クレジットカードもWeChat Payも!決済サービスは「Coiney」で決まり♪

一昔前に比べると導入ハードルの低いクレジット決済サービスが増えています。特にタブレット端末を利用して、POSレジと連携できるものは機能性に富んでおり、使い勝手が良さそうです。今回は加熱する中国人向け決済にも対応できるCoiney(コイニー)をご紹介します。

Coiney(コイニー)とは

クレジット決済サービスCoineyを運営するコイニー株式会社は、「非効率な日本の決済環境を変えたい」という想いから、2012年に設立された若い会社です。2013年に日本初となるスマホ決済で 「サインレス」機能の提供を開始し、2015年には日本ベンチャー大賞「経済産業大臣賞(女性起業家賞)」を受賞するなど、輝かしい経歴を有しています。

決済サービス 無料相談はこちら

Coineyならシンプルな操作で決済完了

Coineyのクレジット決済の手順は、タブレットに金額を入力し、コンパクトなカードリーダー「Coineyターミナル」にクレジットカードを挿入して、お客様に暗証番号を入力していただくだけの3ステップ!手順を案内する動画も1分かからずで終わっています。とてもシンプルなので、機械が苦手な方でも簡単に操作できます。

Coineyはタブレットだけでなく、スマートフォンでも使えます。また「Coineyターミナル」はコードレスなので、飲食店ならお客様のテーブルで決済処理を行うこともできます。スタッフアカウントを作成すれば複数のスタッフが決済ができるようになるので、訪問や配達などの外出時でも利用可能です。シーンを選ばず決済処理ができるので、業種業態を問いません。

なお2018年12月からは交通系電子マネーへの対応を開始し、1台の「Coineyターミナル」でクレジットカードと電子マネーが使えるようになりました。

対応しているクレジットカード

Coineyターミナルでは、以下のクレジットカードに対応しています。ただし業種により、JCB/American Express/Diners/Discoverに関しては使えない場合があります。

VISA/Mastercard/SAISON CARD/JCB/American Express/Diners/Discover

決済情報はタブレットでクラウド管理

Coineyターミナルは国際的なセキュリティー基準「PCI DSS」に準拠しています。カード情報を読み取るCoineyターミナルやモバイル端末にはデータが残らないので、改正割賦販売法の施行により義務付けられることになったICカードへの対応も万全です。NFC(非接触にも対応しており、今後Apple PayやVISA payWaveといった非接触ICカードも使えるようになる予定と発表されています。

決済を行うとリアルタイムでクラウドに同期されるので、いつでもどこでも決済状況を確認することができます。取引の記録は対応プリンターでレシート発行できるほか、メールで送ることも可能です。

POSレジや会計ソフトとの連携も

Coineyなら世界初のiPadレジ「ユビレジ」や、美容室・サロン特化型のサロンシステム「Bionly(ビオンリー)」など、約10種類のPOSシステムと連携させることができます。POSレジと連携すれば、レジに入力した金額を決済端末に打ち直す必要がありません。手間を省けるだけでなく、入力ミスなどの防止につながります。

さらに「freee」や「MFクラウド会計」といった会計ソフトとの連携が可能。これまで負担になっていた会計ソフトへのデータ移行や手入力もなくなり、会計処理の手間を省くことができます。

決済サービス 無料相談はこちら

Coineyペイジでオンライン決済も可能

Coineyなら簡単にオンライン決済を利用することが可能です。Coineyペイジから決済金額や支払期日を入力するだけで決済用のWebページを作成でき、決済ページのURLをメールでお客様に送るだけで完了します。店舗は請求書作成や入金確認の手間が省けますし、お客様はちょっとしたスキマ時間にカード情報を入力するだけなので、顧客満足度も高まります。

万が一、外出の際にCoineyターミナルを忘れてしまっても、Coineyペイジを使えばスムーズに決済ができますし、ネット通販や電話注文などでも利用可能です。英語や韓国語・タイ語など、多言語対応も自動で行われるので、訪日外国人向けの対応にも困りません。ちなみにCoineyペイジはネット上でデモ操作が可能です。筆者も実際に操作してみましたが、あまりに簡単で驚きました。

Coineyスキャンで中国人観光客への訴求力UP

Coineyは中国版LINEと言われるWeChatが提供するWeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)にも対応しています。必要なのはタブレットやスマートフォンといったモバイル端末だけです。お客様のスマホに表示されるQRコードをCoineyスキャンで読み込むだけで決済を完了することができます。

中国本土では100万店舗以上で利用されており、日常的にWeChat Payを使っている中国の人々にとっては、日本円で支払うよりもずっと利便性が高いことは間違いありません。たとえ現金がなくても支払いができるので、販売機会を逃すこともなくなります。

決済サービス 無料相談はこちら

気になる初期費用と決済手数料

コイニーの初期費用について

Coineyはタブレットやスマートフォンがあれば、ほとんど導入費用がかかりません。唯一購入が必要なCoineyターミナルも、今なら端末代の19,800円が実質0円になるキャンペーンを実施中なので、初期費用を抑えることができます。(※新規申し込みの場合、など諸条件がございます)

コイニーの手数料について

決済手数料は3.24%からとなっています。利用するサービスによって決済手数料が大幅に変動するということもないので、気兼ねなくお客様のご要望に応えることができます。

コイニーの月額費用について

月額費用・追加費用等は発生しません。

まとめ

導入費用を抑えながら、さまざまな決済手段を導入することができるCoiney。2017年7月5日には「地域金融機関向けWeChat Payビジネスマッチングプログラム 」の提供を開始し、地域の金融機関と共にWeChat Payが利用できるCoiney加盟店の開拓を行うことを発表しています。

地域経済の発展も視野に入れた取り組みを開始し、さらに飛躍を予感させるCoineyの決済サービス。あなたも使ってみたいと思いませんか?

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら