モバイル決済にも対応した多機能端末「NIPPON Tablet(ニッポンタブレット)」とは?

皆さんのお店ではスタンプカードやクーポンを発行していますか?新規顧客やリピーターを獲得するために取り入れやすい施策ですが、カードを探すお客様のためにレジが混雑してしまうこともあって、紙だとちょっと不便ですよね。

また年々増加傾向にある外国人観光客。経済の活性化に一役買ってもらえる点ではありがたいものの、そこに立ちはだかる言語の壁は非常に悩ましいものです。そういった皆さんが抱える「困った」を解消するために、店舗向け支援タブレット型端末が誕生しました。その名も「NIPPON Tablet」!

NIPPON Tablet(ニッポンタブレット)とは

カード決済や防犯、外国語対応など、お店に必要な設備や対策はいろいろあります。それらのお悩みをタブレット1台でサポートしてくれるという「NIPPON Tablet」には、どのような機能があるのでしょうか?

様々な決済手段に対応

日本では偽造が難しい通貨が使われているため、現金に対する信頼が厚いことから現金払いがスタンダードです。しかし、アメリカなどではコーヒー1杯でもクレジットカードを使うほど、カード払いが普及しています。また中国では「Alipay(アリペイ)」や「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」といったスマホアプリによる決済方法が広まっているため、現金を持ち歩く習慣もなくなっているのです。

訪日外国人にとって異国の通貨は単位がわかりにくく、紙幣や硬貨の種類を瞬時に判別するのは難しいことです。どのお札を出したらいいのか悩むくらいなら、クレジットカードで支払える方が早くて便利です。また外国人観光客の4分の1を占める中国人向けの決済手段を日本でも使えるようにすれば、中国人観光客が自国と同じ感覚で買い物をするようになるため、店舗の売上UPが期待できます。

これらの決済手段にまとめて対応できるのが「NIPPON Tablet」です。現在は中国人向けのQR決済しか使えませんが、今後はクレジットカード決済にも対応が予定されています。また日本人向けのモバイル決済機能の準備も進められているとのことです。

日本人向けのQRコード決済への対応開始!

【2018年10月1日追記】2018年7月~8月にかけて「NIPPON Tablet」の機能が次々と拡張され、日本人向けのQRコード決済4種もまとめて導入できるようになりました。中国人向けの「Alipay(アリペイ)」と「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」も含めて6種類のQRコード決済に1契約で対応できるのは「NIPPON Tablet」だけではないでしょうか。追加されたQRコード決済は以下の4つです。

PAY ID

ネットショップを無料で作れる「BASE」に登録していれば、すぐに導入できる「Pay ID」。お客様向けのアプリにはクレジットカードが紐づけられ、店頭での支払だけでなく個人間送金の機能も搭載しています。お店では商品や店舗のQRコードを作成し、お客様に読み取ってもらうと登録のクレジットカードから決済が行われます。

<関連記事>
QRコードを掲示するだけでクレジット決済が使えるPay ID(ペイ・アイディー)

d払い

ドコモのdアカウントを作れば誰でも使える「d払い」は、ローソンなどで既に導入されているQRコード決済です。「d払い」アプリに登録したクレジットカードから支払ができ、dポイントを貯めたり支払に使うことも可能です。ドコモユーザーは携帯電話料金に合算する方法も選択できます。お店はお客様のアプリに表示されたQRコードを読み取って処理をします。

<関連記事>
ネットでもお店でも!アプリで簡単に決済できる「d払い」の魅力とは

pring

銀行口座を紐づけて使う「pring」は0.95%と格安な決済手数料で、リリース時に世間を驚かせたQRコード決済です。個人間送金の機能もあり、アプリにチャージした残高から支払います。みずほ銀行や三井住友銀行といったメガバンクだけでなく、近畿大阪銀行や福岡銀行といった地方銀行の口座も登録可能で、チャージ残高を口座に戻す際に手数料がかからない点に独自性があります。

<関連記事>
正式版がリリースされた送金アプリ「pring」。QR決済の手数料は0.95%ってホント?

Amazon Pay

「Amazon Pay」はAmazonアカウントを持っていれば使えるQRコード決済です。現在は「NIPPON Tablet」と提携し、既存のNIPPON Pay加盟店を中心に規模の拡大を図っています。新たに「Amazon Pay」を店舗に導入するには「NIPPON Tablet」への申し込みが必須になっています。

<関連記事>
「Amazon Pay」が実店舗のQRコード決済に対応!現状から見えてくる導入メリット

決済手数料無料のキャンペーンも実施中!

2018年7月~8月にかけて「NIPPON Tablet」の機能が次々と拡張され、「PAY ID」「d払い」「pring」「Amazon Pay」もまとめて導入できるようになりました。2018年10月1日現在、現在『アマゾンペイ店舗向けサービス開始キャンペーン』が実施されています。

2018年12月末までに「Amazon Pay」と「NIPPON Tablet」の無料レンタルを同時に申込むと、通常3.5%の「Amazon Pay」の決済手数料が2020年末まで0%になります。なお、キャンペーン期間終了後の決済手数料については、2020 年末に再提案の上、継続するかどうかの判断は加盟店に委ねるとしています。

決済サービス 無料相談はこちら

タブレットは無料でレンタル!

これだけの機能が使えるタブレットとなると、導入には高額の初期費用がかかりそうだとお思い方もいらっしゃるかもしれません。でもご安心ください。「NIPPON Tablet」は、レンタル料金が無料なのです!今まで導入に多額の費用がかかっていたタブレット端末を無料レンタルにすることで、遅々として進まない日本のキャッシュレス化を促進し、日本経済を活性化させる狙いがあるとしています。

まとめ

店舗を運営する皆さんにとって、さらなる増加が見込まれる訪日外国人への接客については悩ましい問題だと思います。またクレジットカードなどの決済手段についても、導入費用や決済手数料が気になって、なかなか踏み切れずにいる方も多いと思います。

通信技術の進歩やスマホやタブレットの普及により、コストを抑えて導入でき、なおかつ機械の操作も簡単なものが増えています。2020年に向けて、そろそろあなたのお店でも導入を検討してみませんか?

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら

関連タグ