d払い加盟店になるには?約5000万人のドコモユーザーにアピール!

「d払い」は、2018年4月から、ドコモが提供を開始したスマホ決済サービス。買い物の支払いをドコモのスマホ・携帯料金と一緒に支払えることで注目を集めています。d払いを利用できるショップはますます増えており、ユーザー数を伸ばしています。

d払いはお客様側にとっても、店舗側にとってもメリットがあります。今回の記事ではまず双方のメリットを確認しつつ、決済方法や導入方法を見ていきましょう。d払いのメリットを知りたいという方や、これからd払いの導入を考えている店舗経営者の方、d払い導入の詳しい手順について知りたいという方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

「d払い」のお問い合わせはこちら

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

d払いとは?

「d払い」は、ドコモが提供するキャッシュレス決済サービスの一つです。他の決済手段とは異なり、実店舗での買い物もドコモのスマホ・携帯代金と合算して支払える便利な決済サービスとして知られています。ドコモユーザーは全国約5,000万人以上いると言われており、ネットショッピングなどの支払いを携帯と合算して支払うユーザー数は約1,500万人とも言われています。

d払いはネットショップや実際の店舗など加盟店で利用できますが、ドコモユーザーでなくても利用できるのをご存知でしょうか。同じドコモが提供する決済手段として「ドコモ払い」というサービスもありますが、こちらはドコモ回線の契約が必要となっています。一方でd払いなら、dアカウントさえ持っていれば、他キャリアのユーザーでも利用が可能です。面倒な申し込みは一切不要で、上限はスマホ・携帯代と合算で月額10万円まで支払いが可能となっています。

さらにd払いを利用することで、dポイントが貯まる仕組みにもなっています。支払い方法にクレジットカードを選択すれば、dポイントだけではなくクレジットカードのポイントも獲得できます。

▼dカード公式サイトはこちら▼

▼こちらもチェック!d払いユーザー・加盟店の評判やクチコミ情報

d払いのユーザー、加盟店の口コミ・評判をチェック

d払いの利用方法とd払い加盟店の例

ここではユーザーがどうやってd払いで支払いを行うのか、その利用方法と、現在どんな店舗がd払い加盟店になっているのかをご説明します。

d払いの利用方法(決済手順)は?

ユーザーがd払いで決済を行う際の手順を紹介します。

d払い利用の流れ

①dアカウントを取得して、d払いアプリをダウンロードしておく。
②dアカウントもしくはspパスワードを使ってアプリにログインし、初期設定を行う。ドコモのスマホ・携帯ユーザーであれば、4桁のPINを入力するだけでOK。
③dアプリを起動して、バーコードまたはQRコードを表示する。dポイントを利用する場合は「dポイントで支払う」にチェックを入れておく。
④加盟店で決済端末またはPOSレジ・タブレットに表示されたコードをスキャンしてもらう。

以上の手順で決済が完了します。支払い完了後はアプリに決済画面が表示され、レシートメールが送付されるので確認しておきましょう。

d払い加盟店の一例を紹介します

d払いには既に多くの店舗・ネットショップが加盟しており、今後はさらに拡大していくでしょう。現在加入している店舗の一部を紹介します。

ECなどのネットショップ

ネットショッピングはもちろん、有料ゲームやアプリで使用した料金も合算してd払いでの支払いが可能です。さらに対応サイトではdポイント還元率の高いキャンペーンが行われていることもあるので、それらを利用すればますますお得に利用できますね。

  • NTT-X Store
  • 平田牧場オンラインショップ
  • amazon
  • JapanTaxi
  • Yupiteruダイレクト
  • メルカリ
  • カルディコーヒーファーム公式オンラインショップ など

街のお店

d払い加盟店では代金支払い時にアプリを開き、表示されたバーコードを決済端末などで読み取れば支払いが行われます。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ウェルシア
  • タワーレコード
  • 和民 など
キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

ユーザーがd払いを利用するメリット

ユーザーがd払いを選択するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

クレジットカードが不要

スマホ・携帯料金と合算して支払う方法を選択すれば、クレジットカードを持っていない人でもキャッシュレス決済が可能です。高齢者や未成年の学生など、クレジットカードが作りにくい人でもキャッシュレス決済が利用できます。ただし未成年の場合は、通常の上限が月額10万円なのに対して1万円までとなっていますのでご注意です。d払いアプリでは利用金額設定もできるので、お子さんがお金を使いすぎないか心配な保護者も安心ですね。

dポイントが貯められる

d払いでは決済金額に応じてdポイントが付与されます。買い物をするだけでdポイントが貯められるのはユーザーにとって大きなメリットになると言えるでしょう。
また、d払いは、NTTドコモのクレジットカードサービス「dカード」でも支払うことができます。dカードを利用すると、さらにdポイントが1%付与されるのでお得に利用可能です。現在、dカード・dカード GOLDの加入でもお得なキャンペーンを実施中ですので、あわせて利用するとさらにお得に利用できそうですね。

▼dカード公式サイトはこちら▼

▼dカードのメリットについてはこちらをご覧ください

「dカード」のメリットを徹底解説!

dポイントが利用できる

d払いで決済する場合、1ポイント1円分のdポイントを支払いに利用できます。アプリの画面を開いた後は1タップで切り替え可能なので、簡単に決済が行えます。貯まっているdポイントに比べて支払い金額が多い場合でも、差額分はスマホ・携帯との合算またはクレジットカードに請求されるのでご安心ください。事前に必要なポイントをチャージする必要がありません。

店舗がd払いを導入するメリット

もちろん店舗側にもd払いを導入するメリットがいくつも挙げられます。

ドコモユーザーの呼び込み

d払いの最大の特徴です。導入によりドコモユーザーやdアカウントを持っている人へアプローチすれば、来店のきっかけ作りに活かせます。購入単価の向上や、売上金の最大化にもつながる可能性もありますね。dポイントがたまる!というメリットがユーザーにはありますので、そういった点をいかした集客効果も期待できます。

回転率アップ

一般的に現金決済よりも、キャッシュレス決済の方が支払いにかかる時間が短縮できると言われています。d払いの導入によってレジ待ちの混雑を解消でき、機会損失を防げるでしょう。

業務効率化

レジ内に硬貨が多くなってしまうと、通常は口座で紙幣に両替する作業が必要になってしまいますよね。d払いを導入すれば、硬貨や紙幣が極端に偏ることも少なくなるので、両替などの作業にかかる時間をカットできます。

会計ミスの削減

d払いを導入すれば現金でのやりとりが減りますので、お金の数え間違いや、つり銭の受け渡しミスといった金銭トラブルも防止できる可能性が高くなります。

ピピッとチョイスでは、d払いの加盟店申し込みに関するお問い合わせを承っています!

「d払い」のお問い合わせはこちら

d払いを導入するには?

店舗とお客様の双方にメリットがあるd払いですが、どうやってお店に導入すればいいのでしょうか。d払いは直接ドコモに申し込むのではなく、連携しているパートナー企業のサービスを導入することで使えるようになります。今回は、d払いのパートナー企業の例としてクラウドペイとAirペイQRについてご紹介します。

クラウドペイ

株式会社デジタルガレージが提供するクラウドペイは、複数のQR決済サービスをひとつのQRコードにまとめて一本化できるマルチ決済サービスです。現在はd払いのほか、メルペイ・LINEPay・AliPay・WeChatPayに対応しています。各事業者のキャッシュレス決済を導入したのはいいものの、端末が別々となり会計業務の煩雑化しているといった悩みもクラウドペイの導入で解決することが可能です。

クラウドペイの基本情報

  • 導入費用、月額費用・・・なし
  • 決済手数料・・・3.24%(税込)
  • 入金サイクル・・・月2回(1日~15日の売上は月末振込、16日~月末の売上は翌月15日振込)

クラウドペイ加盟店申し込み方法

1)webで申し込み
2)審査結果をメールでお知らせ
3)導入ツール設定
4)利用開始

クラウドペイの使い方

1)お客様が決済アプリを起動する
2)店頭のQRコードを読み取る
3)お客様が支払金額を入力する
4)お店のアプリで決済情報確認

AirペイQR

株式会社リクルートが展開している「AirペイQR(旧:モバイル決済 for Airレジ)」は、QR決済をまとめて簡単に行えるアプリです。d払いはもちろん、中国最大級の決済サービスAliPayやWeChatPayをはじめ、国内のLINEPayなど複数のQR決済サービスに対応しています。

>Airペイ公式サイトへ

AirペイQRは、Airレジを使用していない場合であってもiPadやiPhoneがあれば単独サービスとして利用することが可能です。また現在Airペイを利用中でAirペイQRを始めたい場合は、Airペイ管理画面より追加申し込みすることができ、Airペイと同じAirIDを使用することが可能となります。AirペイQRを利用する場合は、Airレジ・AirペイQRをまとめて統一することでレジ操作からQRコード決済までまとめて運用することができます。

AirペイQRの基本情報

  • 導入費用、月額費用・・・なし
  • 決済手数料・・・3.24%(税込)
  • 入金サイクル・・・月末締め、翌月末日(最終営業日)に振り込み

AirペイQR加盟店申し込み方法

1)webで申し込み
2)必要書類を送信する、申込書の同意をする
3)審査(10日営業日前後)
4)利用開始(AirペイQRアプリをダウンロード)

AirペイQRの使い方

1)アプリを起動後、支払金額を入力する
2)決済方法を選択する
3)iPadもしくはiPhoneのカメラで決済用のQRコードを読み込む

Airペイとクラウドペイ、どちらがいいの?といった、「d払い」加盟店登録に関するお問い合わせはこちらをご利用ください。

「d払い」のお問い合わせはこちら

まとめ

今回はd払い導入のメリットや、決済方法、導入方法について解説させていただきました。
d払いはドコモユーザーに人気が高いのはもちろん、dアカウントさえ持っていればドコモユーザー以外でも簡単に利用できるスマホ決済サービスとして注目を集めています。キャッシュレス決済の導入はどれにすべきか悩んでいた方も、ぜひ一度d払いの導入について検討してみてくださいね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス