カフェや居酒屋のオーナー必見!割り勘・送金機能があるQRコード決済

飲食店では団体のお客様を迎える機会も多いと思います。お会計の際には、割り勘用に両替を依頼されることもあるかもしれません。人数が多いと時間がかかりますし、お店の釣り銭がなくなってしまうのも困ります。でもお店でスマホ決済を受け付けることができれば、お客様にアプリの割り勘機能を使ってもらうことで、スムーズな会計が可能です。

こちらもチェック

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

LINE Pay

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」の決済機能です。LINEユーザー同士で行う割り勘や送金、インターネットショッピングでの決済に加えて、店頭ではプリペイド式の電子マネー「LINE Payカード」やQRコードを利用したアプリ決済が使えます。LINE Payを使うと1ポイント1円相当の「LINEポイント」も貯まりますが、ポイント還元率はユーザーのマイカラーのランクによって変わります。

LINE Payはお金をチャージして使うプリペイド方式を採用しています。クレジットカードや銀行口座からチャージしたり、貯まったLINEポイントをチャージしたり、さらにはコンビニのレジやセブン銀行ATMから現金でチャージすることも可能です。手数料を払えばLINE Payの残高を銀行口座に戻すこともできます。なお割り勘機能を使うには、事前に銀行口座の登録が必要です。

割り勘でのお金のやり取り

LINE PayはLINEアカウントに友だちとして登録されている相手への送金が可能です。集金したい相手が2人以上なら、LINE Payの操作画面にある「割り勘」ボタンが便利です。メンバーを選んで合計額を入力すると、1人当たりの代金が自動計算され、メンバーのトーク画面に送金依頼のメッセージが届きます。LINE Payの下段にある「送金依頼」やトーク画面の「+」を押すと表示される「送金」から請求することも可能です。なお送金に手数料はかかりません。

お店への支払い

お店ではLINE Payの店舗用アプリが便利です。アプリに請求額を入力し、お客様のスマホに表示されたQRコードを読み取れば決済完了です。アプリには計算機能があるのでレジ代わりに使ったり取引履歴から決済情報を確認することができます。お客様にLINEの友だちに追加してもらえば、メッセージを配信して集客にも活用できます。

paymo(ペイモ)

paymoはクレジットカードから送金ができる割り勘アプリです。相手の電話番号もしくはフェイスブックアカウントが利用できます。また請求URLやQRコードでの精算も可能です。友だちに代金を請求する場合には、レシートの添付が必要なので透明性が高く、あらぬ疑いをかけられるリスクがないのも魅力です。割り勘額を手入力するタイプなので、1人当たりの請求金額を任意で調整できる柔軟性もあります。

会員登録や友だち招待などで「paymoポイント」を貯めることができ、貯まったポイントは1ポイント1円で支払に使えます。他のユーザーから送金されたお金は「My残高」に蓄積され、お店での支払いに使うことも可能です。また手数料が発生しますが、「My残高」から銀行口座にお金を戻すこともできます。

割り勘でのお金のやり取り

paymoアプリ右下の「送る」か請求リクエストができます。宛先となる電話番号やフェイスブックのアカウントを入力し、金額とレシートの画像を添付して送信します。リクエストを送信するとURLやQRコードが発行されるので、paymoアプリを使っていない人からも集金できます。

お店への支払い

店舗向けのpaymo bizアプリを使えば、お客様のpaymoアプリでの支払いを受け付けることができます。商品ごとに発行できる<商品QR>を使えば、アプリに登録した商品データの金額を使って決済が可能です。複数の商品を購入してもらう場合は<お店QR>をお客様のアプリで読み取ってもらい、お客様に金額を入力していただいて処理を行います。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

お店にQRコード決済を導入してお客様のアプリ決済の利用を促すことができれば、お店のレジの混雑解消や業務効率のアップが期待できます。お客様に割り勘機能を使っていただけば、両替の手間やミスの発生を抑制できる点にも期待が持てます。

アプリを利用するためには快適な通信環境が必要不可欠です。お客様が快適に割り勘アプリを使える環境整備も一緒に行えば、顧客満足度が上がり、お店のファンが増えるのではないでしょうか。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら