3%ポイント還元…!「LINE Pay Visaクレジットカード」が登場

このたび「LINE Pay」は、クレジット会社大手のVisaと業務提携し『LINE Pay Visa クレジットカード』(仮称)を、2019年中に導入すると発表いたしました。初年度のLINEポイント還元率は、3%を予定しているとのことです。

これまでLINE Payは、クレジットカードを紐づけたコード決済は過去にあったものの、今ではその方式は廃止されて、銀行口座かコンビニからLINE残高にチャージするというものになりました。しかし今回の『LINE Pay Visa クレジットカード』は、唯一コード支払いができるクレジットカードとなります。

それでは『LINE Pay Visa クレジットカード』とは、いったいどのような特徴を持ったクレジットカードなのでしょうか。

 

ピピッとチョイス無料相談窓口
コンシェルジュに相談する

お電話でのご相談はこちら
03-5877-3993
(受付時間 平日9:00~19:00)

事前チャージなしで使えて、お金の管理もばっちり

今までLINE残高にチャージする方法は、銀行口座からかコンビニ支払いからかの2通りの選択肢しかありませんでした。しかし『LINE Pay Visa クレジットカード』を利用することにより、事前チャージをする必要はなくなります。決済方法を選択する幅も広がることから、LINE Payの利便性もより高まってくることでしょう。

また『LINE Pay Visa クレジットカード』をメインに使う方が増えるとしたら、LINEの家計簿アプリである「LINE 家計簿」との相性も良いのではないでしょうか。

さらにお金の管理の面でいえば『LINE Pay Visa クレジットカード』を利用した際に、LINEから決済通知が来るのも嬉しい機能です。この通知のおかげで「お金を支払ったと感じにくい」という、従来のクレジットカードとは一線を画しているといえますね。

初年度は年会費無料、3%のポイント還元

通常のクレジットカードであれば、普通は年会費が発生するものですが『LINE Pay Visa クレジットカード』は、初年度のみ年会費が無料になります。2年目以降は年会費がかかることが予想されますが、それに見合った見返りが『LINE Pay Visa クレジットカード』にはあるのです。

それは「3%のポイント還元」です。LINE Payでは、LINE Payの利用状況に応じてLINEポイントが付与される【マイカラー制度】として、最低でも0.5%、最高で2%のポイント還元があります。これに『LINE Pay Visa クレジットカード』で利用した場合、3%が上乗せされるわけですから、最低ランクのホワイトカラーでも、3.5%のLINEポイントが還元され、最高ランクのグリーンになりますと5%ものポイントが還元されます。5%のポイント還元は相当大きいのではないでしょうか。

ちなみに最高ランクのグリーンの条件としては、ひと月の決済金額が10万円以上となっていて、一見ハードルが高いように思えます。ですが、LINE Pay Visa クレジットカードをメインに使うのであれば、実店舗でのコード決済に比べ、月間10万円はそれほど難易度が高くないと思われます。

Visaのタッチ決済機能も

『LINE Pay Visa クレジットカード』は、LINE Pay加盟店のみならず、世界中の約5390万以上のVisa加盟店舗に対応します。特筆すべき点は、Visaのタッチ決済機能にも対応していることです。

Visaのタッチ決済機能とは、日本を含む世界の約200の国や地域で展開されている、国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法となります。一定金額以下の決済であれば、リーダーにタッチするだけで決済が済みます。サインや暗証番号入力が必要ないことから、スピーディにお支払いをすることが可能です。

Visaのタッチ決済機能に対応している店舗を見分ける方法は、Visaのロゴに電波の波のようなマークが入っているのが目印です。Visaタッチ決済機能を利用するときは、店頭で「Visaタッチ決済で」といえば問題なくお支払いができるはずです。

まとめ

今後『LINE Pay Visa クレジットカード』の登場により、LINE Payの利用率は大幅に上がることが予想されます。事前チャージが必要なく、使った分の決済履歴がLINEの通知でくるので、家計管理をするのにも利便性が高いサービスと言えます。

何より3%のLINEポイント還元というのは、非常に魅力的ですよね。使い勝手がいいことから『LINE Pay Visa クレジットカード』を、家計全般のカードに使うユーザーも増えることでしょう。

注意点があるとするならば、当然クレジットカードなので審査が必要であることが挙げられます。そしてLINE Payでの送金には、利用できない点も注意が必要です。

国内最大級のコミュニケーションアプリであるLINEが提供するLINE Payと、長年クレジットカード業界をけん引してきたVisaがタッグを組んだ、今回の『LINE Pay Visa クレジットカード』。今後どのようにユーザーに受け入れられるか、目が離せないですね!

 

店舗に合ったキャッシュレス決済を
導入してみませんか?
どんな決済サービスが合うのか、コンシェルジュに相談してみませんか?弊社がメーカーではないかわりに、無理な提案はいたしません。

無料で相談してみる

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。