Android携帯でもSuicaを始めてみたくなった方へモバイルSuicaの登録方法

Apple Payの影響で、多くの人が携帯電話をかざして改札を通り抜ける姿を見ていると、Android派としては歯がゆい感じを覚えませんか?ということで、今回はAndroidでもSuicaを利用してみたくなった方へ、Android携帯でSuicaを利用できるように設定する方法をご紹介します。

AndroidでSuicaを使いたい!

%e5%86%99%e7%9c%9f-3

Apple PayでSuicaが利用できる!」というニュースから数日が過ぎ、YoutubeでYoutuberが『Apple PayでSuicaを利用してみました。』というような投稿を見ていると、どうしても気になってしまいます。これは是非使ってみたい!

しかし、現在使っているスマホはiPhone7ではありません。手元のアンドロイド・・・XperiaZ5は結構気に入っている端末。2年を待たずにiPhone7への機種変更も頭をよぎったのですが・・・・うーん、ここは我慢。

でもやっぱり使ってみたい!ということで「Android」でモバイルSuicaをダウンロードして使ってみることにしました。

Android版のモバイルSuicaのアプリをダウンロード

%e5%86%99%e7%9c%9f-18

まずは公式ホームページのモバイルSuica対応機種一覧で、XperiaZ5がモバイルSuica対応の機種であることを確認。Google Storeで「Suica」と検索すれば、アプリが簡単に見つかります。早速自分の携帯にモバイルSuicaのアプリケーションをダウンロードしましょう。ダウンロードには多少時間がかかるので、その間に登録する予定のクレジットカードを用意しておきましょう。

<関連記事>
キャッシュレス化のメリット&デメリット≪消費者編≫

会員登録&Suica定期券の発行

%e5%86%99%e7%9c%9f-13

ダウンロードが完了すると、ナビゲーションやおサイフケータイなどへのアクセスを要求されます。また、今までおサイフケータイを利用したことがない場合には、自動的におサイフケータイの設定を誘導してくれます。ちなみにモバイルSuicaは、SF(電子マネー)はもちろん、定期券・Suicaグリーン券・モバイルSuica特急券・エクスプレス予約が利用できるようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-12

使用できるクレジットカードは、Viewカードを先頭にJCB、VISA、MASTER、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、EXPRESS CARDの7種類です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-7

入会登録画面を押すと、必要事項を記入する欄が現れます。画面の案内に従って登録を進めます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-9

会員情報入力後は各種設定です。クレジットカード情報入力をし、確認画面を経由して登録完了になりました。メールアドレスを登録してから、確認のメールが届くまでには若干のタイムラグがありました。

仮登録から本登録が完了すると、一度ログアウトした状態になります。再度IDとパスワードを入力して本メニューにログインします。

%e5%86%99%e7%9c%9f-6

あれ???登録画面とは違い、なんだか一昔前のサイトデザインです・・・。とにかく今は残高0円ですので、早速SFマネーをクリックしてチャージを試みようとしたところ・・・・

%e5%86%99%e7%9c%9f-5

!!!!なんと、年会費を支払わないとサービスが利用できないというのです。そんな話、聞いてないぞ!と思って、登録時に画面をキャプチャーしていた私は急いで見返したところ・・・

%e5%86%99%e7%9c%9f-10

しっかりと注意書きがありました。登録する一番初めの画面にありました。ビューカードを登録しなかった場合には年会費1,030円がかかるんですね。う~ん、正直Apple Payでは年会費がかからないのに、モバイルSuicaで年会費がかかるのは納得いきません。が、ココまで来たら1,030円を払いましょう。そのうち無料になることを期待して。・・・チャージしました。しかもチャージ料金は1,000円単位でした。

screenshot_20161028-110936

<関連記事>
【楽天Edy】「Edyチャージ」でスマホからの入金が可能に!

Suicaポイントクラブアプリケーションのダウンロード

%e5%86%99%e7%9c%9f-17

続いてSuicaポイントクラブに入会したいと思います。理由としては、買い物でSuicaを利用するとポイントがたまり、1ポイント1円でチャージできるからです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2

早速ダウンロードしてみると、以下の画面が表示されました。新規会員登録を進めてみます。先ほどのモバイルSuicaのIDとパスワードが必要になるので、控えておくとスムーズに登録ができます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-1

screenshot_20161028-113619

無事に登録が完了して、クラブのトップ画面から色々とチェックしてみることにしました。

%e5%86%99%e7%9c%9f

なかなかいいですね~。ポイント5倍~10倍などのおススメ情報が表示されていて、クーポンなんかもあります。なるほど~これで登録したクレジットカードのポイントと、このSuicaの利用ポイントで使った分だけ儲かるかもしれないと思い、ルンルン気分でポイントのたまるお店を確認してみました。KIOSK、NewDays、ecute、BECKS coffee shop、スリーエフ、Ario、イトーヨーカドー、紀伊国屋書店、ANAなどなど。フムフム・これはいいですな~!お得にお買い物ということが出来そうです。

しかし、よくよく見てみると。ポイント加盟店は、全て関東・東北・中部までなのです!なんとなんと!!ピピッとチョイス編集部の所在地は九州・福岡・・・orz。たしかにSuicaは利用しないですが、東京出張時に使えるからいいと思ったんですよね。

まとめ:モバイルSuicaをAndroidスマホにダウンロードして思ったこと

ダウンロードして思ったことは、まずは東京首都圏でSuicaを利用している人には使えるアプリだということです。頻繁に東京に行かれる方にも良いかもしれません。ですが・・・それ以外の方は、モバイルSuicaを利用するメリットがあまりないようです。

その理由は、なんと言っても利用料金として年間1,030円かかるからです。Apple PayのSuicaアプリケーションは無料にもかかわらず!です。そしてポイントクラブに関しても、基本的に利用できる範囲は関東甲信越・東北・中部までです。それ以外のエリアではポイントはたまりません。(2016年10月28日時点)

最近はスマホにQRコードを表示させて支払うQR決済サービスも注目を集めています。アプリならおサイフケータイ機能がないスマホでも使えるので、案外便利かもしれません。今度はQR決済アプリにチャレンジしてみたいと思います。

<関連記事>
Apple Payでなくても大丈夫!スマホアプリが使えるお店【7選】

関連タグ