【初心者向け】QRコード決済の使い方。お店とお客様、それぞれの立場でご紹介

世界の国々では、既に現金からキャッシュレス社会への移行が進んでいます。日本でも2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、キャッシュレス化を推進する動きが出てきました。キャッシュレス決済の1つにQRコードを利用する方法があり、ピピッとチョイスではQRコード決済と呼んでいます。今回はQRコード決済の使い方と、導入する手順について解説します。

QRコード決済についての基礎知識や疑問

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

業種から見るおすすめQR決済サービス

QRコード決済の使い方

QRコード決済の方法は大きく2種類に分けることができ、お客様がQRコードを表示する場合と、店舗がQRコードを表示する場合があります。いずれもお客様がスマートフォン(スマホ)に専用アプリをダウンロードしていることが前提です。

お客様がQRコードを表示する場合

お客様のアプリでQRコードを表示し、お店が店舗用アプリで読み取って決済する手法は、「Yahoo!ウォレット」や「LINE Pay」、「楽天ペイ」などで採用されています。楽天ペイのようにQRコードと共にバーコードが表示される場合は、レジのスキャナーでバーコードを読み取って決済することもできます。

店舗がQRコードを表示する場合

店舗が表示するQRコードをお客様が読み取る方法もあります。「Origami Pay」では、店舗用アプリに表示したQRコードを、お客様がスマホで読み取って支払いを完了させます。「Pay ID」の“商品QRコード”のように、商品ごとに金額を設定したQRコードを印字して、お客様に読み取ってもらう方法もあります。

お客様が支払い額を自分で入力する場合

店舗情報が登録されたQRコードをお客様のアプリで読み取って、お客様ご自身で支払い金額を入力していただく方法もあります。この方法が使えるQRコード決済には「paymo」の“お店QR”や「Pay ID」の“店舗QRコード”、「楽天ペイ」の“QR読み取り”などがあります。機器の操作は、全てお客様にしていただくため、レジやモバイル端末がなくてもキャッシュレス決済が可能です。

お客様がQRコード決済を利用する手順


お客様は各決済サービスに対応したアプリをスマホにインストールして、あらかじめクレジットカードや銀行口座などの情報を登録しておく必要があります。日本ではQRコード決済を利用できるお店がまだまだ少ないですが、サービス自体は既に乱立傾向にあります。

QRコード決済の中には、決済金額に応じてポイントを付与したり、期間限定のキャンペーンを行っているものがあります。現金よりお得になるため、特典が充実しているQRコード決済は今後人気を集める可能性があります。

店舗がQRコード決済を導入する手順

お店にQRコード決済を導入する場合には、利用したいサービスを選定の上、加盟店申請をします。加盟店申請は各種サービスの公式サイトや店舗用アプリから行えます。無事に審査に通れば導入が可能です。

導入にあたっては、タブレットなどの端末と店舗用アプリ、無線でインターネットに接続できる環境が必要です。通信機能を備えたQRコード決済専用のモバイル端末を販売している業者もあるので、お店の設備状況や運営スキームなどと照らし合わせて選定すると良いでしょう。またLINE Payのように、専用の店舗アプリだけでなく「モバイル決済forエアレジ」のようなマルチ決済サービスでも利用できるものがあります。選定に際しては、しっかりと情報を集めて吟味しましょう。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

QRコード決済は、QRコードを見せたり読み取ったりするだけで支払いができます。クレジットカード決済などに比べるとコストを抑えた導入が可能です。決済履歴が自動的に残り、現金管理のコストや手間も削減できるQRコード決済は、非常に導入しやすい方法だと思います。今のうちにQRコード決済を取り入れて、時代の流れに乗り遅れないようにしましょう。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら