非接触決済や非対面決済で感染防止へ!店舗向け導入サービス4選

新型コロナウイルスの影響によって、感染防止のための現金やクレジットカードの受け渡しを避けたいと考えている方も増えてきています。こうした状況を踏まえ、現金やクレジットカードのやり取りが不要となる「非接触決済」や、店舗に訪れることなく決済ができる非対面決済に対応しようと検討している店舗も多いのではないでしょうか。
今回は、非対面決済・非接触決済の必要性や、導入を検討している方におすすめのサービスなどを今回は4つ紹介していきますので、是非参考にしてみてくさださい。

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

新型コロナウイルスの感染拡大で、現金決済は敬遠傾向に

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い厚生労働省が公表した「新しい生活様式」ではキャッシュレス決済の利用を推進しています。
多くの人が触れている、誰が触れているかわからない現金にはウイルスの感染リスクがあると考えられるため、店舗でも現金の受け渡しの際に、トレーやカルトンを使っているところを見かけたことがあるのではないでしょうか。
このように、従業員・お客様の安心と安全を守るため、現金による決済は敬遠される傾向となりつつあります。2019年より実施された「キャッシュレス・消費者還元事業」により、キャッシュレス決済を利用する人は増加傾向となりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、ますますキャッシュレス決済利用のニーズは高まってきています。

ウイルス感染防止には、非対面決済・非接触決済が有効

新型コロナウイルスの感染拡大防止や、アフターコロナでも、非対面決済や非接触決済が有効であると考えられます。
新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえると、対面せずに決済が行えるネットショッピングやフードデリバリーは、今こそ取り入れておきたい決済方式です。業種として非対面決済が難しいという場合でも、現金やクレジットカードなどの受け渡しをせずに決済できる、非接触決済を取り入れることでも感染拡大防止の一助となることでしょう。

営業しなければ売上を確保できない、けれども感染リスクが恐ろしい…そんなジレンマを店舗経営者のみなさんが抱えているかと思います。そうした状況を解消できるのが、こうした非対面・非接触決済です。また、こうした非対面・非接触決済は、店舗側・お客様側双方に、レジの待ち時間解消といったメリットがありますので、アフターコロナにおいても有効となる決済方式であると考えられます。

今回は、店舗向けに非対面決済が導入できるサービスを2種類、非接触決済が導入できるサービスを2種類、計4種類のご紹介していきます。

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

非対面決済とは

ここで改めて非対面決済とはどういうものなのかを、詳しく解説していきます。

「非対面決済」とは、その名の通りお客様と従業員が対面することなく決済を行うことができ、Webサイトやアプリ、電話、FAXなどを利用しキャッシュレス決済で支払う方法を言います。テレビやインターネットなどのメディアを利用した通信販売も非対面決済にあたります。
非対面決済ではクレジットカードの決済が一般的で、対面決済で行われる署名や暗証番号による本人確認の作業は省略され、カードの有効期限やセキュリティコードなどでクレジットカードの有効性を確認し決済が完了します。

実店舗が非対面決済を導入するには?

実際に非対面決済を導入しているのは、ECサイトやテレビショッピングなどのイメージがありますが、店舗でも簡単に非対面決済を導入する方法があります。どのような方法があるのでしょうか。

メールリンク型決済サービスで対応する

お客様にメールで決済用のリンクを送り、そのリンクから決済を完了することができる、メールリンク型での決済であれば、お客様が店舗に訪れることなく決済行うことができます。

STORESターミナルの「STORES請求書決済」


コイニー株式会社が提供しているマルチ決済サービス「STORESターミナル」では、オンライン決済を行うことができる「STORES請求書決済」というサービスを利用することができます。利用することで店舗は請求書の作成や、入金の確認などの作業の手間を省くことができます。
決済方法としては以下の3ステップになります。

ステップ 詳細
①店舗:請求書ページを作成 Webの管理画面から件名や金額を入力し、請求書の作成をします
②店舗:お客様にURLを送信 請求書を送信すると、お客様のメールアドレスに決済用のWebページのURLが届きます
③お客様:URLからクレジットカード決済を行う お客様は届いたメールから決済用のWebページを開き、クレジットカードで支払いを行います

店舗は決済用のWebページを送信するだけですし、お客様はいつでも場所を選ぶことなく決済を行うことが可能、そしてWebブラウザを利用するのでアプリをダウンロードする必要がなく非常に簡単に非対面決済を行うことができます。
対応している言語は、日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、タイ語と豊富になりますのでインバウンド対策にもなります。

※注意点として、決済可能なクレジットカードブランドはVisaとMastercardのみになります。

STORESターミナル公式サイト

【STORESターミナルの申込方法】
①アカウントの登録
登録ページから、必要情報を入力し[申し込みをはじめる]をタップ

②事業情報登録
事業情報の入力を行う
事業形態や業種によって、提出が必要な書類が異なる

③申し込み完了
申し込み完了画面が表示され、登録したメールアドレス宛に「申し込み完了のお知らせ」が送信

▼STORES請求書決済の魅力を紹介
ホームページがなくてもオンライン決済ページが作れる!STORES請求書決済の魅力

PayPayはオンライン決済に対応


引用:PayPay公式ホームページ

QRコード決済サービスとして有名な「PayPay(ペイペイ)」でも、オンライン決済を行うことができます。店舗だけでなくECサイトやネットショッピングの取り扱いがある方におすすめです。お客様の決済方法も以下の3ステップ(アプリ利用時)になりますので非常に簡単です。

  • ①加盟店のページでPayPay決済を選択
  • ②PayPayのアプリが起動し支払いを行う
  • ③支払い完了画面がでたら決済完了

【PayPayオンラインの申込方法】
PayPayオンラインに申込を行うには、まずPayPayの加盟店になる必要がありますので、PayPayお加盟店でない店舗は先に加盟店登録を行うようにしましょう。

PayPay導入お問い合わせはこちら

①PayPayの公式サイトから[申込み・お問い合わせはこちら]をタップ
②PayPayの提携パートナーから、エントリーシートの提出についての連絡
③提出したエントリーシートを元に、加盟審査が行われる
④審査完了後、PayPayオンラインの取り扱いが開始

注意点としては、PayPayオンラインを取り扱うには手数料等が発生します。料金の詳細は提携パートナーから案内があります。

▼PayPay加盟店登録に関する詳しい記事はこちら!
>>PayPay導入完全ガイド。メリット・デメリットも紹介

非接触決済とは

「非接触決済」とは、非接触ICであるNFC、FeliCa、RFIDなどの技術を利用し、店舗の決済端末と無線通信して決済を行う仕組みで、コンタクトレス決済とも呼ばれています。
日本ではソニーの「FeliCa(フェリカ)」が導入され、2021年に登場した「楽天Edy」や交通系電子マネーである「Suica」が先駆けとなり非接触決済が普及していきました。その後、流通系電子マネーの「WAON」や「nanaco」、NTTドコモが提供している電子決済サービス「iD」などの利用も増えています。
一般的な決済方法としては、カードや携帯電話を専用の端末にタッチし支払いが完了しますので非常に簡単でレジにかかる時間を大幅にカットすることが可能になります。

非接触決済を店舗が導入するには?

実際に店舗に非接触決済を導入するには、どのような方法があるのでしょうか。

クレジットカードのタッチ決済に対応する

店舗がクレジットカードのタッチ決済に対応することで、非接触決済が可能になります。
通常のクレジットカード決済の場合、お客様からクレジットカードを手渡してもらい、カードリーダーにカードを読み込ませることでで決済を行っていましたが、タッチ決済の場合は、クレジットカードを専用端末にかざすだけで決済が完了します。こうすることで、クレジットカードの受け渡し作業がなくなり、非接触での決済が実現します。
タッチ決済では非接触で決済を行えるだけでなく、少額決済であればサインや暗証番号の入力が必要ないため、スピーディーに支払いが完了します。

クレジットカードのタッチ決済を導入できるおすすめのサービスは、以下の2つになります。

タッチ決済対応サービス・Square(スクエア)


スマートフォンやタブレットにカードリーダーを差し込むことで、キャッシュレス決済に対応することができる「Square(スクエア)」。
Squareでは、カードリーダーである「Square Reader」を利用することで、クレジットカードのタッチ決済や「Suica」や「PASMO」などの交通系電子マネーやiD、QUICPay、Apple Payのタッチ決済にも対応することができます。

「Square Reader」は、タッチ決済だけでなく、ICチップや磁気テープ付きのクレジットカードにも対応することができ、持ち運びも可能になりますので屋外のイベントやデリバリーの際の決済にも利用することが可能です。

決済端末の購入のみで導入することができ、月額費用や入金手数料がかからず、決済手数料も最安水準の3.25%~になりますので継続して利用しやすいのがSquareの魅力のひとつです。

Square公式サイトはこちら

【Squareの導入方法】

ステップ 詳細
①無料アカウントを作成 メールアドレスや事業内容、入金先の口座情報などを登録
②カード決済の有効化 登録したアドレス宛に審査結果のお知らせが届く。最短で申し込み当日からカード決済が可能
③電子マネー決済の有効化 審査通過後、導入したい電子マネーのブランドを選択肢Squareのデータから有効化
④決済端末の設定 Squareのアプリをダウンロードし、Square Readerを接続

 

▼Squareのメリットや決済手数料はこちら!
Square(スクエア)とは?決済手数料や導入方法、メリット・クチコミまで解説!

タッチ決済対応サービス・Airペイ


株式会社リクルートライフスタイルが提供している「Airペイ(エアペイ)」では、2020年の秋からVisa・Mastercard・JCB・American Expressのクレジットカードブランドのタッチ決済に対応することを発表しています。
クレジットカードや電子マネーだけでなく、「AirペイQR」の同時申込みと、申込後案内される「Airペイポイント」を利用することでQRコード・共通ポイントの全35種類の決済サービスに対応するとができます。
店舗で用意したiPadもしくはiPhoneと専用のカードリーダー1台があれば利用することができ、2020年3月時点で加盟店舗数が14.9万を超えていますので、多くの店舗で利用されていることがわかります。

【Airペイ導入方法】

ステップ 詳細
①申し込み 店舗の情報や口座情報などの入力と審査書類のアップロードを行う
②審査 通常3日程度で審査完了、登録したメールアドレスに結果が送信
③配送 審査完了後、登録した店舗にカードリーダーや操作マニュアル、加盟店ステッカーの配送
④初期設定 用意したiPhoneもしくはiPadにAirペイのアプリをダウンロード
マニュアルを参考に各種設定を行う
⑤利用開始 利用開始のメールが届くと決済機能が利用可能

Airペイ公式サイトはこちら

▼Airペイのタッチ決済について詳しくはこちら
Airペイ(エアペイ)がタッチ決済に2020年秋より対応開始!

QRコード決済であれば非接触決済が低コストで実現

タッチ決済に対応するとなると、専用の決済端末が必要になり、導入の際にコストがかかってしまう場合があります。
そのような導入費用などのコストを抑えたい店舗におすすめな非接触決済は「QRコード決済サービス」の導入になります。QRコード決済サービスを導入することで、お客様がスマートフォンのアプリで提示したQRコードを読み取るか、店舗にQRコードを設置しお客様のスマートフォンで読み取ることで決済を行うことができます。

QRコード決済サービスは比較的導入費用がかかるものが少なく、かかるコストとしては決済が行われた分の決済手数料、場合によっては入金手数料などになりますので、低コストで利用することができます。

▼QRコード決済の主要6サービスを徹底的に比較してみた!手数料から導入メリットまで

QRコード決済の主要6サービスを徹底的に比較してみた!手数料から導入メリットまで

まとめ

今回は、非対面決済・非接触決済についてと、店舗向けに導入することができるおすすめのサービスを紹介していきました。
アフターコロナでも、必要になってくると考えられる非対面決済や非接触決済。お客様や従業員そして家族への感染リスクをさげるためにも、非対面決済や非接触決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス