テイクアウト・フードデリバリーアプリ「menu(メニュー)」って?サービスやエリアをチェック

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による外出自粛要請で、ニーズが増えてきているテイクアウトやフードデリバリーサービス。
自宅にいるだけで、本格的なレストランの食事を楽しむことができたり、飲食店でも配達員を用意しなくても利用できる点が非常に便利で、コロナ収束後にもテイクアウトやデリバリーの文化は残るのではないでしょうか。
さまざまなサービスが増えている中、今回はCMも放映され、認知を広めつつある注目のテイクアウト・フードデリバリーサービス「menu(メニュー)」についてメリットを含め詳しく紹介していきます。

menu(メニュー)とは

menu株式会社が提供するテイクアウトアプリの「menu(メニュー)」は、スマートフォンで簡単に料理のテイクアウトやデリバリーを注文することができるサービスです。
加盟店はチェーン店からミシュランの星つきのお店までさまざまで、多くの種類の料理を楽しむことができます。

リリース当初はテイクアウトサービスとして運営されていましたが、フードデリバリーの需要と共に、2020年4月7日(火)からデリバリーサービスをスタートしました。デリバリーサービスは東京23区のエリアが対象になりますが、テイクアウトサービスは全国47都道府県にて対応しています

また、一部の店舗であれば、24時間注文やお届けをすることが可能です。営業時間を気にせず、好きなタイミングで利用することができるのは、menuの特徴のひとつと言えます。配達可能な時間帯が決まっているサービスが多い中、menuでは、夜中に小腹がすいたり、仕事から遅くに帰ってきてご飯を作る時間がない際にも利用することができます。
配達はmenuの配達員がデリバリーをしてくれるので、飲食店は配達員を用意する必要がなく、タブレットの用意さえあればすぐに導入することができます。

menu(メニュー)の使い方

「menu(メニュー)」は専用のアプリから利用することができます。
menuのアプリからマップを開き、どこのお店でテイクアウトができるのかを探すことができます。
自宅の近くに今まで知らなかったテイクアウト可能なお店を探すことができ、menu限定のメニューを出している店舗もあるので、テイクアウトの楽しみを広げるサービスです。

デリバリーを注文する場合は、menuのアプリから届けてほしい場所を指定します。注文したいお店とメニューを選択したらあとは待つだけになります。
事前決済になりますので、お金を用意したり、現金のやり取りなく商品を受け取ることができます。

menu(メニュー)利用のメリット

menuには、他テイクアウトやデリバリーサービスと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

配達クルーの位置情報をチェックできる

menuでは、配達クルーがどこにいるのかをアプリのマップ上で確認することができます。指定した場所への到着時間の目安を把握することができるのは到着時間の目安を図るうえでも便利な点です。

クチコミ評価で人気のお店を探せる

menuは、商品を頼んだ方の口コミを見ることができるのでお店選びの参考にすることができます。
さらに、★の数で並べ替え変え、お店の情報を絞り込むこともできます。料理のジャンルや配達時間などで調べることができるサービスは多いですが、さらに評価のいいお店を効率良く探すことができる機能まであります。単なるテイクアウトアウトサービスとしてだけではなく、美味しいお店探しまで出来るのはメリットだと言えます。

キャッシュレスの事前決済なので受け取りも安心

menuは、代金を事前にキャッシュレス決済で支払う仕組みなので、商品の受け取り時に現金のやり取りが必要ありません。キャッシュレス決済であればウイルスなどの接触感染を防いだり、代金に関するコミュニケーションも少なく済み、ストレスも軽減されるでしょう。
ただし支払い方法はクレジットカードのみとなり、現在はQRコード決済には対応していませんので注意しておきましょう。

menu(メニュー)飲食店側のメリット

続いて、menuを導入する飲食店側のメリットを紹介していきたいと思います。menuは、インターネットに繋がっているタブレットをお持ちであればアプリをダウンロードするだけで、すぐに導入が可能なサービスです。
導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

手数料が期間限定無料!0円で導入可能

menuでは全国の飲食店の方を対象に、期間限定で手数料が無料になるキャンペーンを行っています。
2020年4月13日~2022年3月末まで、初期設定費・サービス利用料・カード手数料・タブレットレンタル料が全て無料で利用することができます。通常であれば、初期費用5万円、サービス利用料10%、カード手数料3%、タブレット費がかかるところ、期間中であれば全て無料でテイクアウトを利用することができます。
新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けている中、テイクアウトの導入で売上アップを狙う飲食店には嬉しいキャンペーンになります。

事前注文・事前決済でキャンセル損失がない

menuは、事前注文・事前決済になりますので、面倒な現金のやり取りもなく、キャンセルによる損失を防ぐ効果があります。
テイクアウトの場合でも、万が一お客様が商品を取りに来なかった際に、料金の未回収が起こってしまったなんてことはありません。

テイクアウト・デリバリー需要による売り上げアップ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、自宅で手早くおいしい料理を食べることができるとデリバリーの需要が高まっています。
緊急事態宣言などで、休業や営業時間の短縮を余儀なくされ、売上が減少している店舗でも、デリバリーに対応することで売上を確保していけるでしょう。

menu(メニュー)加盟店になる場合に注意したい点

ここまで「menu(メニュー)」のメリットについて紹介してきましたが、導入の際に注意点がありますので事前に確認しておきましょう。

デリバリーエリアは東京23区のみ

現在menuでデリバリーを注文できるエリアは東京23区のみになります。配達可能エリアは随時拡大予定です。
配達エリアの確認方法は、menuのアプリから「配達」タブの上部にある「お届け先」をタップします。お届け先に住所や建物名を指定するか、位置情報から指定し、配達したい住所が選択可能で、店舗情報が表示されれば配達可能エリアになります。

初期費用・手数料が無料なのはテイクアウトサービスのみ

初期設定費・サービス利用料・カード手数料・タブレットレンタル料が無料で利用できるキャンペーンは、テイクアウトサービスのみになります。
東京23区限定のデリバリーサービスを利用する場合は、対象外となる可能性がありますので、導入の際に確認しておきましょう。

売上金の入金サイクル

menuの入金システムはわかりやすく、運用もしやすくなっています。入金額が5,000円を超えている場合に振り込みとなり、5,000円に満たない場合は、5,000円を超える月まで振り込みは保留となりますので注意しておきましょう。入金額が5,000円を満たなくても、6ヵ月経った場合は振り込みとなります。

銀行 指定なし
売上締め 当月末締め
入金タイミング 翌月末払い
入金手数料 440円

まとめ

今回は、スマートフォンで簡単に料理のテイクアウトやデリバリーを注文することができる「menu(メニュー)」について詳しく紹介していきました。
テイクアウトの注文もアプリで対応でき、デリバリーの一部の地域では24時間の配達も可能で、非常に便利なサービスです。
テイクアウトは全国で対応可能、デリバリーは可能エリアが東京23区内のみになりますが、順次エリア拡大予定になりますので、テイクアウトやデリバリーで売り上げアップしたい方は是非チェックしておきましょう。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。