富士通より「レジなし」で決済完了できる新サービスの提供開始

昨今では、いつでもどこでも利用できるネットショッピングの普及や、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で非接触や非対面で決済をしたり、ソーシャルディスタンスや店舗での滞在時間を短くするなどの今までとは違う新たな買い物の仕方が広まってきています。
そんな中2020年10月16日(金)より富士通株式会社よりBrainforce(ブレインフォース)」という新サービスの提供が開始されました。「レジなし」で決済完了まででき、全く新しい購買体験が可能となるBrainforceシリーズの詳細や、今後の展望まで含めて本記事では紹介していきます。

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

富士通より「Brainforce」シリーズが新登場

2020年10月16日(金)に富士通株式会社はBrainforceシリーズの第一弾として、スマートフォンのアプリで商品バーコードを読み取りレジを通さず決済できるサービス「FUJITSU Retail Solution Brainforce ウォークスルーチェックアウト」と、キャッシュレス決済に特化したサービス「FUJITSU Retail Solution Brainforce キャッシュレス決済」の販売を開始しました。

Brainforceシリーズとは

Brainforceシリーズでは、消費者の情報や商品情報のデータベースやその情報の分析、決済機能といった業務アプリケーションをクラウド上に展開し、それらを利用するためのAPIまでを提供しています。必要な機能についてはAPIを使用することで利用可能となり、機能を追加する場合もAPIを使うことでシステムの開発が不要という利便性を備えています。加えて、消費者の購買履歴や行動といった情報をネット・リアル双方から蓄積し管理することが可能です。

さらに、レジなし決済(ウォークスルー決済)やキャッシュレス決済を可能にするスマートフォンアプリも、カスタマイズ可能なテンプレートの形で提供します。そのテンプレートにもクラウドの各種APIを組み込むことで、開発時間を短縮した短期導入も実現できます。このテンプレートは、会員数や店舗数に応じた月額料金で稼働するため、まずは試験運転を行うといった柔軟な対応も可能となっています。

Brainforce ウォークスルーチェックアウト、Brainforce キャッシュレス決済とは

Brainforceシリーズの第一弾として登場した「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」と「Brainforce キャッシュレス決済」とは、ユーザーがスマートフォンのアプリを利用して商品のバーコードをスキャンしながら買い物をし、レジに並ぶことなくそのままスマートフォンで決済を行えるサービスになります。
決済後には、スマートフォンに表示されたQRコードを店舗の出口などに設置してあるQRコードリーダーにかざしチェックアウトを行いますので、不正防止にもつながります。

また、店舗に「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」と「Brainforce キャッシュレス決済」を導入する場合は、販売価格は決まっておらず個別での見積もりとなります。

【「Brainforceウォークスルーチェックアウト」利用イメージ】

画像引用:富士通株式会社ホームページ

富士通の「ウォークスルーチェックアウト」でレジなし決済が実現

Brainforce シリーズの第一弾である「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」「Brainforce キャッシュレス決済」の特徴について3つ紹介していきます。

特長(1)スマートフォンで買い物が完了!

ユーザーは「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」や「Brainforce キャッシュレス決済」を利用することで、レジに並んだり決済をする時間から解放されスムーズに決済を完了することができます。
また、合計金額を確認しながら買い物ができますので買いすぎを防止したり、以前の購入履歴も確認できますのでさらに便利に買い物ができるようになります。

特長(2)キャッシュレス化による効率化へ

「Brainforce キャッシュレス決済」を利用することでキャッシュレス化が実現し、店舗ではレジに対応する従業員を減らしたり、レジの台数を見直すことでコストやスペースの削減にもつながります。
接客や他の業務に人員を費やすことが可能になりますので、お客様満足度の向上や付加価値の高いサービスの提供ができるようになります。

特長(3)消費者の購買履歴や行動データが収集可能に

Brainforceシリーズでは、ユーザーの購買履歴や行動データの収集が可能ですので分析を行い、今後のプロモーションやマーケティング活動へ活用することができます。

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

「Brainforce」シリーズ提供の背景

Brainforce(ブレインフォース)シリーズはオンラインとオフラインが融合することで、ユーザーには操作などの手間を少なくしストレスをかけず買い物をしてもらい、導入した店舗には業務効率化やデジタルトランスフォーメーションを推進する新たな問題解決策として提供されています。

スマートフォンの普及やデジタル化、ネットショッピングの活用も広がり消費者の買い物の仕方も大きく変化しています。さらに新型コロナウイルスの影響により、決済の仕方だけでなく、人と人の間に一定の距離を保つなど、新たな価値観や行動変化が生まれています。
Brainforceシリーズはそのような変化に迅速に対応し、便利で新しい買い物体験を提供できるようなサービスを展開しています。

今後は、ネットスーパーへの対応やギフトの予約販売、従業員の業務支援機能、インストアマーケティング施策、店舗外で利用できるスマートフォンアプリのテンプレートなどさまざまな商品を提供予定です。
また、富士通株式会社はBrainforceシリーズ全体の販売目標を2022年度末までに、関連ビジネスを含めて約200億円を目指しています。

まとめ

今回は、富士通株式会社から提供されているBrainforceシリーズについて詳しく紹介していきました。
「Brainforce ウォークスルーチェックアウト」「Brainforce キャッシュレス決済」の登場によって
消費者やストレスなく快適に買い物を行えるようになり、小売業者はコスト削減や業務効率化にも繋がり日々変化する買い物の仕方や意識にも対応できるようになります。近い将来、店舗にレジがないという日常が訪れるのかもしれません。
ピピッとチョイスでは、引き続きキャッシュレス化にまつわる最新情報を発信していきたいと思います。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス