みや磁気カードの読み込みも可能です。キャンペーンが適用されれば、無料で「Square Reader」を手に入れることができるので、モバイル端末を既にお持ちの方は、初期費用をかけることなく「スクエア」の導入ができます。

入金は最短翌日で安心

「Square(スクエア)」は、入金サイクルが最短翌日で非常に早いのが特長です。入金サイクルが早いと、すぐに売上金を手にすることができるので安心ですね。さらに入金手数料がかからないこともメリットです。

Square POSと合わせて利用がおすすめ

無料で利用できる「Square POSレジ」と「Square Reader」を繋げることで、クレジットカード支払いだけでなく、売上データの分析や在庫状況も確認できるので決済周りの業務を「スクエア」ひとつで管理するこができます。

スクエア公式サイトはこちら

「Airペイ(エアペイ)」の特長・強み

全29種類の決済サービスに対応

「Airペイ(エアペイ)」は、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済のほかポイントサービスの全29種類の決済サービスを簡単に取り扱うことができます。
iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台で、主要クレジットカード決済や電子マネーのほか「iD」「QUICPay」にも対応しているので、レジ周りをすっきりと保つことができます。

振込手数料0円、振込回数も月3~6回と多い

エアペイの振込手数料は、どの銀行でも0円なうえ、振込回数も3〜6回になります。一般的な決済サービスですと、振込手数料は有料であったり、月の振込回数は1〜2回程度だったりするので、エアペイの大きなメリットといえます。

「エアレジ」と合わせて利用がおすすめ

会計や売上分析、決済方法別のデータなど、多くの機能が搭載されている「エアレジ」とマルチ決済サービスの「エアペイ」を一緒に利用することで、注文入力からお会計までがスムーズになり、煩わしいレジ業務の負担を軽くすることができます。さまざまなデータを、いつでもどこでも簡単に確認することができます。

Airペイ公式サイトはこちら

まとめ

今回は、クレジットカード決済導入サービスの中でも特に人気の「コイニー」「スクエア」「エアペイ」について比較をしていきました。なんとなく似たようなサービスというイメージがあったかと思いますが、それぞれにメリットやさまざまな特長がありますね。
キャンペーンなどの実施で、導入のハードルも低くなっている今、これらクレジットカード決済導入サービスの店舗での利用を考えてみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。