お問い合わせ事例のご紹介(2)

ピピッとチョイス、コンシェルジュ担当の北浦です。当サイトでは今話題になっているQRコード決済をはじめ、キャッシュレス決済についてのご相談をお受けしております。
よくいただくお問い合わせから、一部の内容をご紹介させていただきたいと思います。

お問い合わせ例のご紹介

【お問い合わせ1】タクシーの導入について

○お問い合わせ地域:関東
○既存
○業種:個人タクシー

個人タクシーの方からのお問い合わせも非常に増えています。現在は現金のみで対応されており、キャッシュレス決済の導入をお考えということで御相談をいただきました。

まずタクシーのような移動体でご注意いただきたいのは、電子マネーを利用するか、しないかです。マルチ決済端の中には、移動体での電子マネーのご利用を制限されている場合があるからです。
今回は電子マネーがご利用できないことをお伝えした上で、初期費用無料キャンペーンを行っているモバイル型マルチ決済端末のご紹介をさせていただきました。ただ、端末が3台(カードリーダー・レシートプリンター・本体用タブレット)に分かれてしまうため車内の置き場所を確保することが難しくお悩みでした。

電子マネーのご利用が出来ないことについてはあらかじめご了承頂いておりましたので、別サービスをご提案しました。こちらはiphoneやipadなどのイヤホンジャックに差し込む事によって端末がクレジットカード決済用端末になるタイプのカードリーダーです。初期費用として端末の購入代がかかる事とこまめな充電が必要なこと、また最新型のiphoneはイヤホンジャックが搭載されていないため端末を選択する際に注意していただきたい点はありますが非常に小型ですので、設置スペースがとれない環境においては有用な端末と言えるでしょう。

【お問い合わせ2】中国で使われる決済に対応したい

○お問い合わせ地域:関東
○既存
○業種:飲食店

中国系決済に対応させたい、という事でお問い合わせを頂きました。
当初のご希望としてはWeChat Pay(ウィーチャットペイ)の導入希望ということでしたが、お話を伺うとALIPAY(アリペイ)の導入もまだされていないという事でした。中国では大きく分けてこのWeChat PayとALIPAYの二つがQRコード決済の主流と言われていますがシェア率はALIPAYの方がわずかに上回る形になります。
そちらを入れた方がいいか、と言われればシェア率が高いALIPAYと言いたいところですが、ほぼ五分五分なこともあり理想的な形としては、2サービス共に入れて頂いた方がいいと言えます。なので、ALIPAYも合わせて導入されることをご提案させていただきました。

また、せっかくQRコード決済を導入されるという事であれば中国系決済だけではなく国内向けのQRコード決済にも目を向けたいところです。たとえば、LINEPAY(ラインペイ)やPAYPAY(ペイペイ)であれば、一括で導入し一つのアプリでまとめて管理ができるサービスも出てきています。このQRコードマルチ決済サービスを利用することで、中国系決済であるWeChat Pay、ALIPAYと共に国内向けのPAYPAY、LINEPAYなども合わせて導入することができるのです。

ストアスキャン方式になるため決済手数料は発生しますが、それ以上に、個別に導入する手間がなくなる点やユーザースキャン方式の際に考えられる、金額の入力ミスや不正利用といった不安要素を防げるセキュリティ面などのメリットがあることをご案内をさせていただきました。

ピピッとチョイス無料相談窓口
コンシェルジュに相談する

お電話でのご相談はこちら
03-5877-3993
(受付時間 平日10:00~18:00)

このようにピピッとチョイスでは、日々決済サービスについてのご相談を承っております。
どういった決済サービスを入れるべきか、どのような端末を導入すべきかなど、迷った時は是非コンシェルジュまでお気軽に御相談ください。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。