2019年2月からはじまる「ゆうちょPay」。開発中の独自機能にも注目!

2018年5月、ゆうちょ銀行は、GMO ペイメントゲートウェイと連携し、スマートフォンを活用した新しい決済サービス「ゆうちょPay」を開始すると発表しました。サービスの開始時期は2019年2月を目途としています。

こちらもチェック!

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

ゆうちょ Payとは

「ゆうちょPay」はGMOペイメントゲートウェイの決済システム「銀行Pay」を利用し、ゆうちょ銀行の口座から直接支払いができるスマホ決済サービスです。「ゆうちょPay」のパートナー店(加盟店)が提示するQRコードをスマホアプリで読み取ると、アプリに登録したゆうちょ銀行の口座からリアルタイムで代金を引き落とします。アプリはゆうちょ銀行の口座を持っていれば誰でも使うことができます。

店舗が導入するのも簡単

パートナー店はタブレットなどのモバイル端末にパートナー用アプリをダウンロードすれば使えるので、専用端末を用意する手間がありません。アプリに金額を入力すると表示されるQRコードをお客様のアプリで読み取ってもらうだけで、キャッシュレス決済が完了します。

他行との連携を視野に準備中

GMOの銀行Payは横浜銀行の「はまPay」や福岡銀行の「よかPay」でも採用されています。「はまPay」と「よかPay」はすでに相互利用が可能で、「はまPay」の加盟店で「よかPay」が使えたり、「よかPay」の加盟店で「はまPay」払いが使えるようになっています。

「ゆうちょPay」も銀行Payを導入している銀行との相互連携を進めています。横浜銀行や福岡銀行はもちろん、今後銀行Payの導入を予定しているりそな銀行や近畿大阪銀行との連携も準備しています。

<参考>
ゆうちょ銀行 プレスリリース:スマホ決済サービス「ゆうちょPay」の開始に向けて~銀行間相互連携を実現し、更なる利便性の向上を図ります~

キャッシュアウト機能も開発中

現在、GMOペイメントゲートウェイおよび東急電鉄、横浜銀行、ゆうちょ銀行の4社が協力し、東急線各駅の券売機で銀行預金の引き出しができるキャッシュアウト・サービスの開発を進めています。キャッシュアウトは2017年4月の銀行法施行規則の改正によって可能になったサービスで、一定の条件を満たせばATM以外の場所でも銀行口座の預金を引き出すことが可能です。

東急電鉄は生活に密着する駅の券売機で「はまPay」や「ゆうちょPay」各アプリに表示したQRコードをかざし、現金を引き出せる仕組みを準備しています。このキャッシュアウトサービスが実用化されれば、駅の利用者が銀行やコンビニに立ち寄る必要がなくなります。

この方式は券売機の新しい活用法の1つとして、東急線外へのサービス提供も検討されています。なお2018年度中に横浜銀行の「はまPay」アプリを用いた実証実験が実施される予定です。

<参考>
GMOペイメントゲートウェイ プレスリリース:GMO-PG・東急電鉄・横浜銀行・ゆうちょ銀行、日本初、券売機でのキャッシュアウト実現に向けた開発を開始

まとめ

ゆうちょ銀行は2018年3月現在、約2万4,000店舗を全国に構え、通常貯金口座の数は約1億2,000万を誇ります。ゆうちょ銀行の口座を開設している人は非常に多く、他の決済サービスよりもユーザーを獲得しやすい土壌を持っていると言えるでしょう。

九州では福岡フィナンシャルグループの親和銀行や熊本銀行で「よかPay」のサービスがスタートしています。「ゆうちょPay」がサービスを開始すれば、先行する「はまPay」や「よかPay」の加盟店にも追い風が吹くかもしれません。りそな銀行グループや近畿大阪銀行の動向も注視したいところです。

<参考>
ゆうちょ銀行:ゆうちょ銀行の特徴

\ピピッとチョイスに無料で相談/
QR決済導入に関する相談をする

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。