LINEアプリで仮想通貨が買える「BITMAX」スタート【LINE Payとも連携】

2019年9月17日より、LINEアプリで仮想通貨が買える取引サービス「BITMAX」の提供が開始されました。国内で月間8,100万人以上が利用する「LINE」の中にあるサービスの一つ「LINEウォレット」からアクセスすることができ、仮想通貨取引が未経験の方でも安心・安全で簡単に取引をすることができます。

さらにキャッシュレス決済サービス「LINE Pay」との連携で入出金にも利用できるなど、利便性も高いことから利用者から注目を浴びています。今回は「BITMAX」の特徴などについてご紹介!仮想通貨に興味のある方はぜひ最後までお付き合いください。

そもそも仮想通貨とは?

まずは仮想通貨とはどのようなものなのかを確認していきましょう。

法定通貨と仮想通貨

日本円やドルなど国がその価値を保証してくれるお金を「法定通貨」と呼びます。普段利用している「現金」にあたりますが、最近利用者が増えているキャッシュレス決済で扱うお金も、通常の現金と価値は変わりません。

一方、仮想通貨は国家などによって一定の価値が保証されたものではなく、インターネット上でやりとりされる「交換するための媒体」、つまり電子データでしかありません。しかしインターネットを通じて資産として運用することができ、遠くの相手にでも短時間で送金できるなどのメリットもあるため、特定の国や組織に属さない、世界中で共有できる国際通貨として期待され、日本においても法整備が進んでいます。

新しい経済圏としての期待

現在、様々な企業やコミュニティが、独自の通貨を開発し、様々なプロジェクトを推進しています。国や政府が発行・管理する法定通貨とは違い、金融政策や財政政策の影響を受けないため、自律した全く新しい経済圏として仮想通貨を利用者間で循環させつつ、大きなコミュニティとなることで、仮想通貨としての価値も上がることが期待されます。

現在世界で流通している仮想通貨は1,500以上あると言われています。仮想通貨は投資としても利用することができ、価格の変動から利益を得られる可能性があります。少額からの投資が可能で、インターネット上で24時間管理ができるため、初心者でもはじめやすい投資としても人気があり、今後キャッシュレス決済が進むことによって、市場の拡大も予想されています。

仮想通貨の安全性

仮想通貨は、データを変換して解読を不可能とするハッシュ関数などの暗号技術を利用することで安全性を確保しています。行われる取引はブロックという単位にまとめられ、ブロックの連鎖をブロックチェーンと呼びます。このブロックチェーン技術を利用した取引は電子マネーと違い、第三者機関を介することなく価値の移転を行うことができるのが特徴で、ほとんどの仮想通貨で採用されています。

「BITMAX」で取引ができる仮想通貨

LINEアプリで仮想通貨が買える取引サービス「BITMAX」では、5種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2008年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文における構想が実用化された仮想通貨です。ブロックチェーン技術を利用することで、管理者の裏付けなしにネットワークを介して価値の保存や移転を行えます。数ある仮想通貨の中でも時価総額が最も大きく、今ではビットコインから分裂や派生した通貨も多く、仮想通貨の基軸となっています。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは2015年に登場し、2019年9月現在、ビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨となっています。ビットコインがブロックチェーン上ですべての取引記録を管理するのに対して、イーサリアムでは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができる「スマートコントラクト」という技術を利用しています。

リップル(XRP)

リップルは、2005年から運用が開始された歴史のある仮想通貨です。後発のビットコインの方が大きな注目を浴びたために、リップルは「アルトコイン(代替コイン)」と呼ばれています。リップルの通貨単位は「XRP」で、総発行枚数は1,000億XRPに設定されており、これ以上増えることがありません。そのためリップルの需要が高まるほど貴重となり、その価値が自然と上がることになります。なお、リップルでは、ブロックチェーン技術ではなく、「コンセンサスシステム」という、中央で責任を持って台帳を管理する、独自のしくみを採用しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年に行われたビットコイン(BTC)のバージョンアップに伴い、分岐して誕生した仮想通貨です。ビットコインでは1MBだったブロックの容量を、ビットコインキャッシュ(BCH)は32MBに拡大し、取引スピードが落ちる心配もなく、海外送金などでスムーズな取引ができるのが大きな特徴です。ビットコインキャッシュは、登場して数ヵ月のうちに時価総額の上位にまで躍り出て、その後も上位を維持しています。

ライトコイン(LTC)

ライトコインは、2011年にビットコインのソースコードを基に、元Googleエンジニアによって発案された仮想通貨です。ビットコインが抱える取引の処理速度の問題などを解決するために開発されました。送金スピードはビットコインの4倍にまで改善され、発行上限は8,400万枚に設定されています。より日常的に使われることを目的として作られた仮想通貨のため、仮想通貨が決済ソリューションとして普及することになれば、その価値はより高まる可能性があります。

LINE Payとの連携

「BITMAX」の利用には本人確認が必要です。確認手段としては「銀行口座登録と身分証確認」「スマホでカンタン本人確認」「郵送での本人確認」の3種類が準備されています。ただし「BITMAX」は、スマホ決済サービスの「LINE Pay」と連携しており、すでにLINE Payで本人確認を終えている方は、「BITMAX」での本人確認手続きを短縮することができます。

入金方法も「LINE Pay」からの入金、もしくは「LINE Pay」に登録している銀行口座からの入金と2通りから選択でき、スピーディな日本円の入出金が可能となっています。また、1,000円以下からの取引が可能なため、仮想通貨取引を試してみたい方、少額でお取引したい方なども、「LINE」上から簡単にアクセスし取引できるのが特徴です。

「BITMAX」のサービス概要

BITMAXのサービス概要は以下の通りです。

サービスタイプ 法定通貨による仮想通貨の売買が可能な販売所サービス
取扱仮想通貨 ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)
アカウント開設の要件 ・LINEアカウントをお持ちの方
・満20歳以上かつ満75歳未満の方
・日本国内に居住している方
ほか、詳細はBITMAX公式サイトを参照
登録費用 無料
手数料 日本円の入出金、仮想通貨の出庫には、所定の手数料が発生
詳細はBITMAX公式サイトを参照

まとめ

日本でもキャッシュレス決済が推進され、今後どんどん現金を利用しない取引が増加していきます。国境を超えて迅速な取引ができ、国際的に共有のできる仮想通貨は、世界の将来を担う新しい通貨として注目されています。

LINE Payとの連携によって、より身近に仮想通貨の取引が可能になった「BITMAX」。将来を見据えて仮想通貨の取引に、少額から挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み

関連タグ