「Kyash(キャッシュ)」は常時1%ポイント還元!?上限金額や最新ニュースをご紹介

キャッシュレス・消費者還元事業の実施などにより、国内でのキャッシュレス化は日々進んでいます。クレジットカードやQRコード決済など、様々なスタイルのキャッシュレス決済に注目が注がれている昨今ですが、今回はプリペイド式のVisaカードでもある「Kyash(キャッシュ)」について見ていきたいと思います。

さらに、2020年初頭には新たに「Kyash Card」という新タイプのカードをリリースすることも発表されました。そちらについての情報も、こちらの記事でご紹介してまいります。

▶Kyash Cardのアプリダウンロードはこちら
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

「Kyash(キャッシュ)」とは

「Kyash(キャッシュ)」とか、株式会社Kyashが提供する、プリペイド式のVisaカードになります。全国のVisa加盟店で利用でき、Kyashアプリ上でリアルタイムに管理できます。プリベイド式のカードなので、審査は不要。年会費などもかかりません。また、すでにクレジットカードやデビッドカードを持っている場合は、手持ちのカードを登録することでチャージも可能です。

Kyash Visaカードは2つのタイプで利用できる

Kyash Visaカードですが、現在はプラスチックタイプの「リアルカード」と、アプリから利用できるオンライン専用の「バーチャルカード」の2タイプで利用が可能です。

Kyash リアルカード

Kyashリアルカードは、街のお店でもオンラインでも利用可能です。申し込み後、郵送でリアルカードが送付されますので、到着後使用可能となります。1回/1日のご利用限度額は5万円、1ヶ月のご利用限度額は12万円までとなっています。

Kyash バーチャルカード

Kyash バーチャルカードは、オンライン専用のVisaカードです。メールアドレスと携帯電話番号があれば、アプリから1分程度で発行でき、すぐに使える点も特長です。Visaが使えるオンラインショップであればどこでも利用可能です。1回/1日のご利用限度額は~3万円、1ヶ月のご利用限度額は~12万円となっています。ただし利用額の上限は登録カードにより異なりますのでご注意ください。

Kyashのメリットって?

Kyashがプリベイド式のVisaカードということはご理解いただけたかと思いますが、具体的にKyashを使うことでユーザーにはどういったメリットがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

Kyashはいつでも1%ポイント還元

Kyashの一番のメリットは、1%のポイント還元が行われている点だと言えるでしょう。決済金額に対して1%のKyashポイントが即時に付与され、1ポイント=1円でKyash残高へチャージ可能です。

また、Kyashは「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加していますので、キャッシュレス・消費者還元事業の対象加盟店での支払いをKyashで行えば、常時付与される1%のポイント付与に加え、消費者還元事業によるポイント付与も行われますので、最大で6%のポイント還元が実施されます。2020年6月末までの期間限定ではありますが、よりお得にお買い物ができますね!

ただし「バーチャルカード」の場合、ポイント還元は0.5%となっていますのでこの点にはご注意ください。

▶Kyash Cardのアプリダウンロードはこちら
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

利用履歴もスマホでチェック可能

Kyashで支払いを行うと、スマホに通知が届き履歴にも反映されます。この機能のおかげで、利用後の残高や明細もすぐに確認できますね。また、使う分だけ登録カードからチャージもできるので、使いすぎる心配がありません。また、Kyash Visaカードの利用はアプリからロックできるため、紛失の際に安心です。アプリ上のカード情報も表示・非表示が切り替えられるので、セキュリティ面でも安心できます。

▶Kyash Cardのアプリダウンロードはこちら
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

個人間の送金やわりかんも可能

Kyashアカウント同士であれば、リアルタイム送金がいつでも手数料無料で行えます。わりかんにも利用でき、登録カードから送金が可能です。

新たな「Kyash Card」が2020年初頭にリリース予定!

これまでリアルカードとバーチャルカードの2タイプのみだった「Kyash」ですが、2020年初頭に新たな「Kyash Card」を発行することが発表されました。新たな「Kyash Card」は一体どういったものになるのか、見ていきましょう。

ICチップ搭載でより便利になった「Kyash Card」

新たな「Kyash Card」の最大の特徴は、ICチップが搭載され、Visaタッチ決済も可能になった点です。本人確認を行うことで決済上限額も上がり、海外など今まで以上に幅広く利用できるようにもなりました。Visaタッチ決済に対応したことで、サインレスな支払いが実現し、より使いやすいサービスへ進化したといえるでしょう。
また、カード番号、カード名義などは裏面に配置され、よりシンプルなデザインになりました。ICチップや非接触決済機能を搭載したVisaカードとして、表側にカード番号がないプリペイドカードは日本初です。

新たな「Kyash Card」と従来の「Kyash」のスペック比較

先ほど、「Kyash Card」では決済上限額が上がるという話をしましたが、ここで従来の「Kyash」とのスペック比較をしていきたいと思います。

▶Kyash Cardのアプリダウンロードはこちら
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

これを見ると、「Kyash Card」の決済上限額は1日あたり30万円、1カ月あたり100万円と、従来のものと比較して大幅に上がっていることがわかります。ただし「Kyash Card」については本人確認書類の提出が必要であったりと、「審査なし」で発行できた従来のKyashとは違う側面も見られます。年会費は不要ですが、発行手数料は900円となっています。機能が増える分、これまでとは違ったコストも生まれているものと考えられるでしょう。

注目したいのが、これまで無料で発行できた「リアルカード」が、名称を「Kyash Card Lite」に改め、さらに発行手数料が300円必要になる点です。また、常時1%のポイント還元だったはずが、0.5%と半減されました。ただし、「Kyash Card」では引き続き1%のポイント還元は実施されます。

簡単に言えば、リアルカードを「Kyash Card」の下位互換のような形にしたいのだと思われますが、発行手数料無料で審査がない点が魅力だったことを踏まえると、この「Kyash Card」の登場が「Kyash」ユーザーに大きな影響を与えることは間違いないでしょう。

▶Kyash Cardのアプリダウンロードはこちら
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

まとめ

プリペイド式のVisaカードとして使いやすさとお得感が魅力であった「Kyash」ですが、新たに「Kyash Card」がリリースされることになりました。2020年初頭リリース予定とのことですので、リリースされたら、追ってまたKyashに関する情報を発信してまいります!

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。