ウォレットアプリ「Kyash(キャッシュ)」の評価が高い!

海外ではキャッシュレス化が進み、お金のやり取りがデータ化されています。経済産業省は2018年4月に発表したキャッシュレス・ビジョンのデータによると韓国のキャッシュレス比率89.1%に対し、日本はわずか18.4%。「日本はいまだに現金が主流の“遅れた国”」という印象を持つ訪日外国人も多いようです。

しかし、国内ではさまざまなフィンテック・アプリが登場しており、特に個人間送金の機能を持つものも増えています。今回はApp Storeに表示される送金アプリの中でも、特に評価が高い「Kyash」をご紹介します。

こちらもチェック

人気が出ているQRコード決済。知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事で紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

「Kyash(キャッシュ)」とは

「Kyash(キャッシュ)」は個人間で送金したり、オンラインショップでの支払いに使えるスマホアプリです。またアプリ上で「Kyash Visaカード(バーチャルカード)」を発行することができ、Amazonやメルカリなどで5万円までの決済に使うこともできます。

メールアドレスかFacebookアカウントで利用登録

アプリをダウンロードするとログイン画面が出てきます。初めて利用するときは任意のメールアドレスと名前などの個人情報を入力します。facebookのアカウントも利用できるので登録は簡単です。

チャージはコンビニやクレジットカードから

「Kyash(キャッシュ)」はあらかじめ残高をチャージして使うプリペイド型のアプリです。ファミリーマートやローソンなどの端末で申込書を発券してレジで入金したり、銀行ATMで現金をチャージします。またVisaもしくはMasterのクレジットカードをアプリに登録すれば、自動チャージも可能です。2018年10月からは全国に約25,000台設置されているセブン銀行ATMでもチャージできるようになりました。

アプリでVisaカードが作れる!

初期登録を完了し、アプリをタップするだけでバーチャルVisaカードが瞬時に発行されるのも「Kyash(キャッシュ)」の特徴です。バーチャルカードを発行しておけば、友だちから受け取ったお金をオンライン決済に使えます。ちなみに年会費や手数料は無料です。カード発行には年齢制限や収入額といった条件もありません。未成年者は親権者の同意が必要ですが、学生でもカードを使うことができます。

バーチャルカードにVisaまたはMasterのクレジットカードやデビットカードを登録しておけば、残高がなくても送金や買い物が可能です。さらに送付先を入力してリアルカードを申請すれば、実店舗でも残高で支払えるようになります。

2%の高い還元率

一般的なクレジットカードは利用額の0.5~1%がポイントなどで還元されています。しかし「Kyash(キャッシュ)」で発行されたVisaカードを支払いに使えば、バーチャルでもリアルでも1回の決済額の2%(1円未満は切り捨て)が還元されます。(一部例外あり。)

その月のキャッシュバックは翌月25日~末日までにKyash残高として自動的に付与され、履歴にも反映されます。銀行に預けてもなかなかお金が増えない今の時代、2%の還元率は魅力的です。

オンラインショップは世界中のVisa加盟店が対象

「Kyash(キャッシュ)」のバーチャルカードは、Visaカードを扱っているオンラインショップならどこでもどこでも使えます。アプリに表示されるカード番号と有効期限を入力し、クレジットカードの1回払いを選択すればOKです。ただしクレジットカードが紐づけられていない場合には残高以上の支払いには使えません。

Visaが使えるオンラインショップは非常に多いです。例えば毎月の予算を「Kyash」にチャージしてアプリ課金に使えば、使いすぎ防止にもなりますよね。

個人間送金の手数料は無料

銀行口座を介して送金する場合、ATMやネットバンクで相手の口座情報を入力するのに手間がかかる上に、数百円の手数料が発生するのがほとんどです。でも「Kyash(キャッシュ)」なら手数料0円で送金できます。

相手の口座情報がなくてもメールやSNSで送金リンクを送ることができます。またアプリのQRコードを読み込むことで友だちの情報の登録も可能です。

利用履歴はスマホで確認

チャージや送金など、残高の異動記録は全てアプリの履歴ページに反映されます。Money Forward(マネーフォワード)やZaim(ザイム)といった家計簿アプリとも連携できるので、いちいち家計簿をつけなくてもお金の管理ができます。

Google Payの非接触決済にも対応

2018年10月からはGoogle Payに「Kyash(キャッシュ)」のバーチャルカードを登録できるようになりました。コンビニなどの店頭ではQUICPayとして電子マネー決済に使えます。

App Storeの評価

App Storeには利用者のアプリの評価やコメントが数多く寄せられています。「Kyash(キャッシュ)」ユーザーの評価は5点満点中4.3点。なかなかの高評価ではないでしょうか。

★★★★★

2017/09/28

すごく楽!

ランチ代は同僚に立て替えてもらって、アプリで送金してます。
もうお財布持ち歩かなくなりましたw
しかも送金も買い物も手数料無料だからイイ
(о´∀`о)

★★★★★

2018/09/11

キャッシュバックされた……!

少額メインで使っています。使った瞬間に通知が来るので安心できます。
履歴も残るし、何より2%キャッシュバックが嬉しい。ネット通販の使い勝手は良いです。

個人的にはJCBが使えるようになると大変嬉しいのですが、大人の事情なのでしょうか……。

カード更新の際はリアルカードも更新しなくてはならないはずなので、そのあたり面倒に感じます。正直、限度額が少ない気がします。

ウォレットアプリは数が多く、500件近い評価が集まっているものはなかな見つけられません。そんな中でも平均評価が4点を超えており、好意的なコメントが寄せられていることから満足度の高さがうかがえます。セブン銀行ATMからのチャージを可能にしたり、1回の利用上限を5万円に引き上げるなど、現在も改修がすすめられていることから、今後も利用者に嬉しい機能が追加されることに期待です。

まとめ

「Kyash」はプリペイド型のアプリなので、一度チャージした残高を現金化することはできません。しかしVisaの加盟店ならオンラインでも実店舗でも支払いに使えるので、サービスや商品に交換できます。すぐに必要になるかもしれない現金のチャージはおすすめできませんが、家計簿アプリと連携できる点は便利です。上手に予算を管理するなら「Kyash」は使いやすいアプリだと思います。

相談窓口について詳しく見る