DigiCashとは?サービスについて解説

最近は「〇〇PAY」などのスマホ決済がぞくぞくと利用できるようになってきたものの、セキュリティ面は安全なの…?とキャッシュレス決済への不安を持つ人も多いのではないでしょうか?
そこで今回はブロックチェーン技術を用いて、セキュリティ面の安心を追求したQRコード決済「DigiCash/デジキャッシュ」についてご紹介します。利用者の安心を追求したこの「デジキャッシュ」とは一体どのようなサービスなのでしょうか?詳しくご紹介します。

DigiCashとは?

「DigiCash/デジキャッシュ」は、ブロックチェーン技術を活用したQRコード決済サービスです。2018年秋よりFinTech(フィンテック)ベンチャー企業のSTAGE株式会社が提供を開始しています。
デジキャッシュの大きな特徴は、自社開発のブロックチェーンと呼ばれる最新技術のプライベートチェーンという取引承認プロセスを使用した技術を駆使している点です。それによりセキュリティ面を最大限強化して、トレーサビリティの面で私たちの安心を確保しています。
利用者は、あらかじめ銀行口座やクレジットカードにチャージすることでQRコード決済が可能となります。利用する際は、スマートフォンにダウンロードした無料アプリにて簡単に決済が可能です。

DigiCashの提供会社は?

デジキャッシュを展開しているSTAGE株式会社は「Finance×Technologyで未来の電子マネーライフを創造する」を理念にあげているFinTech(フィンテック)分野のベンチャー企業として、さまざまな電子マネーのある生活を可能にするプラットフォームの構築を目指しています。
STAGE株式会社は、ベンチャー企業が参入しづらいセキュリティや法律面の分野に挑戦するため、社内に法務部を作り弁護士資格を持ったメンバーを中心に法律の面から開発をすすめることでセキュリティを強化したサービス展開を可能としています。
現在は店舗でのキャッシュレス推進・業務コストの削減・回転率UP・売上増加なども支援しており、今後は蓄積された決済データを活用したビジネス展開も予定しています。

チャージ方法の選択肢が広がりますます便利に

これまでデジキャッシュを利用するには、クレジットカードなどからチャージが必要でしたが、チャージ方法の選択肢が広がり、さらに便利に利用できるようになりました。手続きは、アプリから口座情報を登録するだけですぐに利用できるようになります。

また提携銀行については、2019年4月1日より、「みずほ銀行」が利用できるようになりましたが、今回2019年6月3日からは「りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行」も新たに加わり、ますます便利にデジキャッシュを利用できるようになっています。さらに今後も他行との提携を増やしていく予定といわれています。

デジキャッシュでのユーザーの登録、利用方法

では実際にユーザーがデジキャッシュを利用する際は、どのように使うのでしょうか?登録方法と利用方法をそれぞれお伝えします。

デジキャッシュへの登録方法

デジキャッシュは、利用者がスマートフォンにアプリをダウンロードして、口座やクレジットカードからお金をチャージし店舗にて利用することができます。以下のように最短1分で登録完了するので面倒な作業も不要です。
さらに利用可能なクレジットカードは5ブランド(VISA・MASTER・JCB・AMEX・Diners)に対応しています。

登録手順
①デジキャッシュのアプリダウンロード
②アカウント作成(SMS認証)
電話番号とパスワードを設定してログイン可能
③カード情報登録チャージ
残高はクレジットカードと銀行口座からも簡単にチャージ可能
④完了

デジキャッシュの利用方法

店頭での決済方法は、店舗側が提示するQRコードをお客様に読み込んでもらい会計金額を入力します。入力した金額情報をユーザーと店舗側が確認して決済完了となります。
デジキャッシュを利用することで、金銭の受け渡しにかかる会計業務の時間の改善とスピーディな決済が実現します。

デジキャッシュの店舗の加盟店申請方法、導入について

ではデジキャッシュの加盟店になるには、どのような手順を踏むといいのでしょうか?ここでは、申請方法と初期導入についてお伝えします。

デジキャッシュの加盟店申請方法

デジキャッシュの加盟店になるには、ホームページからの加盟店申請が必要です。個人事業主と法人の場合の申請フォームが分かれているため、それぞれ入力に必要な情報をご紹介します。

個人事業主の場合
①申込者情報
②開業状況
③代表者情報
④店舗情報
⑤事業情報
⑥振込先口座情報
⑦添付書類
・運転免許証・運転経歴証明書・住民票・在留カード)
・振込先口座の通帳
・許認可または届出にかかる証明書

法人の場合
①基本情報
②役員情報
③会社情報
④事業情報
⑤加盟店申請担当者情報
⑥振込先口座情報
⑦店舗情報
⑦添付書類
・振込先口座の通帳
・許認可または届出にかかる証明書

DigiCash導入費用について

デジキャッシュは、決済専用端末、初期導入コストともに不要となります。さらに現在加盟店になると決済手数料は3年間0%(※3年後は未定)になるそうです。
初期費用や決済手数料無料の今がデジキャッシュ導入のチャンスといえるでしょう。

まとめ

今回はブロックチェーン技術を用いて、高度なセキュリティを可能としたQRコード決済「デジキャッシュ」についてお伝えしました。
現在さまざまなスマホ決済が登場し、より便利になっていく一方で「QRコード決済って安全なの?」とセキュリティの面で利用をためらっている人も多いことでしょう。
しかし「デジキャッシュ」であれば、クレジットカードや銀行口座からスムーズにお金をチャージして簡単・安心に使えるので、利用者の私たちにとっては嬉しいキャッシュレスサービスといえますね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。