現金もカードも必要なし!未来を先取りする「LIQUID Pay」

指紋

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。海外に比べると現金決済の割合が非常に高いとされる日本ですが、店頭ではクレジットカードや電子マネーに加え、スマホアプリを使った支払方法も目にするようになってきました。テクノロジーの発展とともに、いろいろな決済サービスが登場しています。

ところで現金不要、クレジットカードやスマホも不要で、自分の指紋だけで買い物ができたらスゴいと思いませんか?実は、生体認証を利用して支払いができるサービスも登場しているのです。その名も「LIQUID Pay」。手ぶらでお買い物ができる技術が既に実用化されています。

「LIQUID Pay」とは

LIQUID Payの画面イメージ

LIQUID Pay」は株式会社LIQUIDが提供するカードレスな決済サービスです。指紋スキャナーのLIQUID SensorとWindows タブレットをUSBでつなぐと、指紋による決済が可能になります。指紋は遺伝子が完全に一致する一卵性双生児でも紋様が異なり、加齢による変化もないことが確認されているそうです。

ちなみにLIQUID Sensorは3本の指の指紋を登録して本人認証するLIQUID独自の端末です。指紋とともに静脈や汗腺なども照合し、スキャンした画像データは暗号化されて端末に残らない設計です。指紋画像で生体情報を管理しないので、生体情報の流出リスクを回避します。

使い方はプリペイド型の電子マネーとほぼ同じです。あらかじめ店頭で専用端末に指紋情報を登録し、現金を支払って指紋にチャージします。店舗では指紋の登録だけ済ませ、コンビニでチャージすることも可能です。買い物をするときは店頭でLIQUID Sensorに指を乗せるだけ。お財布から現金やカードを出す手間は一切ありません。

決済サービス 無料相談はこちら

多機能な「LIQUID Regi」を併用して多様な決済を可能に

LIQUID Regiの外観

LIQUIDが提供する「LIQUID Regi」を併用すれば、複数税率の計算や商品管理を簡単にでき、クレジットカード決済などへの対応も可能です。オプションのNFC機器を追加すれば電子マネーの導入もできます。また会員クーポンなどを発行する機能もあるので、お客様の囲い込み施策も簡単に実行できます。

軽減税率対策補助金の対象

2019年10月から10%に引き上げられる予定の消費税。低所得者対策として酒類と外食を除いた飲食料品などについては軽減税率8%が適用されることになっています。事業者には複数税率に対応するための補助金制度として「軽減税率対策補助金」があります。「LIQUID Regi」はこの「軽減税率対策補助金」の対象レジになっているので、レジ本体や機器購入にかかる費用のうち1/3、20万円までを補助金で賄うことができます。

決済手数料は業界最安!

「LIQUID Regi」で使えるクレジットカードはVISAとMASTERで、決済手数料は 3.24%〜と業界最安水準です。また「LIQUID Pay」の決済手数料は驚きの1%~!一般的なクレジットカードや電子マネーの決済手数料と比べると破格の設定です。

決済サービス 無料相談はこちら

経済産業省の実証実験などにも数多く参加

LIQUIDは政府や企業との共同サービスを数多く実現しており、経済産業省との共同プロジェクト「Touch & Pay」でホテルのカウンターでの「手ぶらチェックイン」や観光施設での「手ぶら決済」を実現させています。

ホテルでの実証実験では、チェックイン(パスポート確認やコピー、保管)にかかる時間を約50秒から約15秒に短縮したり、店舗での免税手続きにかかる時間を約135秒から約50秒に短縮するなど、外国人観光客向けのサービス向上に貢献しており、2017年4月には内閣府国際広報動画 “Innovation Japan” シリーズに取り上げられました。

ハウステンボスや湯河原エリアで体験が可能

長崎のハウステンボスでは、ハウステンボス会員のための「ハウステンボスマネー」として、LIQUIDの指紋決済システムが導入されています。利用者はハウステンボスの入り口などで指紋を登録し、現金をチャージします。

また関東有数の温泉街である箱根・湯河原温泉・鎌倉エリアでも「LIQUID Pay」を導入する施設や店舗が増えています。じゃらん楽天トラベルるるぶで「ゆびクーポン」を使った特典付きの旅行が予約できるので、秋の旅行シーズンに利用してみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
おもてなしプラットフォームで実証実験中の指紋決済。安全性は大丈夫?

決済サービス 無料相談はこちら

まとめ

LIQUIDは指紋認証技術をドアのカギに応用した「LIQUID Key」というサービスも開始しています。家のカギや車のキーに応用されれば、カギを無くしたりキーを閉じ込めたりする心配もありませんよね。LIQUIDの技術が広まると、手ぶらでお店に行って指紋で支払いをし、玄関に指をかざしてドアを開ける…なんていう、SF映画で見たような光景が現実になるのかもしれません。

決済サービス 無料相談はこちら