PayPayとLINE Pay、結局どっちがいいの?考察してみた

現在いくつも存在するQRコード決済サービスですが、その中でも昨年末一気に知名度が上がったPayPay(ペイペイ)と、今や国民的なコミュニケーションアプリとなっているLINEが提供するLINE Pay(ラインペイ)が、注目を集めています。それでは果たして、どちらを使うほうが良いのでしょうか?お互いにメリットもあればデメリットもあります。どちらも魅力的で悩ましいところですよね。
そこで今回はこのPayPayとLINE Payとを、ユーザー側の視点と、店舗側の視点で比較し、考察していきたいと思います。ぜひ一読していただき、両者の特徴をしっかりとつかんでいただけたら幸いです。

PayPayとLINE Payについての概要

まずは、PayPayとLINE Payの概要について簡単におさらいしてみましょう。

PayPayについて

PayPayはソフトバンクとヤフー!が設立した合弁会社「PayPay株式会社」が提供するQRコード決済サービスです。PayPayの基盤はインド最大の決済サービス事業者の「Paytm(ペイティーエム)」です。

支払い方法

PayPayの支払い方法は2種類あります。

①ユーザースキャン方式
ユーザーが店舗に提示されているQRコードを読み込み、金額を入力します。これを店員に見せて確認してもらえば決済完了です。

②ストアスキャン方式
お店の人にバーコードを提示します。それを店舗側が読み取ることで決済が完了となります。

PayPayの利用者(消費者向け)のアプリのダウンロードはこちらより行えます。
▶iPhoneの方はこちら
▶Androidの方はこちら

LINE Payについて

今や知らない人はいないといえるくらい知名度の高い、インスタントメッセンジャーアプリ「LINE」の機能のひとつがLINE Payです。お店でのお買い物のほかにも、お友達同士の割り勘や送金機能も付いています。

支払い方法

LINE PayのQRコード決済の支払い方法はいくつかあります。

①ユーザースキャン方式
店舗が提示しているQRコードをユーザーが読み取ることで、決済が完了します。(ユーザーが金額を入力する場合もあります)。

②ストアスキャン方式
ユーザーが店舗側にコードを提示し、店舗側がそれを読み取ることで決済完了となります。

③QUICPay(クイックペイ)の「かざして支払い」
Googleのスマホ決済サービス「Google Pay(グーグルペイ)」に、LINE Payを登録することで、QUICPayを利用して読み取り機にスマホをかざし決済を完了させるやり方です。利用にはFeliCa対応のAndroidスマホと「おサイフケータイ」アプリ、「Google Pay」アプリのインストールが必要です。ですのでiPhoneには対応していません。

④LINE Payカード
国際ブランド付きプリペイドカードです。JCB付きプリペイドカードなのでJCB加盟店であれば国内外を問わず、実店舗、ネット通販など活躍の場は広いです。クレジットカードとは異なり、LINE Payにチャージされた分だけ使えるので、使い過ぎ防止にも役立ちます。

⑤オンライン決済
LINE Payはオンラインでの決済にも対応しています。方法は、支払い方法でLINE Payを選択後、LINEにログインしてパスワードを入力するだけで決済完了です。

ユーザー側の考察

ユーザーにとってはいかに「使いやすいか」「お得か」などが利点として挙げられるかと思います。ここではPayPayとLINE Payを、ユーザー側の視点で見比べてみましょう。

PayPayのユーザー側のメリット

①常に0.5%のポイント還元
PayPayで支払いをすると、支払金額の0.5%相当のPayPayボーナスが付与されます。1ポイント1円単位で使えるうえ、期限が決まっているキャンペーンではないのでお得ですね。

②大型キャンペーンに期待ができる
2018年12月4日から、大盛況によりわずか10日でキャンペーン終了となった「100億あげちゃうキャンペーン」などで、知名度がグンと上がりました。今後もこういった大型キャンペーンが実施されることが期待されます。

③使えるお店が急増中
PayPayが使えるお店はどんどん増えています。コンビニでは、ファミリーマートやミニストップ、飲食店では白木屋や和民などの居酒屋が多く、家電量販店ではビックカメラやヤマダ電機などが現時点で利用可能です。これからも対応するお店は順次拡大していく予定で期待が持てますね。

④加盟店舗を地図で表示
PayPay Mapという機能を使うと、PayPayに対応しているお店を地図に表示してくれる機能があります。非常に便利な機能といえるのではないでしょうか。

PayPayの利用者(消費者向け)のアプリのダウンロードはこちらより行えます。
▶iPhoneの方はこちら
▶Androidの方はこちら

LINE Payのユーザー側のメリット

①LINE Payボーナスによるポイント還元
LINE Payでは、LINE PayのQRコード決済を利用した際に、0.5%~2%のポイントが還元されます。バッジカラーというランクのようなものが存在し、バッジカラーによって還元額は変わります。1ヶ月間の全てのLINE Pay残高を利用した支払い金額によってカラーが判定されます。カラーの判定金額および付与率は以下のとおりです。

カラー 還元率 条件
グリーン 2% 決済金額 : 10万円以上
ブルー 1% 決済金額:5万円~10万円未満
レッド 0.8% 決済金額:1万円~5万円未満
ホワイト 0.5% 決済金額:1万円未満

②ポイント還元キャンペーンを実施することも
LINE Payでは毎月月末に「Payトク」というキャンペーンを実施しています。これは10~20%のポイントを還元するというものです。開催期間はLINEでお知らせが来るので見逃せませんね。

③請求書支払いにも対応
請求書に印刷されたバーコードを読み取ることで、公共料金などが支払うことができる「LINE Pay 請求書支払い」という機能もあります。わざわざコンビニまで足を運ばなくてもいいというのは便利です。

④すべてのQUICPay加盟店で使える
先述した通り、LINE PayはQUICPayの「かざして支払い」に対応しています。Androidスマホのみ利用可能なところは難点ですが、QUICPayに対応しているお店は多いので、様々なお店で使えるというのはありがたいですね。

店舗側の考察

店舗側にとっての利点は「いかに導入しやすいか」「いかに顧客をつなぎとめられるか」という点だと思います。ここでは店舗側の視点に立って見ていきましょう。

PayPayの店舗側のメリット

①0円で始められる
PayPayでは初期導入費、決済手数料、入金手数料が0円ですんでしまいます。0円で始められるので店舗側としても負担がなく、気軽に始められるのではないでしょうか。

②「支付宝(Alipay/アリペイ)」にも対応
中国のQRコード決済サービス最大手ともいえる「支付宝(Alipay/アリペイ)」が、PayPayコードでも使えます。しかも2020年9月30日までは、決済手数料0%というから驚きです。これでインバウンド対策もばっちりですね。

③ステッカーを貼るだけで集客ができる
決済手数料0円で始めるには「ユーザースキャン方式」が条件となっています。裏を返せばユーザーが勝手にQRコードを読み取り、金額を入力して提示してくれれば決済ができるわけですから、タブレット端末でQRコードを表示したりするよりもっと原始的な方法で、ステッカーを貼るなどすれば導入コストも安く済みます。

④ジャパンネット銀行を使えばお得
入金タイミングや入金手数料に関しては、ジャパンネット銀行を使ったほうがお得です。入金タイミングであれば、他の金融機関が翌々営業日なのに対し、ジャパンネット銀行であれば翌日となっています。また、2020年6月30日まで無料となっている入金手数料も、ジャパンネット銀行なら永年無料です。

⑤PayPayはキャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者
PayPayは、2019年10月1日~2020年6月30日の期間限定で実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」の決済事業者として登録されています。もし自身の店舗が、キャッシュレス・消費者還元事業加盟店認定されれば、期間中お店でPayPayでの支払いをしたお客様には5%ないし2%のポイント還元が実施されます。さらにPayPayは還元事業によるポイント還元とは別にPayPayボーナスを付与しますので、お客様は利用するだけでポイントを獲得できる仕組みです。ポイント還元での集客効果にも期待できますね。

>>PayPayの導入相談はこちら<<

>>PayPayの加盟店申請(公式サイト)<<

※ピピッとチョイスへのご相談の場合は、PayPay導入希望の旨を必ずお書きください。
※加盟店申請後またはサービス導入後のご質問・お問い合わせは承っておりませんため、PayPay公式サイトへご連絡ください。

LINE Payの店舗側のメリット

①LINE Pay 店舗用アプリをインストールするだけで決済可能に
タブレット端末などにLINE Pay 店舗用アプリをインストールすれば、もうLINE Pay決済が可能になります。アプリの特徴としては、レジ機能のほかに店舗アカウントをユーザーに友だち追加してもらうことで月に1000通のメッセージ配信が行えます。これで販促メッセージやクーポンの配布も可能になります。

②LINE Pay据置端末であれば決済手数料が期間限定で無料
通常であれば2.45%かかる決済手数料ですが、LINE Pay据置端末であれば2021年7月31日まで無料です。ただし月に1,500円かかる端末利用料は無料ではありますのでご注意ください。

③Star Pay(スターペイ)端末を使えばインバウンド対策も完璧
株式会社ネットスターズが開発・販売する「Star Pay」端末を使えばLINE Payだけでなく中国の2大QRコード決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」と「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」にも対応しています。これ1台あればレシートも発行できるのでとても便利です。端末は費用がかかる点だけ留意しておきましょう。

④オンライン決済にも対応
店舗側自らが接続設定をすることも可能ですが、決済代行事業者を通じて接続することもできます。これにより、ユーザーはオンラインでスムーズなお買い物ができることになります。

⑤プリントQRでかんたん決済
タブレット端末や機器の設置などは不要で、QRコードがプリントされた「プリントQR」を掲示するだけで、ユーザーがそれを読み取り、決済をすることが可能となります。決済方法はQRコードを読み取ってから金額を入力する方法と、金額固定でただ読み取るだけの2種類の方法があります。

⑦LINE Payはキャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者
LINE Payも、PayPay同様に「キャッシュレス・消費者還元事業」の決済事業者として登録されています。キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店申請が通れば、対象のお店でお客様がLINE Payで支払いをした際に5%のLINE Payボーナスが付与されます。

キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店になるには?

PayPay、LINE Payともに「キャッシュレス・消費者還元事業」の決済事業者とご説明しましたが、PayPayやLINE Payを始めれば自動的にキャッシュレス・消費者還元事業の対象加盟店になるわけではありません。決済事業者を通じて、キャッシュレス・消費者還元事業加盟店の審査を受ける必要があります。基本的には中小・小規模事業者のみが対象となります。

LINE Pay、PayPay…そのほかのQRコード決済はどうなってる?

LINE PayとPayPayを比較してみていきましたが、そのほかのQRコード決済についても気になっている店舗は多いと思います。
ピピッとチョイスでは、店舗向けにQRコード決済サービスをまとめて比較できる特設ページを用意していますので、こちらもぜひご覧ください。

>>【店舗向け】QRコード決済サービスまとめて比較<<

まとめ

以上のようにユーザーの視点と店舗側の視点とでは、似て非なる特徴を持ったQRコード決済サービスであることがわかりました。ユーザー視点から見ると、なじみのあるLINE Payにやや軍配が上がりそうですが、大型キャンペーンの実施が期待されるPayPayはさらに注目度が上がりそうですね。

一方、店舗視点で見ていくと、期限や条件付きではあれ0円で始められるPayPayはとても敷居が低く設定されているように感じます。しかし、販促メッセージやクーポンの発行などを行えるLINE Payもとても魅力的です。どちらも異なるメリット・デメリットを持っているサービスですので、賢く使いこなしていきたいところですね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み