スマホもいらない?顔認証システムで社会が変わっていく

近年、人工知能(AI)技術の発展により、中国をはじめ「顔認証システム」が日本国内において普及しはじめています。中国では、キャッシュレス決済の立役者「Alipay/アリペイ」がすでに顔認証システムを実用化おり、スマホすらなくても決済できるようになっています。
日本国内の動きとしては、2020年のオリンピックに向けて顔認証システムを入場ゲートで活用する予定とされていたり、羽田空港の入国ゲートや店舗無人化など、さまざまなシーンにおいて幅広い普及が広がっています。今回は徐々に日本で注目が高まっている顔認証システムの動きや取り組みについて迫りたいと思います。

顔認証システムとは何か

顔認証システムとは、画像から顔を自動的に識別し「性別・年齢・表情」を識別するコンピューター用のアプリです。検出した顔を事前に登録したデータと照合させて合致すれば、特定の個人であることや、本人であるという証明をすることができます。

中国では顔認証システムはすでに浸透済み

中国では、すでに身分証明書を利用しない本人確認が浸透しています。中国のアリババグループが提供する決済サービス「Alipay」から顔認証システム「スマイル・トゥ・ペイ」がでており、カメラを内蔵している機械の前に立つだけでコンピューターが認識して顔認証による支払いサービスが可能です。中国のケンタッキーフライドチキン(KFC)の新業態店舗「K PRO」で利用できます。

日本では5つの空港で上陸調査場に導入

日本においては、2017年10月より羽田空港の上陸審査場に初の顔認証ゲートを導入しています。続いて翌年には、成田空港・中部空港・関西空港・福岡空港にも本格導入されました。導入目的としては、日本は観光立国実現にむけて、国は訪日観光客者数を2020年に4,000万人、2030年には6,000万人を目標としています。そのため顔認証技術の導入により、セキュリティの強化と業務の円滑化を図ることを目的としています。

日本での顔認証システム開発や取り組み

現在、日本において顔認証技術は安心・安全な社会の実現に向けて、空港や重要施設、銀行や病院など幅広いシーンで導入されつつあります。その顔認証技術の代表的なものとして、デンソーウェーブやNECが提供する顔認証システムが登場しています。それぞれ特徴をご紹介します。

デンソーウェーブ「顔認証SQRC」

顔認証SQRCは、株式会社デンソーウェーブが提供している、顔の特徴点情報をQRコード化した本人認証を可能にするアプリです。
顔認証SQRCは、手軽に顔認証によるセキュリティを導入したい方やサーバなどの新たな設備を導入したくない方にオススメです。

メリット
・オフラインでの認証が可能なためサーバの準備が不要
・スピーディに認証ができる
・サーバ上で登録・管理が不要なため個人情報漏洩のリスクがない
・個人情報の秘匿化ができる
・安定した運用が可能

利用シーン例
・工場における有資格者のみに限る入場管理
・機密情報を扱う入室管理
・現金の受け渡しが発生する店舗での本人確認効率化

NEC「NeoFace 顔認証システム導入セット」

「NeoFace 顔認証システム導入セット」とは、世界最高レベルの顔認証技術を用いて、オフィスや生活などの様々な場所で安心と便利さを提供するセキュリティサービスです。
より簡単にNeoFaceを導入できるように、顔認証ソフトウェアから各種ハードウェア・設定サービス・保守サポートまでをセットで一括提供してくれます。さらに運用コストも導入しやすい金額設定になっていることも特徴です。

主な機能
・IPカメラで撮影した映像から人物の顔を検出し、元のデータベースに登録されている顔写真と照合することで特定の本人であるということを見つけ出します。特定人物の監視や本人確認がリアルタイムで可能です。

利用シーン例
・介護施設における見守り
・防犯対策
・入退室の管理
・リピーター顧客の来店時お知らせ

まとめ

今回は日本において、AIを使った顔認証システムの取り組みに焦点をあて、お伝えしました。かつて映画のワンシーンでしか見ることのなかった顔認証。いまや空港や重要機関をはじめ、2020年の東京オリンピックにも導入予定とされており、徐々に日常に浸透してきつつあります。今後、訪日観光客の増加で強まるセキュリティ対策や、人手不足が叫ばれる店舗の無人化などにも顔認証システムが強く求められています。日本においても期待が高まる顔認証システムの今後の動きに注目です。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。