【インタビュー】開発元が見据えている、QRコード®の未来(後編)

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。

PayPayやLINEPayなどのQRコード決済の登場で、今まで以上に私たちの身近になった「QRコード」。さらにQRコードを用いた新しいサービスは、世の中に続々と登場しています。

では、QRコードの開発元は、現状をどう考え、そしてどのような未来を見据えているのでしょうか。

2019年3月5日~8日までの4日間に開催されていた、流通情報システムの総合展示イベント「リテールテックJAPAN 2019」を訪れた際、QRコードの開発元であるデンソーウェーブ様を訪問しました。ご存知の方もいるかと思いますが、元々QRコードというのは、1994年に世界で初めてデンソーウェーブが発表開発した製品です。

そこで今回はデンソーウェーブの田路勝彦事業部長にインタビューをし、現在のソリューションや、今後の取り組みについてお話を伺ってきました。

本記事では、その後編をお届けしていきます。前半はこちらからご覧ください。

【インタビュー】開発元が見据えている、QRコード®の未来(前編)

進化し続けるQRコード

QRコードの生成自体は、前編でもご紹介したように誰でも簡単に作ることができます。そしてQRコードの開発元であるデンソーウェーブには、さらにセキュアなQRコード認証を叶える技術がありました。

セキュリティを強化する「SQRC」

SQRCとは、セキュリティ機能を搭載したQRコードのことを指します。1つのQRコードに、「公開情報」と「非公開情報」の2つを埋め込める、というものです。前編でご紹介した顔認証QRコードを活用した勤怠システムでは、こうした技術が使われていました。これは開発元だからこそ、提供できる技術です。

※以下インタビュー 青文字がデンソーウェーブ田路様回答

——どういった場面で「SQRC」が使われているのですか。

最近ではコンサートのチケットを予約すると、チケットではなくQRコードが送られてくることがあるかと思います。主に転売防止策として使われているのですが、こうした場合にセキュリティ機能が高いSQRCが活用されています。

——不正できないというのは、例えばコピーやスキャンをしても使えない、ということなのでしょうか?

QRコードそのものはコピーできますが、QRコードの情報を二層にしておくことで、裏側にはどんなデータが埋め込まれているかまでは判別できません。

SQRCは、公開する情報と公開しない情報の二層で成り立っているQRコードです。

たとえば誰かにQRコードチケットを売り渡して、そのチケットを買った人(例:男性)がコンサートなどに行った際、QRコードの裏側にチケット購入時の情報(例:10代・女性など)が登録されていると、購入者情報と目の前にいる人の情報に相違があると気づきます。

一般的なQRコードリーダーでSQRCを読み込むと、表側の公開情報のみが出てくるため、普通のQRコードだと思ってしまいます。しかしSQRCは、その奥に支払い情報や個人情報などを見えないデータとして入れる事が出来ます。裏側に入れる情報は、利用用途などによってカスタマイズが可能です。

——そのように要望に応じてカスタマイズができ、見えないデータが埋め込めるというのは、開発元だからこそできる技術なのですね。

そうですね。ほかにも「フレームQR®」というものもあります。これはQRコードの中心部分に自由に使えるキャンバス領域を設け、好みで自由なデザインにするというものです。

元々QRコードというのは、30%くらいデータが欠損してもそのデータを補正して読みこむことができるということが強みのコードです。だからといって、QRコードに大きくイラストなどを入れてしまうと、結果的に40%以上欠損している形になってしまいます。

そこで思い切って、イラストなどを入れても問題のないQRコードを作ってしまおうということになりました。あらかじめ中央をキャンバスエリアにして、周りにフレームの形をしたQRコードとなっています。皆さんからは、単なるQRコードに見えると思いますが、実はデータコード的には全く違うものとなっており、中のアルゴリズムも通常とは変わっています。

より使われていくからこそ、大切にしたいこと

——最後に、御社の今後の展望や取り組みについて、力を入れていきたいところやなどを教えてください。

やはり今は、急速にQRコード決済の波が来ているので、QRコードの開発企業としてきちんと貢献していきたいですね。

現在はQRコード決済サービスを提供する各社が、QRコード決済を普及させることに全力を尽くしていらっしゃるかと思います。今のレベルでも、安心・安全であることはもちろん考えられていると思いますが、普及した後にはさらに力を入れていかなければならない時期があるはずです。そういったタイミングで弊社の技術を活用したいと思っています。

さらには、QRコード配信のインフラも整えていますので、それを使ってクーポンを配信したり、ホテルなどにチェックインしたりと、どこででも何でもQRコードで出来る世界にしていけたらと考えています。

——QRコードだからこそ、できることなのですね。

例えば、バーコードだと、本当に稀なのですが印刷された線が太くなったり細くなったりなどして、別の数字になってしまうことがあります。しかしQRコードは、縦横斜めから確認することができ、また、内容が合致しないとデータとして取り出せないので、バーコードに比べて読み取りの確実精度はとても高くなるのです。

しかし、各社から様々なQRコード決済が登場してくることで、QRコードに対するマルウェアを作る人も出てきています。そのため「SQRC」や「フレームQR」などの新しい技術を使って安全性を確保していく、というのは私たちのミッションでもあります。

——QRコードが登場したのは随分前になりますが、当時もすごいものだというイメージがありました。

——しかし今はセキュリティの問題とか、不正利用による不安のようなものも世の中に出回っているのが、やっぱり残念な部分だと思います。そういうイメージも変えていきたいというか、安心、安全と思ってもらいたいという部分も大きいということですね。

そうです、おっしゃる通りです。

これは私がいつも思っていることなのですが、パソコンというものが登場してそれからインターネットが出てきた時に、これは便利だなと、世の中が変わりました。しかしその後、やはりさまざまなウィルスが出回って、それを排除するためにウイルス対策ソフトが出てきているという状況になっています。

インターネットよりはもっと短い期間ではありますが、QRコードも同じような道を歩んでいると感じています。

——ああ、なるほど。

便利なものが広がれば広がるほど、そういうこと(不正)をする人も出てきます。ただウィルスが出ていても、皆さんインターネットは使いますよね。人は担保されている安全がないと怖いと思うので、そういった部分を解決していきたいです。

——そうですね。確かにQRコードは今そういう道を歩んでいるのかもしれません。ということは、QRコード決済は沢山登場していますが、御社としては歓迎と考えられていらっしゃるのですね。

QRコード決済が普及していき、多くの方に使っていただくのは、非常に嬉しいです。もちろんビジネスとしてもありがたいので、やっぱりデンソーウェーブの人間としても嬉しく思っています。

まとめ

どこでも、何でも、QRコードで出来るような世界に。

QRコード決済が普及している今だからこそ、発生する課題をクリアしていき、開発元だからこそできる技術を活用し、「QRコード」を次のステージに進ませたい、そんな展望が垣間見えたように思います。

デンソーウェーブ様、お忙しい中お時間をいただき誠にありがとうございました。

【参考リンク】

QRコード作成サイト(公式)
QRコード開発ストーリー(デンソーウェーブ様webサイト)

※ QRコード、SQRC、フレームQRは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み