「メルペイ」提供開始。メルカリの考える決済サービスとは

2019年2月13日、株式会社メルペイは「メルカリ」内にて「メルペイ」のサービス提供開始を発表しました。以前、メルペイに関しては下記でも取り上げていましたが、どのようなサービスになったのでしょうか。

▼以前の記事はコチラ

メルカリの金融関連の新規事業「メルペイ」について

“メルペイ”はメルカリの売上を店舗で使えるサービス

「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」内に設置され、メルカリ内での売上や獲得したポイントを使えるサービスです。以前は、売上についてはメルカリ内で別のユーザーが出品したフリマ商品を購入するか、登録した自分の口座に振り込むことしかできませんでした。今回の「メルペイ」リリースにより、全国のコンビニなどのリアル店舗でもメルカリ内での売上を利用できるようになります。

メルカリの売上金がなくても、登録した銀行口座からメルペイへのチャージが可能

メルペイに銀行口座を紐づけることにより、メルペイにチャージ(入金)して使うことも可能です。売上金だと使うには足りない…という場合など、自分の口座から入金して自在に決済ができるようになる仕組みです。

メルカリで経済圏を作る構想が見えてくる

メルペイの最大の強みは、お金を「使う」だけでなく、メルカリと掛け合わせることによりお金を「稼ぐ」もカバーしているという点です。メルカリで稼いだお金で、メルペイ決済で好きなものを買う… 行動の中に一切現金が発生しなくても、ユーザーが必要なものを手に入れられる、そんな時代がやってきています。




“メルペイ”の始め方

試しに操作してみました。iOS端末でメルカリアプリをアップデートをすると、「メルペイ」のメニューが登場。電子マネーカードを端末に登録すると、店舗での支払いが可能になりました。細かい入力が不要なので、初期設定もとても簡単に完了しました。

使えるのは、iD支払いに対応した全国80万か所が対象

メルペイは三井住友カードとの事業連携により、かざして使える非接触決済サービスの「iD」に対応。iDと連携している店舗で使えます。QRコードではなく、電子マネーのような形態になります。

メルカリ信用情報を利用し、メルペイで後払いサービスを提供

2019年2月20日に開催されたメルペイカンファレンスでは、メルペイを利用した後払い手段の発表もありました。今までの「メルカリ月イチ払い」がリニューアルされ、メルペイ後払いサービスに生まれ変わる予定です。リアル店舗でその場でお金がなくても、クレジットカードが買い物ができるというのは画期的です。

メルペイ加盟店の決済手数料は1.5%

メルペイカンファレンスでは決済手数料も発表されました。加盟店の導入費用、月額費用は無料。決済手数料は1.5%です。auPayとも連携、ネット決済にも対応し、リアル店舗でも使えるようになる展望のメルペイ。店舗側にとっても注目のサービスと言えるでしょう。

まとめ

以前より注目していたメルペイがついにスタートしました。筆者としてはQRコード決済サービスかと思っていましたが、非接触決済サービス「iD」との連携でスタートしました。今後の動きにも注目していきます。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

関連タグ