OrigamiがQR決済を無料開放。決済機能をパートナーでも搭載可能な「提携Pay™」を開始

2018年9月20日、株式会社Origamiはパートナー企業に向けて、金融サービスプラットフォームを解放していくことを発表しました。AmazonPayやPayPayのニュースが続く中、Origamiは総額66.6億円の資金調達を実施。さらに大型リリースを続々と出し、キャッシュレス業界に存在感を示す形となりました。

Origamiが提供する提携Pay™️とは

Origamiはこの度、決済機能をパートナー企業のサービスに搭載可能な「提携Pay™️」(以下 提携Pay)を発表しました。決済プラットフォームを提携Payと名づけ、このSDK(ソフトウェア開発キット)を無料で開放します。提携Payは、いわばOrigamiの加盟店決済をオープン化したもの。提携Payを使う事で、パートナーが自社のアプリにスマホ決済を簡単に導入できるようになる、というものです。

提携Payを活用すれば、

  • 新しい『○○Pay』が登場する
  • QR決済を搭載した新しいサービスが作れる
  • そして決済の仕組みは提携Payなので、ユーザーにとっては共通で使える加盟店が増える

といったメリットがあります。

「Airペイ QR」とのサービス連携も

今回の提携Pay開始に合わせて、リクルートライフスタイルが提供する「Airペイ QR」とのサービス連携も発表しました。Airペイ QRを入れている店舗であれば、Origami Payも利用可能になります。これにより、加盟店をOrigamiとAirペイQRでシェアできるので、ユーザーが使える店舗が一気に増えることになり、加盟店側の導入ハードルも下がることになります。

こちらの記事もおすすめです。

>無料で導入できる「OrigamiPay(オリガミペイ)」でできること