決済サービス乱立、今更聞けない初歩的な疑問【コンシェルジュコラム】

「○○ペイ」という名称の決済サービスが続々と登場している中で、なにがどういったサービスなのかわからなくなってしまった。といったお声が届くようになりました。
もう一度、各決済サービスについて、整理しつつ確認していきたいと思います。

決済サービスの種類

まずはこちらの図をご覧頂ければと思います。

「○○ペイ」とつくサービスの中でも、「決済端末の名称としての○○ペイ」と、「決済事業者としての○○ペイ」があります。図では、

  • TimesPay(タイムズペイ)やAirペイ(エアペイ)など…決済端末の名称
  • PayPay(ペイペイ)やLINEPay(ラインペイ)…決済事業者

となります。
この中で、どの「決済端末」を導入するかによって、利用できる「決済方法」が異なってきます。図では主なキャッシュレス決済のサービスとして、クレジットカード決済・QRコード決済・電子マネー決済を取り上げてみました。今回は、こちらを元に、それぞれのサービスについて再確認していきます。

クレジットカード決済について

まずはクレジットカード決済から簡単に再確認しましょう。クレジットカードにはいくつかの「国際ブランド」が存在しています。VISAやMaster、JCBなどといった具合です。ユーザーの中には、クレジットカードが使えるお店ではどんなカードを利用しても大丈夫。と思っている方もいらっしゃいますが、実際は、持っているカードの国際ブランドと、お店側が契約している国際ブランドが一致している必要があります。

例えばお店側がJCBの加盟店になっていない場合、JCBのカードを利用したいお客様にとって、決済をすることができないお店となってしまいます。ユーザーがクレジットカード決済の利用できるお店を探す時、利用できる国際ブランドが手持ちのカードと一致しているかも確認しています。利用したいサービスに加盟していない店舗からは足が遠ざかってしまいがちです。店舗側はできるだけ多くの決済ブランドに対応させて、ユーザーに決済方法を選べる環境を整えることが重要です。

最近ではクレジットカードの決済代行事業者を通した包括契約も行えるようになっており、店舗側は複数の国際ブランドに一括で契約を申込むことができるようになりました。VISA、Masterなどを個別に申し込むのは大変なので、決済代行事業者からの加盟が一般的となっています。

まとめると…

  • クレカの国際ブランドは複数存在(VISA、Masterなど)
  • お客様の持つ国際ブランドに店舗が加盟してないと、決済はできないので、基本的に複数に対応させることが大切
  • 決済代行事業者からの加盟であれば、複数の国際ブランドに一括で申し込むことが可能

といった具合になります。

QRコード決済について

ではQRコード決済はどうでしょうか。様々なQRコード決済のブランドが立ち並んでいる昨今ですが、とくにユーザー数の多いブランドとして、LINEPay、PayPayなどが挙げられます。最近ではauPAY(エーユーペイ)やメルペイが発表され、ますますQRコード決済のブランドは賑わいをみせてきました。

今後に向けてLINEPayとメルペイが相互利用できるように開発が進んでいたり、QRコードの規格統一を目指す、といった動きはありますが、現状ではそれぞれが別個のブランドで確立しています。クレジットカードなどのように包括契約できる端末も少なく、一ブランドずつ加盟店契約を結ぶといった形で導入している店舗が多い状況です。

しかし折角導入して「コード決済による支払いが可能なお店」となっても、ユーザーが利用したいコード決済ブランドに対応していなければやはりクレジットカードと同様に、「利用できないお店」となってしまいます。

電子マネー決済について

電子マネー決済も様々なブランドがあります。これも前述のクレジットカード・コード決済と同様に加盟店になっていないブランドの電子マネーは決済できません。マルチ決済端末の中でも、対応できる電子マネーブランドには差がありますので、交通系ICなのか、それともnanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)のようなサービスを導入したいのか。ポストペイ式と呼ばれる、後払いタイプの電子マネーを利用したいのかなど、お客様のニーズに合ったものが利用できる端末を選ぶことが重要です。
なお、移動販売といった、所定の住所以外で決済を切る業態ですと、電子マネーが利用できないサービスもありますので注意が必要になります。

複数ブランドの導入がお薦めの理由

クレジットカード・QRコード決済・電子マネーなど、各キャッシュレス決済において、それぞれいくつかのブランドが存在していることがわかりました。より多くのお客様にお店を利用して頂きたい。となった時、これらの決済方法において、それぞれ複数のブランドを揃えておく方が効果的にアプローチができると言えます。

例えばPayPayだけ加盟店になっても、LINEPayを利用したいユーザーは決済ができませんので、LINEPayユーザーにとっては決済が出来ないお店。となってしまうのでは機会損失に繋がりかねません。とくに、キャンペーンを積極的に行っている各種QRコード決済においては、ユーザーが「キャンペーン時に優先して利用したいブランド」などを臨機応変に使い分けているケースも多いのです。
複数のブランドを導入しておくことによって、ユーザー自身がその時その時で利用したい決済方法を選んで決済ができる、という環境を整えることができ、このお店では好きな決済方法で支払える。と思って頂けます。ユーザー自身で利用したい決済方法を選べる、という事が、キャッシュレス決済を利用したいユーザーにとって足を運びやすい環境と言えるでしょう。

○○ペイの乱立

では、QRコード決済を複数ブランド導入したい場合、「○○ペイ」とつく名称のサービスの全てに申込みをすればよいのでしょうか。冒頭でも触れましたが、これには「決済端末としての○○ペイ」なのか、「決済事業者としての○○ペイ」なのか、という違いがあります。

  • 決済端末としての○○ペイ
    たとえばTimespayやAirペイなどは、マルチ決済端末と呼ばれる「決済端末」の名称です。QRコード決済のブランドとは異なります。こういった、「ペイ」と名称の付く決済端末がいくつかあるので、導入できるサービス内容がどういったものなのか確認が必要です。
  • 決済事業者としての○○ペイ
    PayPay、LINEPayなどといったサービスブランドの名前で、クレジットカードにおけるVISA、Masterにあたります。どこか一つの加盟店になっても、現時点では他社ブランドの決済はできませんので、複数のブランドに加盟店申請をしていただくか、QRコード決済用のマルチ決済端末などを導入して頂くことがお薦めです。

マルチ決済端末

マルチ決済端末、というと、全てのキャッシュレスに対応しているかのように思えますが、現状は様々です。例えば、楽天ペイであれば「クレジットカード・楽天ペイQR・電子マネー」に対応しています。一方で、楽天ペイQR以外のコード決済、例えばLINEPayやPayPayなどは決済することができません。

代わりに、「StarPay(スターペイ)」といった、QRコード決済用のマルチ端末をご利用いただく事で、複数のQRコード決済を導入することが可能です。しかし、こちらはクレジットカードや電子マネーなどは利用できません。

また、それぞれの決済方法は全て異なるサービスですので、QRコード決済とクレジットカード決済は別物です。ユーザー側が、QRコード決済をするためのチャージ元としてクレジットカードを経由させる事は可能ですが、決済手段としてはクレジットカードとは別物になりますので気をつけて頂きたい点です。

お店が本当に必要としているキャッシュレスはどういったサービスなのか。それはターゲットとなる顧客層や、商品の単価によっても変わってきます。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み