全国に先駆けて横浜銀行がリリース!スマホ決済アプリ「はまPay」の実力

最近スマホで支払いができるアプリ決済サービスが続々登場しています。従来はフィンテックベンチャーが中心でしたが、1年ほど前から銀行も参入の動きを見せており、2017年7月には横浜銀行(はまぎん)が国内初の銀行口座連動型スマホ決済アプリ「はまPay」をリリースしています。

QRコード決済についての基礎知識や疑問

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

業種から見るおすすめQR決済サービス

 

「はまPay」とは

「はまPay」はGMOペイメントゲートウェイと横浜銀行が共同開発したアプリです。横浜銀行の口座とアプリを紐づけて、商品代金を口座から直接引き落とすキャッシュレス決済ができるようになっています。横浜銀行の口座を持っていれば「はまPay」加盟店でスマホで支払いができます。

預金残高の範囲内でしか支払いができないので、クレジットカードのように使いすぎることがありません。また「はまPay」の利用限度額を設定することができるので、使い過ぎの防止も可能です。ATMを探して現金を引き出したり、アプリに残高をチャージする手間がなく、リアルタイムで口座から支払える手軽さが魅力です。

「はまPay」で支払う場合、アプリでお店にチェックイン処理をしてから、支払画面に金額と暗証番号を入力します。iPhoneの場合は、Touch IDの指紋認証で暗証番号の入力を省略することもできます。お店がQRコードを提示してくれる場合はアプリでコードを読み取るだけなので、さらに操作は簡単です。支払いが完了するとアプリには利用履歴が残るので、家計簿のように使うこともできます。

お店が「はまPay」を使うメリット

専用のカードリーダーが不要

「はまPay」アプリはタブレットやスマホで使える加盟店向けアプリをダウンロードするだけで店舗に導入できます。クレジットカードや電子マネーのように専用のカードリーダーは必要ありません。

売上は翌日入金

「はまPay」で支払われた1日分の売上は、横浜銀行が翌日まとめて口座に入金してくれます。多額の現金を銀行に預けに行く手間やリスクを軽減でき、資金繰りの心配もありません。

販促ツールにも使える

お客様用のアプリには「はまPay」が使えるお店が地図上に表示されます。「はまPay」を使いたいお客様は、使えるお店を探して来店してくれるので、特別な施策を打たなくても集客が見込めます。またクーポン配信やスタンプカード機能もあるので、独自の集客施策にも活用できます。

「YOKA!Pay(よかペイ)」などとの相互利用が可能

2018年3月にリリースされた福岡銀行の「YOKA!Pay(よかペイ)」は、「はまPay」同様、GMOペイメントゲートウェイの「銀行Pay(ペイ)」システムを採用しています。そのため「はまPay」の加盟店では「YOKA!Pay」が、「YOKA!Pay」の加盟店では「はまPay」が利用できます。

福岡銀行を統括するふくおかフィナンシャルグループは、グループ傘下の熊本銀行と親和銀行でも「YOKA!Pay」の取り扱いを開始しており、今後も他の金融機関との連携を進めて行く方針です。

2019年にはゆうちょ銀行も導入予定

現在ゆうちょ銀行が準備中の「ゆうちょPay(ペイ)」でも「銀行Pay」が採用される予定です。またりそなグループ各行も導入予定を発表しており、今後「はまPay」が使えるお店は全国に増えていくことが予想されます。「はまPay」を導入していれば、地元だけでなく旅行や出張先で訪れるお客様もターゲットにできるので、観光客の多いエリアでも高い利用頻度が見込めます。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

2018年8月7日、日本経済新聞が「3メガバンクに楽天やJCBなどが、QRコードを使った決済の規格統一に向けた協議会の初会合を開く」と報じました。この会合にはおよそ120の企業や団体が参加予定で、現在QRコードに使用する桁数が企業によって異なる点を統一するなど、規格の乱立を防ぐとしています。非接触ICのように先進的な技術を持ちながらもキャッシュレス化が進まない日本。QRコード決済はキャッシュレス化の起爆剤になり得るのかも注目です。

<参考>日本経済新聞:9日に協議会初会合、QR決済の規格統一へ議論(2018/8/7)

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら