ファクタリング|資金調達の救世主!事業のキャッシュフローを安定させるコツ

新型コロナウイルスの影響もあり事業のキャッシュフローを悪化させたくない、納品から入金までのサイクルを今より早くしたい、というお声を弊社コンシェルジュに頂く機会が以前に比べ多くなってきています。
そこでファクタリングという新しい資金調達サービスをご紹介致します!

ご相談・お見積りはこちら

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債権買取業務のことを言います。
決済期日前に売掛債権を第三者に譲渡するなどの方法を用いて資金を調達することを指します。

シンプルに言うと「入金待ちの請求書を買取ってもらえる」比較的新しい金融サービスのことになります!

買取可能な請求書なのかどうかの審査はありますが、
請求書の信用力を担保にして融資を受ける資金調達方法になります。

取引方法

ファクタリングには大きく分けて2種類の取引方法があります。
今回はサービス提供元のActiveSupport社で採用している2社間ファクタリングについて解説します。

2社間ファクタリング

自社(あなたの会社)とファクタリング会社の2社間のみでの手続きになりますので、基本的に、「取引先の承諾を得る必要がなく、ファクタリングの利用が伝わることはない」ので取引先への心証などに配慮しなくても良いというメリットがあります。

メリット

  • 最短で当日に現金化できる
  • 信用情報に悪影響がない
  • 銀行融資より審査が通りやすい
  • 担保・保証人不要

上記のようなメリットがあるので、急ぎ現金が必要なときに
スピーディで心強い資金調達の手段になっています!

デメリット

請求書の買取金額は「手数料を引いた」金額になるため、本来の入金額よりも少なくなります。

実施までの流れ

①まずはお手元の請求書がいくらになるのか
(ActiveSupport社にて無料でご相談・お見積り)
②お申込み(インターネット、お電話、ご来店、ご郵送)
③審査
④契約
⑤入金
⑥取引先から支払われた代金をファクタリング会社にお支払い

ご相談・お見積りはこちら

まとめ

ファクタリングはイギリスでは14世紀~16世紀ころからすでに一般的な早期資金化の方法として利用されてきました。
日本でも1970年頃には伝来してきていましたが、日本独自の手形文化か浸透していたために、
ファクタリングの認知はあまり向上しませんでした。

しかし、現在は手形文化の衰退と、2005年に「債権譲渡登記制度」が改正されたことで国をあげてファクタリングの普及に取り組む姿勢が打ち出されました
日本での取引規模はまだ小さいですが、今後、債権の流動化が進むことで日本でも有数の資金調達方法に成長すると見込まれています。
法整備等の政府の動きも鑑みてファクタリング取引は今後も成長を続けていくと期待されています!

信用情報にや取引先への悪影響がない資金調達方法です。
まずはお気軽にご相談ください!

ご相談・お見積りはこちら

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)

関連タグ

  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス