NihaoPay(ニーハオペイ)1つ導入するだけで、中国人観光客利用の決済9割以上をカバー!ECもリアル店舗も

現在中国では、現金を持たないでキャッシュレスで生活している人たちがほとんどです。そんな中国人観光客が日本に来てお買い物をするときも、当然現金を使う習慣がありません。もし万が一、現金を使う中国人観光客のお客様がいらした場合は、時間がかかったり、コミュニケーションが取れないなど、お会計時にトラブルになる可能性もあります。なので、中国人観光客が来るお店は中国人観光客に合わせた決済方法を取り入れる必要性があります。こういったインバウンド対策で活躍するのが今回取り上げるNihaoPay(ニーハオペイ)です。いったいどんなサービスなのか、まとめてみました。

\無料相談窓口もあります/
コンシェルジュに相談する

お電話でのご相談はこちら
03-5877-3993
(受付時間 平日9:00~19:00)

QRコード決済サービス比較!導入を考えている店舗必見! 詳しくはこちら

まずは中国でキャッシュレスが主流な理由について

まずは、背景を見て行きたいと思います。そもそも中国では、偽札の横行が以前大きな社会問題となりました。精巧に造られた偽札は、本物と見分けることが難しく、銀行のATMからも偽札が出てくるほどだといいます。そこで中国ではキャッシュレスが推進され、クレジットカードやQRコード決済サービスを利用するようになりました。

飲食、タクシー、公共交通機関に、市場や屋台まで

現在の中国ではQRコードでの決済が盛んです。例えばレストランなどの飲食店では、レジにあるQRコードをスキャンするだけで決済が完了します。タクシーに乗るときも、清算の時にQRコードで支払う旨を運転手さんに伝えれば、QRコードを提示してくれるのでそれをスキャンすればOKです。
公共交通機関でも、駅の自動チャージ機で決済が可能となっています。シェアリングサイクルの「MoBike(モバイク)」の支払いもQRコードでカンタンに決済できます。公共料金、例えば家のインターネットやガスなどもQRコード決済アプリから支払えます。

中国で主に使われる決済方法

中国で主に使われるキャッシュレス決済方法は3つあります。1つ目は「中国銀聯(Union Pay/ユニオンペイ)」が発行しているデビット・クレジットカードの「銀聯(ぎんれん)カード」です。お財布にお金がなくても、「銀聯カード」は必ず入っているというほど、中国での普及率は高いです。カード発行枚数はなんと63億枚以上にものぼります。VISAやMaster Card、JCB、American Express、Diners Club、DISCOVERと並んで、7大国際ブランドと呼ばれることもあるほどです。

2つ目はアリババグループが提供するQRコード決済サービス「支付宝(Alipay/アリペイ)」です。中国最大のオンラインショッピングモールであるアリババの決済方法として始まりました。今では中国国内で最大手と呼べるほどのQRコード決済にまで成長しました。ユーザー数は5.2億人以上と、ものすごい規模で普及していることがうかがえます。

3つ目はテンセントが提供するQRコード決済サービス「微信支付(WeChat Payment/ウィーチャットペイメント)」です。もともと「微信(WeChat)」という、日本でいえば「LINE」にあたるインスタントメッセンジャーアプリの決済方法として誕生したサービスで、「支付宝」に追いつかんばかりに急成長しているサービスです。ユーザー数は10億人以上と驚くべき数字となっています。

これら3大決済を合わせると、市場シェアは97%にも膨れ上がり、いかに中国がキャッシュレス大国であるかがわかります。

NihaoPay(ニーハオペイ)でできること

そんな中登場したNihaoPay(以下、ニーハオペイ)は、これらの中国で使われる3大決済に対応したサービスです。Aurfyという企業が提供している、グローバルなサービスです。

1つ導入するだけで3大決済をすべてカバー

「銀聯カード」と「支付宝」、そして「微信支付」はそれぞれ別々のサービスですので、ひとつひとつに対応する必要がありました。しかし、ニーハオペイという決済代行サービスを導入することで、これら3つの決済サービスを一気に集約することができます。中国人観光客が来店した時も、このニーハオペイがあればほぼすべてのお客様にスムーズに対応ができることでしょう。

リアル店舗だけでなく、ECサイトへの導入も可能

3つの決済サービスをカバーできるニーハオペイですが、ECサイトへの導入も可能です。実店舗の場合は「支付宝」と「微信支付」に対応しているのですが、ECサイトの場合は、これに「銀聯カード」も加わるので、ECサイトの方がニーハオペイの本領が発揮できるといえるのではないでしょうか。

\無料相談窓口もあります/
コンシェルジュに相談する

Nihaopay(ニーハオペイ)でのQRコード決済利用方法

ニーハオペイで決済する方法をまとめてみました。

店舗でのニーハオペイ決済利用方法

実店舗での決済では「支付宝」と「微信支付」に対応しています。決済の方法は2種類あります。1つ目は、QRコードを店舗側が読み取る方法です。まず中国人観光客がQRコードをスマートフォンに表示させます。それを店舗側が専用の端末か、もしくはタブレットで読み取ります。これだけで決済は完了します。2つ目は、店舗側がQRコードを提示しておく方法です。事前に店頭にQRコードを設置しておいて、中国人観光客はこれを手持ちのスマートフォンで読み取ることで決済が完了します。

ECサイトでのニーハオペイ決済利用方法

ECサイトで決済をする場合は「銀聯カード」「支付宝」「微信支付」に対応しています。
まず商品をカートに入れて決済画面に進みます。すると、支払い方法選択の画面に進みますので、「銀聯カード」か「支付宝」「微信支付」のいずれかを選びます。「銀聯カード」を選択した場合、カード情報と登録時の携帯番号を入力します。あとはセキュリティコードを入力すれば決済完了となります。「支付宝」「微信支付」を支払い方法選択画面で選んだ場合は、表示されるQRコードをスキャンします。そして暗証番号を入力すれば決済は完了です。

まとめ

日本にやってくる中国人観光客はほぼすべての人たちといっていいほど、「支付宝」や「微信支付」でお買い物をします。「銀聯カード」の保有率も非常に高いです。実店舗においては、対応していたとしても「支付宝」か「微信支付」のどちらか一方に対応しているといったお店もあります。ですが、ニーハオペイの登場で実店舗では「支付宝」「微信支付」両方に対応でき、ECサイトでは「銀聯カード」も扱えるようになりました。ニーハオペイを導入することで中国3大決済がまとめられるというのは非常に魅力的だと思いますので、インバウンド対策に興味がある方は、導入検討をしてみることをおすすめします。

【ピピッとチョイス相談窓口】

キャッシュレス決済導入の無料相談
今すぐ相談してみる

お電話でのご相談はこちら
03-5877-3993
(受付時間 平日9:00~19:00)

こちらもチェック

人気が出ているQRコード決済。知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事で紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

QRコード決済サービス比較!導入を考えている店舗必見! 詳しくはこちら