主要コンビニで使える&チャージできるQRコード決済まとめ

大勢の方が便利に利用できるコンビニエンスストアですが、そのコンビニエンスストアでもキャッシュレスの波が押し寄せています。そこでは、クレジットカードはもちろん、電子マネーでの決済も可能となっています。そして、コンビニでは最近、QRコード決済にも急激に対応し始めました。いえ、急増するQRコード決済サービスの波に対応する形をとらざるを得ないといった方が正しい表現でしょうか。
そこで今回は、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」といった、主要なコンビニ3社に焦点を当て、どのQRコード決済サービスが、どのコンビニで使えるのかをまとめてみようと思います。QRコード決済だけではなく、各コンビニで使えるクレジットカードや電子マネーもご紹介していきたいと思います。

セブンイレブンで使えるQRコード決済

数あるコンビニでも最大手といえるセブンイレブンですが、どんなキャッシュレス決済に対応しているのでしょうか。




セブンイレブンで対応しているQRコード決済

実はセブンイレブンでは、まだQRコード決済サービスに対応していないというのが現状です。最大手コンビニのセブンイレブンが、QRコード決済に対応していないというのは少し驚きですね。
しかし、セブンイレブンは2019年夏に「7Pay(セブンペイ)」というQRコード決済サービスを提供する予定です。
サービス内容はまだ謎に包まれていますが、おそらくはセブンアンドアイホールディングス傘下のお店のみで利用できるQRコード決済サービスになるのではないでしょうか。

セブンイレブンで使えるQRコード以外のキャッシュレス決済

セブンイレブンで使えるクレジットカードは「VISA」「Master Card」「JCB」「American Express」「Diners Club」の国際5大ブランドに加え、「銀聯(ぎんれん)カード」「DISCOVER」の2つを加えた国際7大ブランドが使えます。

電子マネーでは「nanaco(ナナコ)」が使えるほか、「楽天Edy」「QUICPay(クイックペイ)」「iD(アイディー)」「auWALLET(エーユーウォレット)」が使えます。また、交通系電子マネーである「Kitaca(キタカ)」「Suica(スイカ)」「TOICA(トイカ)」「ICOCA(イコカ)」「SUGOCA(スゴカ)」「PASMO(パスモ)」「nimoca(ニモカ)」「はやかけん」「manaca(マナカ)」にも対応しています。

セブンイレブンでチャージができるQRコード決済

セブンイレブンのレジカウンターではQRコード決済サービスのチャージは現在出来ません。しかし「7Pay」が、チャージできるQRコード決済になるのか、今後注目すべき点といえるでしょう。
一方、セブンの中にあるATM(セブン銀行ATM)では「LINE Pay(ラインペイ)」のチャージが簡単に行えます。

ローソンで使えるQRコード決済

ローソンは主要コンビニの中でも、早くから意欲的にQRコード決済サービスを取り入れてきたコンビニです。

ローソンで対応しているQRコード決済

ローソンでは、中国で最大手のQRコード決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」に対応しています。外国人観光客のインバウンド消費にいち早く対応した形です。他に対応しているQRコード決済サービスは「Origami Pay」「LINE Pay」「楽天ペイ」「d払い」があります。

ローソンで使えるQRコード以外のキャッシュレス決済

クレジットカードでは国際7大ブランドである、「VISA」「Master Card」「JCB」「American Express」「Diners Club」「銀聯カード」「DISCOVER」に対応しています。
電子マネーでは「WAON(ワオン)」「楽天Edy」「QUICPay」「iD」が使えるほか、交通系電子マネー「Kitaca」「Suica」「TOICA」「ICOCA」「SUGOCA」「PASMO」「nimoca」「はやかけん」「manaca」、そして一部店舗では「PiTaPa(ピタパ)」が利用できます。

ローソンでチャージができるQRコード決済

ローソンでは、レジでLINE Payカードを渡して「チャージしてください」と頼めば、チャージが完了します。また、「PayPay(ペイペイ)」も、レジにてYahoo!マネーにチャージをお願いすればチャージが可能です。




ファミリーマートで使えるQRコード決済

ファミリーマートは、ローソンに比べると対応が少し出遅れた感がありますが、最近になって一気にQRコード決済を導入し始めたコンビニです。

ファミリーマートで対応しているQRコード決済

ファミリーマートでは「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」に対応しています。また、「pring(プリン)」が現在一部店舗で導入されており、順次導入店舗を拡大していくようです。

さらに、現在一部店舗のみの導入となっている、中国の2大QRコード決済サービス「支付宝(アリペイ)」と「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」も、今後全国で導入予定とのことです。

他にも2019年7月からファミリーマート独自のQRコード決済である「ファミマペイ」を導入することを発表しています。

ファミリーマートで使えるQRコード以外のキャッシュレス決済

ファミリーマートで使えるクレジットカードは、「VISA」「Master Card」「JCB」「American Express」「Diners Club」「銀聯カード」「DISCOVER」の国際7大ブランドです。

その他、電子マネーでは「楽天Edy」「QUICPay」「iD」「WAON」「ユニコ」が使えます。さらに交通系電子マネーでは「Kitaca」「Suica」「TOICA」「ICOCA」「SUGOCA」「PASMO」「nimoca」「はやかけん」「manaca」、そして「PiTaPa」は大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県の全店舗と、三重県・愛知県の一部店舗で利用が可能です。

ファミリーマートでチャージができるQRコード決済

ファミリーマートに設置されている「Famiポート」では、LINE Payのチャージが可能です。Famiポートを操作し、出てきたレシートをレジに持っていき、代金を支払うことでチャージが完了します。

またPayPayも、レジでYahoo!マネーにチャージしてほしい旨を伝え、料金を支払えばチャージが完了します。




まとめ

主要コンビニ3社のQRコード決済サービスの対応をまとめてみましたが、最大手であるセブンイレブンが、QRコード決済に対応していなかったというのは、少し意外でした。その分、7Payに期待が集まりますね。ローソンは早くからQRコード決済を導入しており、対応力が抜群だと感じました。
ファミリーマートはローソンに少し遅れながらも、アリペイやウィーチャットペイに対応を予定していることから、インバウンド対策が十分になされているといってもいいのではないでしょうか。

はたして、どのコンビニがキャッシュレス決済導入の覇権を握ることになるのか、これからの動向から目が離せませんね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。