ケンタッキーでETC決済の実証実験開始!メリットや利用方法も紹介

高速道路を利用する際に、見かけたことのあるETC決済。ゲートを通るだけで決済を行うことができるので現金の用意が必要なく便利で利用している方も多いと思います。
今回、高速道路の新設や改築、管理などを行っているNEXCO 中日本がETC決済を利用した新たな実験として、ケンタッキー・フライド・チキンでのドライブスルーの支払い方法としてETC決済の利用を開始しました。

本記事では、今回の実証実験の利用方法やモニターの登録の流れ、ETC決済のメリットも紹介していきます。

ケンタッキー・フライド・チキンでETC決済の実証実験を開始

ケンタッキー・フライド・チキン相模原中央店(神奈川県相模原市)にて、ドライブスルーでETCを利用し決済を行う実証実験を開始しました。同時に実証実験に協力するモニターの募集を開始しています。期間は、8月3日(月)から11月30日(月)までとなり、国内で初めての取り組みになります。今回の実証実験は登録したモニターのみが対象になりますが、結果を見て本格導入も検討するそうです。
通常、ドライブスルーを利用する際は現金もしくはクレジットカードで料金を支払いますが、ETCによって決済が完了する仕組みです。

ケンタッキー・フライド・チキンでドライブスルーのサービスを実施しているのは約400店舗あり、その中でも神奈川県の相模原中央店が選ばれた理由としては、立地や利用状況を総合的に判断した結果となっているそうです。実際に、家族連れのや主婦層がドライブスルーを多く利用し実験に適した店舗であると考えられます。

今回の実証実験には、以下の会社が参加しています。各社は、ETC決済の利用拡大に向けて、国土交通省の指導のもとETC決済を推進しています。

  • NEXCO 中日本:高速道路の新設、改築を行う
  • 沖電気工業:民間利用のETCアンテナ開発を行う
  • ソニーベイメントサービス:ETCのクレジットカード決済代行
  • 日本ケンタッキー・フライド・チキン:試行運用場所の提供、運用
  • メイテツコム:各ETC対応システム機器の連携システム構築

ETC決済を行うモニターの条件

今回の実証実験の一般モニターになるには、以下の条件を満たしている必要があり、専用のサイトでモニターの募集を行っています。実証実験を利用したモニターには、購入商品の合計金額の10%が割引になるなどの特典が用意されているそうです。

【モニター応募期間】
2020年7月29日(水)~2020年11月13日(金)

【モニターの条件】
・事前にモニターの会員登録が必要
・指定するクレジットカードのETCカードを利用していること(※)
・利用する車内にセットアップ済みのETC車載器が装着されていること
こちらより確認可能です

【モニター会員特典】
・購入商品の合計額から10%割引
・利用後WEBアンケートに回答された方に、店舗で利用することのできる割引クーポンの進呈

ETC決済の流れ・利用方法

利用方法としては以下になります。
①登録してあるETCカードをETC車載器に挿入し、利用できることを確認
②利用者は通常のドライブスルーと同じく、店舗のドライブスルーに用意されているマイクに向かって商品の注文を行う
③受け取り口に車を移動し、従業員にETC決済を行うことを伝える
④従業員が決済の操作を行うと、ドライブスルーの出口に設置されているETCのアンテナが作動
⑤車内のETC車載機に挿入されたクレジットカードで決済が完了し、商品を受け取ることができる
⑥支払明細は登録されているメールアドレスに送信
※決済が完了した際は、車内のETC車載器から決済に関するアナウンスがながれることはありませんので注意しておきましょう

ETC決済のメリット

ETC決済を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

決済処理の効率化

ETCで決済が完結することで、現金などの受け渡しやお釣りの確認などの時間がなくなるため業務効率化をはかることができます。決済に対する時間を短縮できることで、より多くの注文を承ることができ、お昼のピーク時でもスムーズにドライブスルーを利用してもらうことができます。

ウイルス感染拡大の防止

通常の決済あれば、お客様と従業員のあいだで現金やクレジットカードの受け渡しが必要になりますが、ETCでの決済を利用することで支払いでのやり取りがなくなり、非接触決済が可能になります。接触を最小限に押さえることができますので、新型コロナウイルスなどの感染拡大防止にもつながります。

今後のETC決済の予定

今後は、駐車場やフェリーでETC決済を利用したり、今回の実証実験のようになドライブスルーでETC決済を行うことができる店舗を増やし、街中でETCを利用できるように取り組みを行っていくそうです。これにより高速道路でのETC利用率増加や、キャッシュレス決済サービスのひとつとしてETC決済が広まっていくことが期待できます。
今回の実証実験で、さまざまなメリットや課題が発見され、それを改善に繋けて行けるように取り組んでいくと考えられます。

まとめ

これまでにもNEXCO 中日本では、駐車場やフェリーでの利用料金の決済でETCを利用する実証実験を行ってきています。
今回のケンタッキー・フライド・チキンのETC決済の取り組みも、キャッシュレス決済の推進や非接触型が可能になることで新型コロナウイルスの感染防止の効果も期待できます。
モニターの募集をはじめて数日で150人ほどの申し込みがあり、今後も利用者が増えていくことが考えられます。
店舗にも利用客にもメリットのあるETC決済。今後も拡大していき街中で目にするのもそう遠くはないでしょう。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス