QRコードを使って非対面決済はできるのか?【コンシェルジュコラム】

ピピッとチョイス、コンシェルジュ担当の北浦です。
当サイトでは決済サービスの選定の助力をさせて頂く相談窓口を設けておりますが、その中でもとくにお問い合わせの多い内容について、順次解説していきたいと思います。また、過去の記事でも決済サービスについて解説、ご案内しておりますのでこの他の疑問点については是非他の記事も読んでみて下さいね。

読んだけれどよく分からない、結局何がいいのかが分からず直接相談したい、などがありましたらお気兼ね無く当サイト“コンシェルジュ相談窓口”までお問い合わせください。メールやお電話にて対応させていただきます。

QRコード決済でオンライン決済をしたい

さて、最近増えているお問い合わせの内容に「QRコードを使ってオンライン決済をしたい」というものがあります。
Web画面上にQRコードを配置して、ユーザーに読みとってもらいたい。
会報等にQRコードを印字しておき、そこから会費を支払ってもらいたい。
こういった声が非常に増えていますが、可能なのでしょうか。
QRコード決済でできることを、再度確認していきたいと思います。

QRコードでできる2つの決済方法

まず、LINEPay、楽天ペイに備わっている「オンライン決済」については、QRコード決済とは別物になります。
あくまでここではQRコード決済について解説していきます。
ではQRコード決済で可能となるのはどういった決済方法になるのでしょうか。
これは、基本的には「対面決済」となります。
文字通り、お店側とユーザー側が顔を合わせた【対面】の状況で決済を切るものです。
その方法は2とおりあります。

店舗スキャン方式

ユーザー側が提示したQRコードを加盟店側の端末で読み取ります。
この方法では必ず、加盟店側でQRコードを読みとれるような端末が必要となりますが
対応のタブレットがあれば新しく専用の機械を購入する必要などはありません。
店舗用のアプリを起動して金額を入力し、ユーザーの提示するQRコードを読み取れば決済完了です。

ユーザースキャン方式

次にユーザースキャン方式ですが、これは加盟店側が提示するQRコードをユーザー側の端末で読みとる方法です。
加盟店側は、店舗用の端末にQRコードを表示する。もしくは、紙などに印刷したQRコードを用意しておく必要があります。
流れとしては二通りあり、
・店舗にて金額を設定したQRコードを生成、これをお客様が端末を使って読みとることで決済が完了。
・生成されているQRコードをお客様が読みとり、お客様の端末で金額を打ち込んで決済が完了。
となります。

結局、QRコード決済では非対面決済はできるのか

お問い合わせに多くある内容は、Web上に決済用のQRコードを表示させたい、会報などに印字したい、といったものですが、
これらはユーザースキャン方式で紹介した「生成されているQRコードをお客様が読みとって決済する」流れのものになります。
理論上で言えばこの方法を使うと対面せずとも決済が出来るように感じますが、結論としては「推奨できない」です。

現時点で、サービスの提供元から禁止をされているわけではありませんが、
Web上や配布物にQRコードを印字して、店舗側の目が届かないところでユーザーに委ねるというのはいくつかのリスクが考えられます。

QRコードのすり替え事件

実際に過去、QRコード決済による不正利用が起きた事があります。
これは2017年の中国での出来ごとですが、QRコードのすり替え。という事件がありました。
店先の印字式のQRコードをすり替え、犯人の口座に送金されていたというのです。
目の届く店先のQRコードでさえすり替えられてしまうので、会報など手元を離れたプリントQRは安全とは言い難いですね。
決済状況は店舗のアプリで確認することができますが、常にチェックをし続けておくのは難しいため発見が遅れてしまうようです。

ではWeb上にQRコードを表示する方法はどうでしょうか。
こちらはページごとすり替えられる危険性があると言えます。
近年、Webサイトの改ざん犯罪なども多発しており、ページの一部が改ざんされ詐欺サイトへ誘導される、などのケースも報告されていますね。
自身のサイトをどこかで改ざんされ、実は全く違う送金先に振り込まれる、そんなページに誘導される可能性もあります。
QRコードは非常に複雑に作られているため、すぐに、これは別物だ。と気付くことも難しいのです。
Web上に決済用のQRを載せるということの危険性を感じていただけるでしょうか。

QRコード決済による「非対面決済」の可能性

QRコード決済は非対面決済には全く使えないのでしょうか。
先ほど、基本的には「対面決済」で、とお伝えしましたが、中国ではQRコード決済を利用した非対面決済が始まっています。
閉架式とよばれる方法と、開架式と呼ばれる方法の大きくわけて二種類が活用されているようです。
どのようなものがあるのか、簡単にご紹介しますね。

開架式の無人売店

開架式の無人売店、と言われるとピンとこないかも知れませんが、日本のオフィスなどでも見かける事があるかと思います。
棚に商品が陳列されており、そばに設置されている専用の小銭入れ等に指定の金額を投入する。といった方法で販売されていたりしますね。
これを、小銭を入れる代わりにQRコードによって支払います。

棚は鍵などかかっていないので、誰でも商品を手に取ることができ購入しやすい半面、入金はユーザー任せになってしまう部分が大きいのが難点です。
従来のように小銭を貯金箱へ入れる。というやり方と違う点は、入金状況が加盟店側のアプリで確認できるようになること。
商品ごとにQRコードを発行しておけば何がどれだけ売れたのか、などの管理がリアルタイムで可能になるので、補充などの目安ができます。
また、貯金箱が一杯になり小銭が入らない。ということが防げることや貯金箱の持ち去り、中身の抜き取りなどの防止になりますね。
ユーザー側にとっても、小銭がない状況でもスマホだけで購入できるのが嬉しいポイントではないでしょうか。

閉架式の販売ボックス

閉架式というのは、商品の陳列棚に鍵がかかっているタイプのものです。
その為、誰でも開けるということができません。
QRコードを読み込ませることで個人認証を行い、そこでようやく鍵を開けられ、商品を手に取れるようになるという仕組みです。
セキュリティ対策をしっかり行いつつ無人販売が可能となりますが、導入コストがかかる点がネックと言えるようです。

まとめ

如何でしたでしょうか。QRコード決済を使って非対面決済ができるかどうか。その場合にどのようなリスクが考えられるのか。感じとって頂ければ幸いです。

日本ではまだまだ普及率の低いQRコード決済ではありますが、利用環境が整っていくことで、これから広がりを見せてくれることが期待できそうですよね。
QRコード決済について、導入をお考えの方、お悩みの方、当サイトでは直接コンシェルジュが御相談に乗ることが可能です。是非相談窓口もご活用ください。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。