これから期待の民泊プラットフォーム。決済手段はどうする?

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。2015年ごろから認知されだした民泊。2018年6月からは、いわゆる民泊新法が施行される予定となっており、今後さらなる民泊の普及が見込まれています。今回は民泊についておさらいした上で、おすすめのモバイル決済をご紹介します。

民泊とは

数年前から話題の民泊は、個人の家やシェアハウス等に宿泊することで現地の生活を体感できるとして人気の宿泊スタイルです。もともと民泊とは一般の民家に泊まることを意味する言葉でした。今のように宿泊施設や交通機関が整備されていない時代には、家人の善意によって見知らぬ人に食事や寝る場所を提供することが当たり前に行われていたそうです。

現在は訪日外国人の増加によるホテル不足の解消や、地方で増加が問題視される空き家をビジネスに活用できるとして注目を集めています。ただし、現行の旅館業法ではホテルなら10室以上、旅館なら5室以上の部屋数が必要で、フロントの設置などが義務付けられています。個人宅や空き部屋を利用する民泊ではこの条件を満たすことが難しく、基準を満たさないまま営業しているケースも多く見られることから、近年は法整備の必要性が叫ばれていました。

2017年に可決成立し、2018年6月15日から施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)では、大幅な規制緩和により個人でも届出をすれば民泊の営業が簡単にできるようになります。これにより、なかなか入居者が決まらないアパートの1室や、空き家のまま放置されている物件を活用した民泊が熱を帯びてくることが予想されます。個人事業主としての起業も夢ではありません。

決済サービス 無料相談はこちら

民泊の2大サイト

近年における民泊は、インターネットの仲介サイト(プラットフォーム)によって宿泊したい人とホストを結び付けるスタイルで世界的に広まりを見せています。日本で有名なのはAirbnb(エアビーアンドビー)とBooking.com(ブッキングドットコム)です。

Airbnb(エアビーアンドビー)

民泊サイトとして良く耳にするAirbnbは、2008年にアメリカで誕生し、世界的に人気を集めているサービスです。Airbnbなら誰でも簡単にホストとして登録することができます。宿泊人数や宿泊料もホストが自分で決められます。

ホストが受け入れる旅行者に対し、Airbnbはプロフィール写真の公開と電話番号やメールアドレスの認証を義務付けています。また、旅行者は事前にサイト上で決済を済ませることになっているので、受け入れの際に金銭の授受が発生しません。

旅行者がチェックインした後、ホストには3%のサービス料を差し引いた金額が自動で送金されます。そのためホストがAirbnbに支払う利用料は、ゲストがチェックインするまで無料です。

Booking.com(ブッキングドットコム)

1996年にオランダのアムステルダムで登場したBooking.com。こちらも世界的に認知されているサービスの1つです。宿泊施設の掲載は無料で、Booking.comを経由して成立した宿泊予約に対してコミッション料が発生します。コミッション率は施設登録時に示され、毎月末にコミッション料の請求書が送付されます。なおゲストが無断キャンセルした場合にはコミッション料は発生しません。

Booking.comには決済システムがないため、ホストは施設到着時に宿泊料をゲストから回収する必要があります。海外では日本に比べて現金以外の支払方法が主流となっていることが多いので、クレジットカードやQRコード決済のような支払方法を用意しておくと、ゲストに喜ばれるかもしれません。

※【2018年11月16日追記】Booking.comは決済代行業者と提携し、サイト上で事前決済を受け付けるサービスを開始しています。詳しくは公式サイトのパートナーヘルプをご確認ください。

決済サービス 無料相談はこちら

民泊におすすめのモバイル決済サービス

ネット上で事前決済ができない場合、ホストが自分の手でゲストから宿泊代を回収しなければなりません。日本では現金払いが一般的ですが、外国人旅行者にとっては使い慣れない紙幣や硬貨の取り扱いが難しかったり、盗難の恐れから多額の日本円を持ち歩きたくないという心理があります。また海外ではクレジットカードやスマホアプリによる決済が主流となっている国も多いです。

個人で民泊を始めるなら、なるべく初期費用や決済手数料が安いモバイル決済でクレジットカードや電子マネーによる支払方法を導入してみてはいかがでしょうか。訪日外国人の4分の1を占める中国人が利用するアリペイやWechat Payにも対応しているものを選べば、他の民泊との差別化も図れます。

Coiney(コイニー)

日本生まれのCoineyは、タブレットを利用したモバイル決済サービスの1つです。「Coineyターミナル」でICクレジットカードを読み取ることで決済ができます。また各種POSレジサービスや会計ソフトとの連携も可能なので、現金よりも会計処理の手間を省いた運用が可能です。

Coineyペイジ」でオンライン決済用のWebページが簡単に作成でき、英語や韓国語などの多言語対応が可能です。この機能を利用すれば、外国人を受け入れる際の強い味方になってくれること請け合いです。また「Coineyスキャン」はWechat PayのQRコードを読み取ることができるので、中国人観光客のおもてなしとしても喜ばれると思います。

Airペイ(エアペイ)&モバイル決済 for Airレジ(エアレジ)

Airシリーズの「Airペイ(エアペイ)」は、1台のカードリーダーでクレジットカードと電子マネーに対応できるサービスです。近年、観光客は電車やバスを利用する際にSuicaやPASMOといった交通系電子マネーを利用しています。「Airペイ」なら交通系電子マネーが使えるようになるので、観光客の利便性向上に役立ちます。

「モバイル決済 for Airレジ(エアレジ)」はアリペイに対応しているほか、LINE Pay(ラインペイ)やビットコインによる支払いも受け付けることが可能です。いずれの決済方法もiPAd用の無料アプリ「Airレジ」で決済情報を管理することができます。もちろん会計ソフトと連携させれば、確定申告の書類作成も簡単です。

※2018年8月17日追記:2018年1月下旬以降、ビットコインの取り扱いは中止されています。

決済サービス 無料相談はこちら

まとめ

民泊が普及すると、ますます地方に外国人観光客の流入が増えることが予想されます。彼らが求めているのは地元の人とのふれあいです。確かに言葉が通じないかもしれないと思うと不安もありますが、たとえ日本語で押し通したとしても、心を通わせることはできるはずです。

既に日本独特のおもてなしの心はSNS等を通じて世界中に発信され、高い評価と関心を得ています。田舎だから魅力がないと思っているのは住んでいる人間だけかも知れません。これからさらに加速する地方創生の波。このチャンスを逃す手はないと思います。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら