「マイナポイント」とは?登録・予約方法や事業者情報まで徹底解説

消費税率引き上げに伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」の実施など、政府のキャッシュレス化推進の動きが進んでいます。キャッシュレス・消費者還元事業は2020年6月末にて終了となりますが、新たに2020年9月からキャッシュレス決済を対象にした「マイナポイント事業」が、総務省主導にて実施が予定されていることをご存じでしょうか。

現時点では、まだ情報が整理されておらず、内容がいまいちわからない方も多いと思います。
そこで今回は「マイナポイント」の詳細から、現時点でわかる利用方法などを紹介していきますので、参考にしてみてください。

※2020年6月17日、最新情報に更新しました

マイナポイントとは?

政府の新たな施策である「マイナポイント」とは、一体どういうものなのでしょうか。詳しく説明していきます。

マイナポイントとは?

「マイナポイント」とは、国が実施するマイナンバーカードを利用したポイント制度になります。マイナポイント事業は「マイナポイント」がを活用されることで、消費の活性化やマイナンバーカードの普及を促進したり、国家機関や民間企業のキャッシュレス決済基盤の構築を目指しています。
「マイナポイント」は、キャッシュレス決済を通じて付与されるポイントになりますので、国からの付与ではなく、キャッシュレス決済事業者から付与される仕組みです。
そのため利用者は、お好きなキャッシュレス決済サービスを選び、そのサービスにチャージもしくは支払いを行うと25%還元されるようになります。上限が5,000円相当の還元になりますので、2万円までの買い物やチャージであれば25%分還元されることになります。付与されたポイントは、普段の買い物で利用することができます。
実施の期間は、2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)までの予定です。

マイナポイント事業は、2020年6月30日(火)まで実施されるキャッシュレス・消費者還元事業とは異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

マイナポイント制度の流れ

画像引用:マイナポイント事業公式サイト

マイナポイント制度の流れを簡単に紹介します。
なお、利用方法や申請方法などの詳細についてはのちほどご説明します。

①お住まいの地方自治体で、マイナンバーカードの交付申請を行う
②約1か月後に交付窓口などで、マイナンバーカードを受け取る
③スマートフォンやお住まいの自治体などで、マイキーIDを設定
④対象のサービスから、お好きなキャッシュレス決済サービスを選ぶ
⑤選んだ決済サービスへのチャージや、決済サービスを利用して支払いを行う
⑥キャッシュレス決済事業側からのマイナポイントがもらえる

なお、マイナポイント事業によるポイント付与は、2020年9月から開始予定となっています。

マイナポイントはいつから?決まっていることって?

マイナポイントについて、詳細が決まるのはこれからになります。マイナポイントが付与される期間などは決まっていますが、付与されたマイナポイントがいつまで利用できるかは未定です。ポイントの有効期限やポイントの購入条件も検討中になりますので、詳細が判明次第、追記していきます。
また、マイナポイントは25%ポイント還元の予算が上限に達した場合には、予約が締め切られる場合もあることなので、できるだけ早めに準備しておくことをおすすめします。

・申込期間
2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)
・付与期間
2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)
・付与上限
1人あたり5,000円相当(20,000円分のチャージや購入金額)

マイナポイント参加予定のキャッシュレス決済事業者一覧(6/15発表)

2020年6月15日時点での「マイナポイント」の還元対象となる、キャッシュレス決済事業者の登録状況は以下表のとおりです。

キャッシュレスの種類 サービス名 決済業者名
電子マネー ほろかマネーサービス 東城町商工会
nanaco 株式会社セブン・カードサービス
Suica×JRE POINT 東日本旅客鉄道株式会社
ゆめか 株式会社ゆめカード
あまみゆたか
しんばしゆたか
コレEマネー
CoGCa(コジカ) エス・ビー・システムズ株式会社
くまモンのICカードポイント 肥銀カード株式会社
WAON イオンリテール株式会社
Bibica 株式会社大賀薬局
majica 株式会社UCS
manaca 名古屋鉄道株式会社
オレボポイント 株式会社大津屋
バンドルカード 株式会社カンム
楽天Edy 楽天Edy株式会社
Kyash 株式会社Kyash
UNICARDマイナプレミアム 株式会社野嵩商会
smile money 株式会社コムズ
nimocaポイント 株式会社ニモカ
PASMO(チャージ) パスモ
マナカ 株式会社名古屋交通開発機構
ペコママネー 株式会社セイコーマート
ICOCA(ICOCAポイント) 西日本旅客鉄道株式会社
Kitaca 北海道旅客鉄道株式会社
はまPayポイント 株式会社横浜銀行
ベニカマネー 紅屋商事株式会社
万惣カード 株式会社万惣
アルゾカード
エフカマネーチャージ 株式会社 フジ・カードサービス
ほぺたんカード×ほぺたんカード・プリペイド残高 生活協同組合コープみらい
マキヤプリカボーナス 株式会社マキヤ
ほぺたんカード×ほぺたんカード・プリペイド残高 いばらきコープ生活協同組合
ほぺたんカード×ほぺたんカード・プリペイド残高 とちぎコープ生活協同組合
ほぺたんカード×ほぺたんカード・プリペイド残高 生活協同組合コープぐんま
マルカ 株式会社丸久
Lu Vit電子マネー バローホールディングス
littaプレミアム 株式会社ペルソナ
マリカ 株式会社サンキュードラッグ
フィールさくらカード フィールホールディングス
駿河屋マイカード 駿河屋魚一
セイちゃん電子マネー 株式会社セイミヤ
nicopi 株式会社ジャックス
LaCuCa 株式会社ライフフィナンシャルサービス
おさいふHippo(ヒッポ) おさいふHippo(ヒッポ) 株式会社クリエイトエス・ディー
田子重電子マネー 株式会社田子重
HOPマネー 平和堂
えんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉EPiCA 静銀セゾンカード株式会社
masaca 株式会社サンリブ
エフカマネーチャージ 株式会社 フジ・カードサービス
mijica 株式会社ゆうちょ銀行
QRコード J−Coin Pay みずほ銀行
メルペイ 株式会社メルペイ
FamiPay 株式会社ファミマデジタルワン
LINE Pay LINE Pay 株式会社
au PAY KDDI株式会社
りそなウォレットサービス(前払・購入) りそな銀行
りそなウォレットサービス(前払・購入) 埼玉りそな銀行
りそなウォレットサービス(前払・購入) 株式会社関西みらい銀行
d払い NTTドコモ
PayPayチャージ特典 PayPay
PayPay決済特典
楽天ペイ(アプリ決済) 楽天ペイメント株式会社
ゆうちょPay 株式会社ゆうちょ銀行
たんばコイン たんば商業協同組合
アクアコイン 君津信用組合
d払い NTTドコモ
クレジットカード au PAY カード KDDIフィナンシャルサービス株式会社
楽天カード 楽天カード株式会社
三井住友カード Vポイント 三井住友カード株式会社
オリコカード オリコポイント 株式会社オリエントコーポレーション
東急カード 東急カード
三重銀カードワールドプレゼント 株式会社三重銀カード
横浜バンクカードワールドプレゼント 株式会社横浜銀行
京葉銀カードワールドプレゼント 株式会社京葉銀カード
東邦VISAカードワールドプレゼント 株式会社東邦クレジットサービス
いわぎんVISAカードワールドプレゼント 株式会社いわぎんクレジットサービス
りそなカードワールドプレゼント りそなカード株式会社
九州カードワールドプレゼント 九州カード
三井住友トラストカードワールドプレゼント 三井住友トラスト・カード株式会社
ごうぎんVISAカードワールドプレゼント 株式会社山陰合同銀行
〈荘銀〉ブライトワンワールドプレゼント 株式会社荘内銀行
スルガカードワールドプレゼント スルガカード株式会社
やまぎんカードワールドプレゼント 株式会社やまぎんカード
ワールドプレゼント 株式会社東京クレジットサービス
OnlyOneVISAカードワールドプレゼント 秋田銀行
九州しんきんカードワールドプレゼント 九州しんきんカード
ワールドプレゼント 筑波銀行
エポスカード(エポスポイント) 株式会社エポスカード
東邦Alwaysカードワールドプレゼント 株式会社東邦銀行
おきぎんVISAカード 沖縄銀行
たんぎんバンクカードVisaワールドプレゼント 株式会社但馬銀行
イオンカード×WAON 株式会社イオン銀行
エポスカード(ゴールド・プラチナカード) 株式会社エポスカード
dカード NTTドコモ
JP BANK カード 株式会社ゆうちょ銀行
デビットカード イオン銀行CASH+DEBITカード×WAON 株式会社イオン銀行
SMBCデビット Vポイント 三井住友カード株式会社
その他 Aoca 株式会社クスリのアオキ

 
▼よりお得にポイントを獲得したい方は、こちらの記事もご覧ください!

マイナポイント登録するならどれ?!サービス別キャンペーン比較

マイナポイント利用の流れ

マイナポイント制度や、マイナポイントの対象となるキャッシュレスサービスについてはご説明していきました。ここからは、一番気になるマイナポイントの利用方法についてご説明していきます。

マイナポイントを取得するにはマイナンバーカードが必須

「マイナポイント」を受け取るには、まずマイナンバーカードの交付申請が必要になります。すでにマイナンバーカードを持っている方は、3のマイナポイントの予約(マイキーID設定)が可能です。以下に申請や予約の方法を記載していますので、しっかりチェックしていきましょう。

1、マイナンバーカードの交付申請

マイナンバーカードの交付には、市区町村から送られてきている通知カードと交付申請書が必要です。通知カードと交付申請書がある場合は、スマートフォンやパソコン、郵便、街中の証明写真機でも申請することができます。パソコンで申込みをするには、マイナンバーカードに対応した、ICカードリーダライタが必要になります。
また、交付申請書を紛失してしまった場合は手書き用の交付申請書をダウンロードし、郵送で申請、もしくは市区町村の窓口で交付申請書の再発行をすることができます。
ポイントの申込み時期が近づいてくると、マイナンバーカードの交付申請が混み合って、発行するまでに通常よりも時間がかかる可能性があるので、早めに発行しておくことをオススメします。

2、マイナンバーカードの受け取り

マイナンバーカードの交付申請から約1ヶ月後に、市区町村から交付通知書が届きます。交付通知書に記載された交付場所に、交付通知書と通知カード、本人確認書類を提出すると、マイナンバーカードを受け取ることができます。
交付の際に4桁の暗証番号を設定します。暗証番号はマイキーIDの取得の際に必要になりますので、忘れずに保存しておくようにしましょう。

3、マイナポイント予約の方法(マイキーIDの設定)

マイナンバーカードを取得すると、マイナポイントを予約するためのマイキーIDの設定を行います。マイキーIDとは、マイナポイントの付与で本人認証を行う際に必要なIDになります。
マイナポイントを予約するには、スマートフォンもしくはパソコンなどの必要な環境があれば自宅で行うことができ、住んでいる地域の自治体でもマイナポイントを予約できるコーナーを設けている場合がありますので、下記で確認してみてください。
>>マイナポイントを予約することができるスポットを検索

スマートフォンやパソコンで行う、マイナポイントの予約方法を紹介します。

①設定に必要な環境を準備する
スマートフォンやパソコンに専用のアプリやソフトをダウンロードします。

・スマートフォンの場合→「マイナポイント」アプリをインストール
・パソコンの場合→「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストール

②マイナンバーカードの読み取り
スマートフォンやICカードリーダライタでマイナンバーカードを読み取ります。

・スマートフォンの場合→「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」を選択し、マイナンバーカードをスマートフォンのカメラで読み取る
・パソコンの場合→「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」を選択し、ICカードに記録された情報を読み込む「ICカードリーダライタ」でマイナンバーカードを読み込む

③暗証番号の入力
マイナンバーの読み取り後、マイナンバーカードの受け取り時に設定した4桁の暗証番号を入力します。

④マイナポイントの予約完了
暗証番号が正しく設定されると、マイナポイントの予約が完了します。予約が完了するとマイキーIDが自動で設定され、2020年7月以降にマイナポイントの付与される決済サービスを選択できるようになります。

マイナポイントをもらう方法

マイナンバーカード・マイキーIDを取得したのち、マイナポイントをもらうためには、一体どんな作業が必要でしょうか。ここでは、マイナポイント予約方法などをご説明します。なお、2020年6月時点の情報ですのでその点にはご注意ください。

1、決済サービスを選びマイナポイントを申込み(2020年7月〜)

まずは「マイナポイント」申込みページで、普段利用している決済サービスを1つ選びます。次に選択した決済サービスのカード番号を入力し、最後にマイナンバーカードを読取り、4桁の暗証番号を入力すると申込みが完了します。

2、ICカードへのチャージなどによるマイナポイントの付与(2020年9月〜)

2020年9月から、申込みをした決済サービスにチャージをしたり、支払い時に利用することでマイナポイントを受け取ることができます。ただしポイントの付与方法や対象とする最低利用額、付与されるタイミングなどは、決済事業者が決済サービスごとに決定する予定です。

3、買い物に利用(2020年9月〜)

もらったマイナポイントを、普段の買い物や食事にも利用することができます。

買い物をする際に、マイナンバーカードは使用しないので、常に持ち歩いておかないとポイントを貰えないということはありません。国が買い物履歴を把握することができないので、安心して買い物をすることができます。

「マイナポイント」の予約者数が予算の上限に達した場合「マイナポイント」の予約を締め切る可能性があるので、申請は早めにしておきましょう。

まとめ

今回は、政府が2020年9月より実施を目指している「マイナポイント」について詳しく解説しました。
25%分のポイント還元になりますので、非常にお得なサービスです。マイナンバーカードの交付申請は、早くても1ヶ月程度の時間がかかりますので、余裕のあるときに申請しておくことをオススメします。
今後、政府が「マイナポイント」普及のため、どういった動きをしていくのかも気になるところです。ピピッとチョイスでは今後も「マイナポイント」について最新情報を発信してまいります。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス