決済代行会社と手数料の関係は?クレジットカード・電子マネー決済導入時の基礎知識

普段何気なく使っているクレジットカード。現金いらずで、クレジットカード会社の口座引き落とし日に、銀行口座に必要な分のお金が入っていれば自動的に支払ってくれてとっても便利ですよね。でも案外その仕組みについては知られていないことがたくさんあるんです。そこで今回は、店舗の運営者の視点も踏まえつつ、クレジットカードの仕組みについて簡単に解説してみたいと思います。基本的に「カード保有者」「加盟店」「カード会社」「決済代行会社」の4者の関係で成り立っています。それぞれがウィンウィンの関係にあり利益を共有しています。ではどのような関係があるのでしょうか。

「カード保有者」について

まず「カード保有者」から見ていきましょう。カード保有者はカード会社に信用情報を審査してもらい、カードを発行してもらった人です。つまり一般の「クレジットカードを持っている人たち」を指しますね。審査は各カード会社によって異なるというのはご存知の方も多いかもしれませんが、年収や年齢、勤続年数など厳しく審査する会社もあれば、一定の収入があればいいという会社もあり、カードの利用限度額もさまざまです。カード保有者の利益としては何といっても「手持ちの現金がなくてもカードがあれば支払える」という気軽さにあるのではないでしょうか。口座引き落とし日にお金さえ入っていればいいのですからとっても便利ですよね。

またお支払いの時に現金のやり取りによる手間を省けるという手軽さもその一助になっています。ポイントやマイルが貯まるといったサービスを行っているカード会社も多く、カード保有者はそういったポイントやマイルを商品購入時に得られるので、これもお得なところです。カード保有者が獲得出来るポイントなどは、決済金額に応じて店舗側から徴収される決済手数料から捻出されています。

「加盟店」について

次に「加盟店」です。これはもちろん「クレジットカードが使えるお店」のことです。加盟店にとってのクレジットカード導入のメリットは何といってもお客さんが、現金がなくて商品購入を見合わせなければならないということがなくなるという機会損失を防ぐためにあります。お客さんはカード1枚あればいいわけですからお店側は販売機会を逃すことがありません。これにより売り上げアップが見込まれます。

また、お金の管理費が浮くといったメリットもあります。現金がお店側にあるというだけでその管理は責任重大なもの。大金を移動するお店の場合は警備会社に依頼をしなければいけませんし、レジに現金がたくさんあるというだけでも防犯上リスクが高いのです。

しかしクレジットカードを扱っていれば現金を取り扱うことが少なくなり、釣銭の受け渡し時によるミスの低下や、従業員の不正も防げます。また回転率が上がることで顧客満足度アップにもつながりますし、クレジットカードを扱っていない他店との差別化を図るという意味でも加盟店側には利益があります。

「カード会社」について~イシュアとアクワイアラ~

まずはカード会社について簡単にご説明したいと思います。カード会社は2つの大きな仕事で分類されます。ひとつ目はイシュア。これはカード保有者から見たカード会社で、カード発行会社としてカード保有者にいろいろなクレジット業務を行います。例えばカード保有者のの信用を担保したりする業務や、決済の後カード保有者に支払い請求をしたりする仕事です。ふたつ目はアクワイアラ。加盟店管理会社といわれるこの会社は、加盟店から見たカード会社で加盟店とクレジット契約をしています。実際に店舗に赴き、店長さんに営業に来る方は、このアクワイアラの担当者です。この加盟店がネットショップだった場合、後述する「決済代行会社」が活躍します。イシュアとアクワイアラ、これらふたつは別々の会社で行われている場合もあれば同一の会社で行われている場合もあります。

どうやって利益を上げているのかというと「加盟店からの手数料」が主な柱です。カード保有者がクレジットカードで買い物した場合、決済金額の3~7%ぐらいをカード会社(もしくは決済代行会社)は受け取っています。この手数料ですが、従来はアクワイアラと加盟店の間の交渉によって決まっていました。水商売などの怪しい業種に高い手数料でクレジットカード決済を導入させて儲けを掠め取るのがアクワイアラ業務だったともいえます。さらにキャッシングやリボ、分割やカードローンの手数料も大きな割合を占めています。その他、年会費なども収入源といえるでしょう。もちろん、この中から国際カードブランドの使用料や決済システム利用料(自社システム出ない場合のみ)を支払うため、カード会社の儲けは手数料のごく一部となります。

国際カードブランド

ちなみに現在カード会社は7つのブランドが世界を席巻しています。VISA、MasterCard(マスターカード)、JCB、AmericanExpress(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)、中国銀聯(ぎんれん)、Discover(ディスカバー)などがあります。

「決済代行会社」について

決済代行会社とは先ほど述べました通り、加盟店がネットショップの時に活躍する会社です。ではどんな役割を果たしてくれているのでしょうか。ネットショップは本来であればカード会社と契約を結ぶにあたり、複数のカード会社と契約を結ばなければいけませんが、ネットショップ単体で複数のカード会社と契約を結ぶのは非常に困難です。それに高度なセキュリティシステムの構築が必要とされ、何より莫大な労力がかかります。

そこで決済代行会社の出番です。決済代行会社はネットショップとカード会社たちの間に入り、非常に繊細な個人情報などを取り扱うために必要なセキュリティシステムを構築し、煩雑なカード会社たちとの手続きを一手に引き受けてくれるのです。そのおかげでネットショップ側は本来の業務に専念することができるのです。また、決済代行会社は、口座振替やコンビニ決済、電子マネー決済などあらゆる決済サービスを提供しています。そこがカード会社と決済代行会社の大きな違いとも言えます。

※ネットショップの場合は決済手数料以外にも信用情報の照会すつ通信1回につき、5円とか10円とかの「トランザクション手数料」が発生することも。

クレジットカード決済の仕組み

ここで冒頭から列挙してきた「カード保有者」「加盟店」「カード会社」「決済代行会社」の4者の関係性と、クレジットカード決済の流れについておさらいしたいと思います。

まずカード保有者がクレジットカード支払いをネットショップにて選択します。それを受けて、ネットショップ側は決済代行会社を経由してカード会社に与信(あらかじめそのショップの財力などを信用調査すること)を行います。カード会社の与信結果は決済代行会社を通してネットショップに返却されます。その後、カード会社は商品代金の請求明細を発行して、指定されたカード保有者の名義口座から商品の代金を引き落とします。そうして、決済代行会社は各カード会社から集めた商品代金から手数料を差し引いて、ネットショップの口座に入金します。

これらが大まかな流れとなっています。少しわかりやすくするために図で解説いたしますね。

クレジットカード決済時の簡単な説明図。緑が実際に動く金額の流れだ。 例えば、10,000円の商品を購入する場合には。⑤の利用金額は当然10,000円となる。カード会社や決済代行会社はたいてい3~5%程度で店舗と決済手数料の契約を結んでいるので、仮に5%だとすると④の金額は9,500円となる。この差額の500円の中からブランド使用料としてカードブランドに支払ったり、決済代行会社に支払ったり、利用者にポイントとして還元したりするわけだ。

図を見るととても簡単ですね。このように決済代行会社はネットショップとカード会社の間を取り持ち、ネットショップの負担を軽減しているのがわかります。

モバイル決済「Square」とは?

さて、今まではクレジットカードやその周辺の仕組みや流れについてご説明させていただきましたが、今では新たに「モバイル決済サービス」というものが頭角をあらわしています。その中でも「Square(スクエア)」というサービスはモバイル決済サービスのシェアの多くを占めています。

ではこのモバイル決済サービスとはいったい何なのでしょうか。Squareは用意するものがクレジットカードリーダーとスマートフォン・もしくはタブレット端末、そして無料のSquareアプリ、この3つだけです。

手数料は3.25%と固定されており、従来のカード会社の営業担当者のように、店舗と交渉を行うことはありません。審査期間が短いのも特徴で、日本のクレジットカード会社では審査に長い期間を設けていますが、Squareは数営業日で審査が通ります。これはリアルタイムで利用実態をチェックし、少しでも不審な決済があれば利用を止められるといった「途上決済」を厳重にしているからこそできることです。

利点は何といってもそのお手軽さでしょう。お店側としては導入が難しかったり審査が困難だったりと、何かと敷居が高かったクレジットカード払いを簡単にできてしまうわけですから、気軽に利用できますよね。

まとめ

今までクレジットカードを取り巻く関係についてご紹介させていただきましたが、近年は新しいテクノロジーやシステムが進化し続けており、状況も変化し続けています。先ほどご紹介させていただいたSquareなどのモバイル決済サービスもその一つといえるのではないでしょうか。モバイル決済サービスは他にも「Coiney(コイニー)」や「楽天スマートペイ」などがありますが、今のところ(2018年1月現在)Squareが一番存在感のあるモバイル決済サービスといえます。

特に小規模店舗を構える方にとってみれば、Squareは月額固定費や解約手数料がかからないといった点から見ても、振り込む手数料が無料な点から見ても、購入するカードリーダーが5000円程度と比較的安い面から見ても、このお手軽さは非常に魅力的のように思われます。「クレジットカードの導入は敷居が高いからちょっとなあ……」と躊躇されていたお店の方には、モバイル決済サービスの登場は大きな救いとなるに違いありません。

決済サービス導入の相談はこちらから